Fortinet FortiGate < 6.2.1における情報漏洩(FG-IR-19-037)

medium Nessus プラグイン ID 127134

概要

リモートホストは、情報漏洩の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは、バージョン6.2.1より前のFortiOSを実行しています。したがって、情報漏洩の脆弱性の影響を受けます。同じサブネット上の認証されていない攻撃者は、構成済みのLDAPサーバーになりすますことで秘密情報を傍受できる可能性があります。

ソリューション

Fortinet FortiOSをバージョン6.2.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://fortiguard.com/psirt/FG-IR-19-037

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 127134

ファイル名: fortios_FG-IR-19-037.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2019/8/12

更新日: 2022/1/24

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.3

Temporal Score: 2.9

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5591

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 6.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fortinet:fortios

必要な KB アイテム: Host/Fortigate/model, Host/Fortigate/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/26

脆弱性公開日: 2019/7/26

CISAの既知の悪用日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2019-5591