FreeBSD:FreeBSD -- freebsd32_ioctlでのカーネルメモリ漏洩(6b856e00-b30a-11e9-a87f-a4badb2f4699)

medium Nessus プラグイン ID 127546

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

上にリストされているユーザーランドのコンポーネントにコピーされたメモリの初期化が不十分であるため、少量のカーネルメモリがユーザーランドプロセスに開示される可能性があります。影響:32ビットFreeBSD ioctlsを呼び出すことができるユーザーは、カーネルメモリのごく一部の内容を読み取ることができる可能性があります。

そのようなメモリには、ファイルキャッシュの一部やターミナルバッファなど、機密情報が含まれている可能性があります。この情報は直接的に役立つか、あるいは昇格された権限を取得するために何らかの方法で利用される可能性があります。例えば、ターミナルバッファにユーザー入力のパスワードが含まれている可能性があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?55063c82

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 127546

ファイル名: freebsd_pkg_6b856e00b30a11e9a87fa4badb2f4699.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/8/12

更新日: 2020/1/6

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:FreeBSD, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/30

脆弱性公開日: 2019/7/24

参照情報

CVE: CVE-2019-5605

FreeBSD: SA-19:14.freebsd32