Exim deliver_message()関数のリモートコマンド実行の脆弱性(リモート)

critical Nessus プラグイン ID 127100
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのメールサーバーは、リモートコマンド実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホスト上のEximのバージョンは、「/src/deliver.c」のdeliver_message()関数のリモートコマンド実行の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、細工されたメッセージを介して任意のコマンドを実行する可能性があります。Nessusは、リモートホストにスキャナーをpingさせることができました。

ソリューション

Eximのパッチ適用バージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?16a2ac7f

http://www.nessus.org/u?9de8f07f

http://www.nessus.org/u?cf324cac

https://exim.org/static/doc/security/CVE-2019-10149.txt

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 127100

ファイル名: exim_deliver_message_cmd_exec.nbin

バージョン: 1.22

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2019/7/29

更新日: 2022/1/11

依存関係: smtpserver_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-10149

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:exim:exim

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2019/6/5

脆弱性公開日: 2019/6/5

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Exim 4.87 - 4.91 Local Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2019-10149

BID: 108679