Oracle Linux 6: カーネル(ELSA-2019-2473)

high Nessus プラグイン ID 127982

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6ホストに、ELSA-2019-2473アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.14.8より前のLinuxカーネルのSalsa20暗号化アルゴリズムがゼロ長入力を適切に処理しないため、ローカルの攻撃者がAF_ALGベースのskcipherインターフェイス(CONFIG_CRYPTO_USER_API_SKCIPHER)を使用してサービス拒否(初期化されていないメモリの解放およびカーネルクラッシュ)を引き起こしたり、blkcipher_walk APIを使用する細工された一連のシステムコールを実行することで、詳細不明なその他の影響を与える可能性があります。Salsa20のジェネリック実装(crypto/salsa20_generic.c)とx86実装(arch/x86/crypto/salsa20_glue.c)は、両方とも脆弱でした。(CVE-2017-17805)

-4.19.13までのLinuxカーネルのmm/mincore.cにあるmincore()の実装により、ローカルの攻撃者が同じシステム上の他のプロセスのページキャッシュアクセスパターンを観察して、秘密情報を盗聴する可能性があります。(これを修正するとfincoreプログラムの出力に影響します)Apache HTTPサーバーからパブリックファイルにアクセスする際の遅延の違いからわかるとおり、リモートからの悪用は限定的です。(CVE-2019-5489)

-4.18.11までのLinuxカーネルのfs/proc/base.cにあるproc_pid_stack関数で問題が発見されました。これは、rootだけが任意のタスクのカーネルスタックを検査できることを保証しません。これにより、ローカルの攻撃者は、競合状態のスタックアンワインディングを悪用して、カーネルタスクスタックの内容を漏洩できます。(CVE-2018-17972)

-特定の中央処理装置(CPU)が投機的にメモリにアクセスする場合に、情報漏洩の脆弱性があります。これは、「Windowsカーネルの情報漏洩の脆弱性」とも呼ばれます。このCVE IDはCVE-2019-1071、CVE-2019-1073の一意のIDです。(CVE-2019-1125)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-2473.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 127982

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-2473.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/8/20

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-17805

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/14

脆弱性公開日: 2017/12/20

参照情報

CVE: CVE-2017-17805, CVE-2018-17972, CVE-2019-1125, CVE-2019-5489

RHSA: 2019:2473

IAVA: 2020-A-0325-S