Oracle Linux 8:カーネル(ELSA-2019-1479)

high Nessus プラグイン ID 127590
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2019-1479アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.20.14より前のLinuxカーネルのmm/mmap.c内のexpand_downwardsにmmapの最小アドレスのチェックがないため、攻撃者がSMAP以外のプラットフォームでカーネルNULLポインターデリファレンスを悪用しやすくなっています。これは、間違ったタスクの機能チェックに関連しています。(CVE-2019-9213)

-Jonathan Looney氏は、TCP_SKB_CB(skb)->tcp_gso_segsの値が、TCP Selective Acknowledgments(SACKs)を処理するとき、Linuxカーネルで整数オーバーフローの影響を受けることを発見しました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミット3b4929f65b0d8249f19a50245cd88ed1a2f78cffで修正されました。(CVE-2019-11477)

-Jonathan Looney氏は、LinuxカーネルのデフォルトのMSSが48バイトにハードコードされていることを発見しました。これにより、リモートピアがTCP再送信キューを、大きなMSSが強制された場合よりもさらに顕著に断片化する可能性があります。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミット967c05aee439e6e5d7d805e195b3a20ef5c433d6および5f3e2bf008c2221478101ee72f5cb4654b9fc363で修正されました。(CVE-2019-11479)

- Jonathan Looney氏は、特定のTCP Selective Acknowledgement(SACK)シーケンスを処理するとき、LinuxカーネルのTCP再送信キューの実装が断片化される可能性があることを発見しました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミットf070ef2ac66716357066b683fb0baf55f8191a2eで修正されました。(CVE-2019-11478)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-1479.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 127590

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-1479.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/8/12

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11477

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:bpftool, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-cross-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python3-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/7/30

脆弱性公開日: 2019/3/5

エクスプロイト可能

Metasploit (Reliable Datagram Sockets (RDS) rds_atomic_free_op NULL pointer dereference Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2019-9213, CVE-2019-11477, CVE-2019-11478, CVE-2019-11479

RHSA: 2019:1479