Oracle Linux 7:qemu(ELSA-2019-4713)(MDSUM/RIDL)(MFBDS/RIDL/ZombieLoad)(MLPDS/RIDL)(MSBDS/Fallout)

high Nessus プラグイン ID 126673
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更の説明:[15:3.1.0-5.el7] - ホストによってサポートされている場合のみ、ポーリング停止コントロールMSRを有効にする(Mark Kanda)[Orabug: 29946722] [15:3.1.0-4.el7] - kvm:i386:ポーリング停止コントロールMSRのサポート(Marcelo Tosatti)[Orabug: 29933278] - 以下のCVEを修正済みとして文書化:CVE-2017-9524、CVE-2017-6058、CVE-2017-5931(Mark Kanda)[Orabug: 29886908] {CVE-2017-5931} {CVE-2017-6058} {CVE-2017-9524} - pvrdma:エラーが発生した場合にデバイスリソースを解放する(Prasad J Pandit)[Orabug: 29056678] {CVE-2018-20123} - qxl:リリース情報オブジェクトを確認する(Prasad J Pandit)[Orabug: 29886906] {CVE-2019-12155} - target/i386:MDS-NO機能を追加する(Paolo Bonzini)[Orabug: 29820428] {CVE-2018-12126} {CVE-2018-12127} {CVE-2018-12130} {CVE-2019-11091} - docs:すべてのIntel CPUでmd-clear機能の使用を推奨する(Daniel P. Berrangé)[Orabug: 29820428] {CVE-2018-12126} {CVE-2018-12127} {CVE-2018-12130} {CVE-2019-11091} - target/i386:md-clearビットを定義する(Paolo Bonzini)[Orabug: 29820428] {CVE-2018-12126} {CVE-2018-12127} {CVE-2018-12130} {CVE-2019-11091} - pvh:PVHを使用して起動する場合は移行をブロックする(Liam Merwick)[Orabug: 29796676] - hw/i386/pc:PVHローダーの前にマルチブートローダーを実行する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - optionrom/pvh:fw_cfgからinitrdを読み込む(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - hw/i386/pc:PVHオプションROMを使用する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - qemu.spec:%filesにpvh.binを追加する(Liam Merwick)[Orabug: 29796676] - optionrom:新しいPVHオプションROMを追加する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - linuxboot_dma:共通の関数を新しいヘッダーに移動する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - linuxboot_dma:FW_CFGの重複した定義を削除する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - pvh:initrdを読み込み、fw_cfgを通じて公開する(Stefano Garzarella)[Orabug: 29796676] - pvh:ダイレクトブートABIを使って非圧縮カーネルを起動する(Liam Merwick)[Orabug: 29796676] - pvh:x86/HVMダイレクトブートABIのヘッダーファイルを追加する(Liam Merwick)[Orabug: 29796676] - elf-ops.h:get_elf_note_type()を追加する(Liam Merwick)[Orabug: 29796676] - elf:load_elf()にオプション関数ptrを追加して、ELF記号を解析する(Liam Merwick)[Orabug: 29796676]

ソリューション

影響を受けるQemuパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2019-July/008891.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 126673

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4713.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/7/15

更新日: 2020/1/8

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:qemu, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-block-gluster, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-block-iscsi, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-block-rbd, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-common, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-img, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-kvm-core, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-system-x86, p-cpe:/a:oracle:linux:qemu-system-x86-core, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/11

脆弱性公開日: 2017/3/20

参照情報

CVE: CVE-2017-5931, CVE-2017-6058, CVE-2017-9524, CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130, CVE-2018-20123, CVE-2019-11091, CVE-2019-12155