Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise kernel(ELSA-2019-4710)(Spectre)

medium Nessus プラグイン ID 126610
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[4.1.12-124.28.6.el7uek] - scsi:libfc:fcoeモジュールでのdisc_mutex処理の修正(Hannes Reinecke)[Orabug:29511036] - scsi:libfc:fcpのE_D_TOVとR_A_TOV設定をサニタイズ(Hannes Reinecke)[Orabug:29511036] - sysctl:kabiの破損を修正(Shuning Zhang)[Orabug:29689925] - proc:proc_sys_prune_dcacheを修正してsb参照を保持(Eric W. Biederman)[Orabug:29689925] - proc/sysctl:sysctl_lockの下でi_lockを取得しない。(Eric W. Biederman)[Orabug:29689925] - proc/sysctl:登録解除中に古いデントリを削除(Konstantin Khlebnikov)[Orabug:29689925] - scsi:smartpqi:lunリセットの問題を修正(Kevin Barnett)[Orabug:29848621] - fork:start_time遅延を記録(David Herrmann)[Orabug:29850581] {CVE-2019-6133} - mm:pagetypeinfo_showmixed()でゾーンロックを回避(Vinayak Menon)[Orabug:29905302] - x86/retpoline/ia32entry:非投機的呼び出しへの変換(Ankur Arora)[Orabug:29909295] {CVE-2017-5715} - tun:register_netdevice()の前にdev_get_valid_name()を呼び出す(Cong Wang)[Orabug:29925555] {CVE-2018-7191} - mm/madvise.c:特別な状況でmadvise()無限ループを修正(chenjie)[Orabug:29925610] {CVE-2017-18208}

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4710.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 126610

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4710.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/7/11

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-6133

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/10

脆弱性公開日: 2018/1/3

参照情報

CVE: CVE-2017-5715, CVE-2017-18208, CVE-2018-7191, CVE-2019-6133

IAVA: 2018-A-0017, 2018-A-0020, 2018-A-0022-S, 2018-A-0032-S