Amazon Linux 2:qemu(ALAS-2019-1248)

critical Nessus プラグイン ID 126960

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

ブート時にデバイスツリーBLOBを読み込むために呼び出されるQEMUのload_device_tree()関数で、ヒープバッファオーバーフローの問題が見つかりました。この問題はバッファ割り当て前のデバイスツリーサイズの操作が原因で発生し、signed int型をオーバーフローさせる可能性があります。ユーザー/プロセスがこの欠陥を悪用して、QEMUプロセスの権限を使いホストシステム上で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2018-20815)QEMU 3.1.50のhw / sparc64 / sun4u.cは、NULLポインターのデリファレンスに対して脆弱であるため、攻撃者がデバイスドライバー経由でサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-5008)Slirp:初期化されていないスタック変数によるtcp_emu()の情報漏えい(CVE-2019-9824)qxl:スパイスリソースの解放中のNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-12155)

ソリューション

「yum update qemu」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2019-1248.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 126960

ファイル名: al2_ALAS-2019-1248.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/7/24

更新日: 2020/1/6

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:ivshmem-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-audio-alsa, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-audio-oss, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-audio-pa, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-audio-sdl, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-curl, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-dmg, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-iscsi, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-nfs, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-rbd, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-block-ssh, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-common, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-img, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-kvm-core, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-system-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-system-aarch64-core, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-system-x86, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-system-x86-core, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-ui-curses, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-ui-gtk, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-ui-sdl, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-user, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-user-binfmt, p-cpe:/a:amazon:linux:qemu-user-static, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/22

脆弱性公開日: 2019/4/19

参照情報

CVE: CVE-2018-20815, CVE-2019-12155, CVE-2019-5008, CVE-2019-9824

ALAS: 2019-1248