Oracle Solaris 重要パッチ更新:jul2019_SRU11_4_7_5_0

medium Nessus プラグイン ID 126767

概要

リモート Solaris システムには、CPU jul2019 からのセキュリティパッチがありません。

説明

この Solaris システムには、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- Oracle Sunシステム製品パッケージのOracle Solaris製品にある脆弱性(コンポーネント: 自動マウント)。
サポートされているバージョンで影響を受けるのは、11.4および10です。
悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者がNFSを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Solarisを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。
この脆弱性による攻撃が成功すると、権限のない更新、Oracle Solarisがアクセスできるデータへのアクセスの挿入、削除ならびにOracle Solarisがアクセスできるデータのサブセットへの権限のない読み取りアクセスが可能になります。(CVE-2019-2787)

ソリューション

Oracle サポート Web サイトから jul2019 CPU をインストールしてください。

関連情報

https://support.oracle.com/epmos/faces/DocumentDisplay?id=2560938.1

http://www.nessus.org/u?561cd719

https://www.oracle.com/security-alerts/cpujul2019.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 126767

ファイル名: solaris_jul2019_SRU11_4_7_5_0.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

公開日: 2019/7/17

更新日: 2022/8/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.2

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:solaris

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Solaris11/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/16

脆弱性公開日: 2019/7/23

参照情報

CVE: CVE-2019-2787