IBM Spectrum Protect 7.1.x < 7.1.9.300 / 8.1.x < 8.1.8の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 126987
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストにインストールされているバックアップサービスは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているIBM Spectrum Protect(旧称Tivoli Storage Manager)のバージョンは7.1.x < 7.1.9.300または8.1.x < 8.1.8です。したがって、IBM Db2リモートコードの実行および権限昇格の複数の脆弱性の影響を受けます。攻撃者がこの問題を悪用し、影響を受けるホストに対するシステムレベルのアクセス権を取得する可能性があります。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM Spectrum Protect 7.1.9.300または8.1.8以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=ibm10882974

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 126987

ファイル名: ibm_spectrum_protect_8_1_8.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

ファミリー: General

公開日: 2019/7/24

更新日: 2020/8/24

依存関係: ibm_tsm_detect.nasl, ibm_spectrum_protect_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-4094

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:tivoli_storage_manager, x-cpe:/a:ibm:spectrum_protect

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/28

脆弱性公開日: 2019/6/28

参照情報

CVE: CVE-2018-1922, CVE-2018-1923, CVE-2018-1936, CVE-2018-1978, CVE-2018-1980, CVE-2019-4014, CVE-2019-4015, CVE-2019-4016, CVE-2019-4094

BID: 107398, 107439, 107686, 107985