Linuxの悪意のあるファイルの検知

critical Nessus プラグイン ID 126258

概要

Nessusがリモートホストに悪意のあるファイルを検出しました。

説明

リモートのLinuxホストの1つ以上のファイルのチェックサムが、既知のマルウェアと一致します。

注意:NessusはLinuxの実行可能バイナリとライブラリのみをスキャンしました。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 126258

ファイル名: linux_malware_scan_filescan.nbin

バージョン: 1.224

タイプ: remote

エージェント: unix

ファミリー: Backdoors

公開日: 2019/6/26

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: The detection is suspected as being malware.

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: manual

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 10

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Host/uname