FreeBSD:NGINX -- 複数の脆弱性(87679fcb-be60-11e9-9051-4c72b94353b5)(0-Length Headers Leak)(Data Dribble)(Resource Loop)

high Nessus プラグイン ID 127950

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

NGINX チームによる報告:

複数のセキュリティの問題がnginx HTTP/2の実装で特定されました。これにより、過剰なメモリ消費とCPU使用率(CVE-2019-9511、CVE-2019-9513、CVE-2019-9516)が発生する可能性があります。この問題は、構成ファイルでlistenディレクティブのhttp2オプションが使用されている場合に、ngx_http_v2_module付きでコンパイルされた(デフォルトではコンパイルされません)nginxに影響します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://nginx.org/en/security_advisories.html

http://www.nessus.org/u?99dc3f33

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 127950

ファイル名: freebsd_pkg_87679fcbbe6011e990514c72b94353b5.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2019/8/20

更新日: 2020/1/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:nginx, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:nginx-devel, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/14

脆弱性公開日: 2019/8/13

参照情報

CVE: CVE-2019-9511, CVE-2019-9513, CVE-2019-9516