SonicWall SonicOSファイアウォールの複数管理の脆弱性(URGENT/11)

critical Nessus プラグイン ID 127107
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのSonicWallファイアウォールは、複数の脆弱性の影響を受けるSonicOSのバージョンを実行しています。-IPv4パケットIPオプションの解析におけるスタックオーバーフロー。(CVE-2019-12256)- 整数アンダーフローにつながるTCP緊急ポインター = 0(CVE-2019-12255)- 不正な形式のTCP AOオプションによるTCP緊急ポインター状態の混乱(CVE-2019-12260)- リモートホストへの接続中のTCP緊急ポインター状態の混乱(CVE-2019-12261)- 競合状態によるTCP緊急ポインター状態の混乱(CVE-2019-12263)- DHCP Offerにおけるヒープオーバーフロー/ipdhcpcにおけるACK解析(CVE-2019-12257)- 不正な形式のTCPオプションを介したTCP接続のDoS(CVE-2019-12258)- 未承諾の逆ARP応答の処理(論理的欠陥)(CVE-2019-12262)- ipdhcpc DHCPクライアントによるIPv4割り当てにおける論理的欠陥(CVE-2019-12264)- IGMP解析のNULL参照を介したDoS(CVE-2019-12259)- IGMPv3固有のメンバーシップレポートを介したIGMPの情報漏えい(CVE-2019-12265)Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーセキュリティアドバイザリに記載されている、対応する修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

https://psirt.global.sonicwall.com/vuln-detail/SNWLID-2019-0009

http://www.nessus.org/u?06406a07

https://armis.com/urgent11/

http://www.nessus.org/u?c7d3d59d

http://www.nessus.org/u?e1994faf

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 127107

ファイル名: sonicwall_SNWLID-2019-0009.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: Firewalls

公開日: 2019/7/29

更新日: 2019/10/18

依存関係: os_fingerprint.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-12262

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:sonicwall:sonicos

必要な KB アイテム: Host/OS

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/19

脆弱性公開日: 2019/7/19

参照情報

CVE: CVE-2019-12255, CVE-2019-12256, CVE-2019-12257, CVE-2019-12258, CVE-2019-12259, CVE-2019-12260, CVE-2019-12261, CVE-2019-12262, CVE-2019-12263, CVE-2019-12264, CVE-2019-12265

IAVA: 2019-A-0274