VMSA-2019-0012:領域外ピクセルシェーダーの脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 127807

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

VMware ESXi、Workstation、Fusionのピクセルシェーダーの脆弱性には、ピクセルシェーダー機能の領域外読み取り/書き込みの脆弱性があります。これらの問題を悪用するには、攻撃者は3Dグラフィックスが有効になっている仮想マシンにアクセスできる必要があります。これはESXiではデフォルトで有効になっておらず、WorkstationとFusionではデフォルトで有効になっています。領域外読み取りの問題(CVE-2019-5521)の悪用に成功すると、情報漏えいを引き起こしたり、通常のユーザー権限を持つ攻撃者がホスト上でサービス拒否状態を引き起こしたりする可能性があります。領域外書き込みの問題(CVE-2019-5684)は、影響を受けるNVIDIAグラフィックスドライバーがホストにある場合のみ悪用される可能性があります。この問題の悪用に成功すると、ホスト上でコードの実行を引き起こす可能性があります。詳細については、NVIDIAセキュリティアドバイザリを参照してください。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2019/000464.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 127807

ファイル名: vmware_VMSA-2019-0012.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2019/8/12

更新日: 2020/1/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/2

脆弱性公開日: 2019/8/6

参照情報

CVE: CVE-2019-5521, CVE-2019-5684

VMSA: 2019-0012