OracleVM 3.4:Unbreakable/etc(OVMSA-2019-0038)

medium Nessus プラグイン ID 127565
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- x86/speculation:SWAPGSによる投機からATOMを除外する(Thomas Gleixner)[Orabug: 29967571](CVE-2019-1125)

- x86/speculation:Spectre v1 swapgs緩和策を有効にする(Josh Poimboeuf)[Orabug: 29967571](CVE-2019-1125)

- x86/speculation:Spectre v1 swapgs緩和策のためのエントリコードを準備する(Josh Poimboeuf)[Orabug: 29967571](CVE-2019-1125)

- mlx4_core: log_num_[qp,rdmarc]をscale_profileに変更(Mukesh Kacker)[Orabug: 30064080]

- scsi: storvsc:storvsc_handle_errorのscsi_cmdエラーの割り当てを修正(Cacy Avery)[Orabug: 30052805]

- USB: usb_get_extra_descriptorで適切なサイズを確認(Mathias Payer)[Orabug: 29755247](CVE-2018-20169)

- rds: ib:NULL時のconnのデリファレンスとそのクリーンアップを修正(H&aring kon Bugge)[Orabug: 29924849]

- ext4: エクステントツリーブロックで未使用のメモリ領域を消去(Sriram Rajagopalan)[Orabug: 29925523](CVE-2019-11833)(CVE-2019-11833)

- ip_sockglue: ip_ra_controlの欠落チェックのバグを修正(Gen Zhang)[Orabug: 29926005](CVE-2019-12381)

- ipv6_sockglue: ip6_ra_controlの欠落チェックのバグを修正(Gen Zhang)[Orabug: 29926057](CVE-2019-12378)

- x86/マイクロコード: 読み込み遅延のx86_spec_ctrl_maskを修正。
(Mihai Carabas)[Orabug: 29941248]

- net: rds: rds recvのメモリリークを修正(Zhu Yanjun)[Orabug:
30034815]

ソリューション

影響を受けるkernel-uek/kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4a8d3cb3

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 127565

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2019-0038.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/8/12

更新日: 2020/2/18

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/8

脆弱性公開日: 2018/12/17

参照情報

CVE: CVE-2018-20169, CVE-2019-1125, CVE-2019-11833, CVE-2019-12378, CVE-2019-12381