openSUSEセキュリティ更新プログラム:Linux カーネル(openSUSE-2019-1923)

medium Nessus プラグイン ID 128011

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

openSUSE Leap 15.1 カーネルが更新され、さまざまなセキュリティおよびバグの修正が行われました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2019-1125:SWAPGS命令に対する投機によってSpectre V1のバリアントのメモリ漏えいを修正しました(bsc#1139358)。

- CVE-2019-10207:カーネルをクラッシュさせる可能性のあるBluetoothスタックのNULLポインターデリファレンスが修正されました。
(bnc#1123959 bnc#1142857)。

- CVE-2018-20855:drivers/infiniband/hw/mlx5/qp.cのcreate_qp_commonで、mlx5_ib_create_qp_respは初期化されておらず、ユーザー空間へのスタックメモリの漏洩を引き起こしました。(bnc#1143045)

- CVE-2019-14284:drivers/block/floppy.cにより、setup_format_paramsdivision-by-zeroによるサービス拒否が可能でした。2つの連続したioctlがバグを発生させる可能性があります:最初のものは、F_SECT_PER_TRACKをゼロにする.sectおよび.rateの値でドライブジオメトリを設定する必要があります。次に、フロッピーフォーマット操作を呼び出す必要があります。これは、フロッピーディスクが挿入されたときに、権限のないローカルユーザーによって引き起こされる可能性があります。(bnc#1143189)。

- CVE-2019-14283:drivers/block/floppy.c内のset_geometryは、セクトおよびヘッドフィールドを検証しませんでした。これは、整数オーバーフローと領域外読み取りによって実証されています。これは、フロッピーディスクが挿入されたときに、権限のないローカルユーザーによって引き起こされる可能性があります。(bnc#1143191)。

- CVE-2019-11810:drivers/scsi/megaraid/megaraid_sas_base.cのmegasas_create_frame_pool()がmegasas_alloc_cmds()で失敗すると、NULLポインターのデリファレンスが発生する可能性があります。これにより、メモリ解放後使用(Use After Free)に関連するサービス拒否が発生します(bnc#1134399)。

- CVE-2019-13648:powerpcプラットフォームのLinuxカーネルで、ハードウェアのトランザクションメモリが無効な場合、ローカルユーザーが、細工されたシグナルフレームを送信するsigreturn()システムコールを介して、サービス拒否(TM Bad Thingの例外およびシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。これは、arch/powerpc/kernel/signal_32.cおよびarch/powerpc/kernel/signal_64.cに影響を与えます(bnc#1142254 bnc#1142265)。

- CVE-2019-13631:Linuxカーネルのdrivers/input/tablet/gtco.cにあるparse_hid_report_descriptorで、悪意のあるUSBデバイスがデバッグメッセージの生成中に領域外書き込みをトリガーするHIDレポートを送信する可能性があります。(bnc#1142023)

以下の非セキュリティ問題が修正されました。

- 9p:acl:初期化されていないiattrアクセスを修正します(bsc#1051510)。

- 9p:p9dirent_read:ネットワークが提供名の長さを確認します(bsc#1051510)。

- 9p:正しいプロトタイプをread_cache_pageに渡します(bsc#1051510)。

- 9p/rdma:down_interruptible EAGAINで切断しません(bsc#1051510)。

- 9p/rdma:cm_event_handlerの無用なチェックを削除します(bsc#1051510)。

- 9p/virtio:p9_virtio_initにクリーンアップパスを追加します(bsc#1051510)。

- 9p/xen:p9_trans_xen_initにクリーンアップパスを追加します(bsc#1051510)。

- 9p/xen:front_probeのxenbus_readエラーのチェックを修正します(bsc#1051510)。

- acpi/arm64:5.0として報告された5.1 FADTsを無視します(bsc#1051510)。

- ACPI/IORT:iort_dev_find_its_id()のoff-by-oneチェックを修正しました(bsc#1051510)。

- acpi/nfit:_DSM出力ペイロードを常にダンプします(bsc#1142351)。

- ACPI:PM:acpi_device_set_power()の回帰を修正します(bsc#1051510)。

- pacaにsibling paca poiterを戻します(bsc#1055117)。

- crct10dif-vpmsumのサポートを追加します()。

- af_key:key_pol_get_respおよびdump_spでの漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- af_packet:AF_PACKETにおける送信の完了を待機しているタスクの実行をブロックします(networking-stable-19_07_02)。

- af_unix:冗長なlockdepクラスを削除します(git-fixes)。

- ALSA:compress:ドレインが許可される場合について、より制限的にします(bsc#1051510)。

- ALSA:compress:キャプチャストリームにparitialドレイン操作を許可しません(bsc#1051510)。

- ALSA:compress:圧縮されたキャプチャストリームの回帰を修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:compress:set_paramsのバイパスを防止します(bsc#1051510)。

- ALSA:hda - conexantコーデックエントリを追加し、ledのミュートを機能させます(bsc#1051510)。

- ALSA:hda - i915 HDMI/DPコーデックを強制的に再開しません(bsc#1111666)。

- ALSA:hda:i915モジュールが使用できない場合の1分の検出遅延を修正します(bsc#1111666)。

- ALSA:hda - Intelチップの断続的なCORB/RIRBストールを修正します(bsc#1111666)。

- ALSA:hda/hdmi - i915リバースポート/ピンマッピングを修正します(bsc#1111666)。

- ALSA:hda/hdmi - 重複する定義を削除します(bsc#1111666)。

- ALSA:hda - ジャックの検出のないコーデックの再開を最適化します(bsc#1111666)。

- ALSA:hda/realtek:1台のDellマシンにALC891ヘッドセットfixupを適用します(bsc#1051510)。

- ALSA:hda/realtek - Dellプラットフォームでヘッドフォンマイクが録音できない問題を修正しました(bsc#1051510)。

- ALSA:hda/realtek - ヘッドフォンマイクがS3の後に録音できません(bsc#1051510)。

- ALSA:line6:誤植を修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:line6:LINE6_PODHD500_1に対する誤った代替設定を修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:pcm:snd_pcm_drainで失われたウェイクアップイベントのシナリオを修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:seq:書き込みループで長すぎるmutexコンテキストをブレークします(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:Focusrite Scarlett Soloに対してquirkを追加します(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:MOTU MicroBook IIに対してquirkを追加します(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:DSDホワイトリストのクリーンアップ(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:Emagic、Unitor 8に対して.product_nameオーバーライドを有効にします(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_pipe_sanity_checkのgpfを修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:Line6 Helixオーディオフォーマットレートを修正します(bsc#1111666)。

- ALSA:usb-audio:各パイプおよびEPタイプのサニティチェック(bsc#1051510)。

- arm64:dma_max_pfnをオーバーライドしません(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- arm64:kvm:FPEXC32_EL2のアーキテクチャ的に無効なリセット値を修正します(bsc#1133021)。

- ARM:kvm:SMCCC_ARCH_WORKAROUND_1高速処理を追加します(bsc#1133021)。

- ARM:kvm:SMCCC_ARCH_WORKAROUND_1のサポートを報告します(bsc#1133021)。

- ASoC:cs4265:読み取り可能なレジスタが低すぎます(bsc#1051510)。

- ASoC:max98090:RJが0の場合、24ビットフォーマットのサポートを削除します(bsc#1051510)。

- ASoC:soc-pcm:再開後にリリースを一時停止するとき、BE daiに準備が必要です(bsc#1051510)。

- ath10k:不足しているエラー処理を追加します(bsc#1111666)。

- ath10k:ath10k_peer_find_by_idにピアIDチェックを追加します(bsc#1111666)。

- ath10k:SDIOワークキューを破壊しながらSDIOモジュールを削除します(bsc#1111666)。

- ath10k:メッシュのプローブ応答テンプレートを送信しません(bsc#1111666)。

- ath10k:保護された管理フレームのエンコーディングを修正します(bsc#1111666)。

- ath10k:マルチキャスト/ブロードキャストレートの不適切な設定を修正します(bsc#1111666)。

- ath10k:PCIEデバイスの起動の失敗を修正します(bsc#1111666)。

- ath6kl:いくつかの境界チェックを追加します(bsc#1051510)。

- ath9k:SREVレジスタの読み取り時のエラーをチェックします(bsc#1111666)。

- ath9k:が短い短波のパルスを適切に処理します(bsc#1111666)。

- ath:DFS JPドメインW56は固定パルス3型レーダ検出(bsc#1111666)。

-batman-adv:TVLVハンドラーの漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- bcache:cached_dev_detach_finish()でbch_register_lockを取得します(bsc#1140652)。

- bcache:cached_dev_detach_finish()でbch_register_lockを取得します(bsc#1140652)。

- bcache:cached_dev_free()でbch_register_lockを取得します(bsc#1140652)。

- bcache:cached_dev_free()でbch_register_lockを取得します(bsc#1140652)。

- bcache:journal_read_bucket()に対するコードコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:journal_read_bucket()に対するコードコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:登録コードパスのblkdev_put()に対するコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:登録コードパスのblkdev_put()に対するコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:closure_fnがclosure_queue()に呼び出されるため、コメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:closure_fnがclosure_queue()に呼び出されるため、コメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:kobjリリースコールバックルーチン用のコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:kobjリリースコールバックルーチン用のコメントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:mutex_lockのコメントを追加(&b->write_lock)(bsc#1140652)。

- bcache:mutex_lockのコメントを追加(&b->write_lock)(bsc#1140652)。

- bcache:register_bdev()を呼び出すエラーチェックを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:register_bdev()を呼び出すエラーチェックを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:ジャーナルリプレイ用にrun_cache_set()に失敗チェックを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:ジャーナルリプレイ用にrun_cache_set()に失敗チェックを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:write_bdev_super_endio()にioエラーカウントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:write_bdev_super_endio()にioエラーカウントを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_attach()により多くのエラーメッセージを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_attach()により多くのエラーメッセージを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:保留中のbcacheデバイスを停止するためにpendings_cleanupを追加しました(bsc#1140652)。

- bcache:保留中のbcacheデバイスを停止するためにpendings_cleanupを追加しました(bsc#1140652)。

- bcache:reclaimed_journal_bucketsを構造体cache_setに追加します(bsc#1140652)。

- bcache:reclaimed_journal_bucketsを構造体cache_setに追加します(bsc#1140652)。

- bcache:戻り値のチェックをbch_cached_dev_run()に追加します(bsc#1140652)。

- bcache:戻り値のチェックをbch_cached_dev_run()に追加します(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_reboot() でのデッドロックを回避します(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_reboot() でのデッドロックを回避します(bsc#1140652)。

- bcache:clang -Wunintializedの警告を回避します(bsc#1140652)。

- bcache:clang -Wunintializedの警告を回避します(bsc#1140652)。

- bcache:ioが無効の場合にcache_set_flush()でbtreeノードをフラッシュすることを回避します(bsc#1140652)。

- bcache:ioが無効の場合にcache_set_flush()でbtreeノードをフラッシュすることを回避します(bsc#1140652)。

- bcache:run_cache_setのCACHE_SYNCブランチでjournal_replay(s)のリストのメモリリークの可能性を回避します(bsc#1140652)。

- bcache:run_cache_setのCACHE_SYNCブランチでjournal_replay(s)のリストのメモリリークの可能性を回避します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal()でCACHE_SET_IO_DISABLEビットをチェック(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal()でCACHE_SET_IO_DISABLEビットをチェック(bsc#1140652)。

- bcache:アロケータコードでCACHE_SET_IO_DISABLEを確認します(bsc#1140652)。

- bcache:アロケータコードでCACHE_SET_IO_DISABLEを確認します(bsc#1140652)。

- bcache:cache_set_flush()でIS_ERR_OR_NULLによりc-> gc_threadをチェックします(bsc#1140652)。

- bcache:cache_set_flush()でIS_ERR_OR_NULLによりc-> gc_threadをチェックします(bsc#1140652)。

- bcache:bch_get_congested()をクリーンアップします(bsc#1140652)。

- bcache:bch_get_congested()をクリーンアップします(bsc#1140652)。

- bcache:dc->writeback_threadの作成に失敗した場合、destroy dc->writeback_write_wqを破棄します(bsc#1140652)。

- bcache:dc->writeback_threadの作成に失敗した場合、destroy dc->writeback_write_wqを破棄します(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_device_init()のif条件で割り当てを行いません(bsc#1140652)。

- bcache:gcが実行している場合、最大ライトバックレートを設定しません(bsc#1140652)。

- bcache:gcが実行している場合、最大ライトバックレートを設定しません(bsc#1140652)。

- bcache:キャッシュレジスタとcacheset登録解除間の競合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:キャッシュレジスタとcacheset登録解除間の競合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:読み取りミスが完了する前にbcacheデバイスを停止させるクラッシュを修正します(bsc#1140652)。

- bcache:読み取りミスが完了する前にbcacheデバイスを停止させるクラッシュを修正します(bsc#1140652)。

- bcache:ジャーナルrelplayの不具合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:ジャーナルrelplayの不具合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:未使用のバケットの不正確な結果を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:未使用のバケットの不正確な結果を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:io_errorカウンターの誤ったsysfsエントリを修正します(bsc#1140652)。

- bcache:io_errorカウンターの誤ったsysfsエントリを修正します(bsc#1140652)。

- bcache:cached_def_free()でデッドロックの可能性を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:cached_def_free()でデッドロックの可能性を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:btree_flush_write()の競合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:btree_flush_write()の競合を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal_read()で修正戻り値誤差を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal_read()で修正戻り値誤差を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:PRECEDING_KEY()によるスタック破損を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:PRECEDING_KEY()によるスタック破損を修正します(bsc#1140652)。

- bcache:btree_gc_coalesceのout_nocoalesceブランチのkeylistでのuse-after-freedの誤った使用を修正しました(bsc#1140652)。

- bcache:btree_gc_coalesceのout_nocoalesceブランチのkeylistでのuse-after-freedの誤った使用を修正しました(bsc#1140652)。

- bcache:バッキングデバイスでの先読みリクエストの失敗を無視します(bsc#1140652)。

- bcache:バッキングデバイスでの先読みリクエストの失敗を無視します(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_reboot()を改善します(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_reboot()を改善します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_run()により多くのエラーメッセージを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_run()により多くのエラーメッセージを追加します(bsc#1140652)。

- bcache:bset_search_tree()をよりわかりやすくします(bsc#1140652)。

- bcache:bset_search_tree()をよりわかりやすくします(bsc#1140652)。

- bcache:is_discard_enabled()を静的にします(bsc#1140652)。

- bcache:is_discard_enabled()を静的にします(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_device_link()へのより詳細なエラーメッセージ(bsc#1140652)。

- bcache:bcache_device_link()へのより詳細なエラーメッセージ(bsc#1140652)。

- bcache:マクロread_bucket()の「INT RET」の移動定義(bsc#1140652)。

- bcache:マクロread_bucket()の「INT RET」の移動定義(bsc#1140652)。

- bcache:journal_reclaim()でジャーナルキーのKEY_PTRSを0に決して設定しません(bsc#1140652)。

- bcache:journal_reclaim()でジャーナルキーのKEY_PTRSを0に決して設定しません(bsc#1140652)。

- bcache:設定されている場合、BTREE_NODE_dirtyビットのみをクリアします(bsc#1140652)。

- bcache:設定されている場合、BTREE_NODE_dirtyビットのみをクリアします(bsc#1140652)。

- bcache:キャッシュされたデバイスが接続されている場合にのみ、BCACHE_DEV_WB_RUNNINGを設定します(bsc#1140652)。

- bcache:キャッシュされたデバイスが接続されている場合にのみ、BCACHE_DEV_WB_RUNNINGを設定します(bsc#1140652)。

- bcache:btree_flush_write()の性能向上(bsc#1140652)。

- bcache:btree_flush_write()の性能向上(bsc#1140652)。

- bcache:冗長なLIST_HEAD(journal)をrun_cache_set()から削除します(bsc#1140652)。

- bcache:冗長なLIST_HEAD(journal)をrun_cache_set()から削除します(bsc#1140652

- bcache:cache_set構造体からretry_flush_writeを削除します(bsc#1140652)。

- bcache:cache_set構造体からretry_flush_writeを削除します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_btree_keys_init()の不要なコードを削除します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_btree_keys_init()の不要なコードを削除します(bsc#1140652)。

- bcache:bset_search_tree()に不要なprefetch()削除します(bsc#1140652)。

- bcache:bset_search_tree()に不要なprefetch()削除します(bsc#1140652)。

- bcache:「XXX:」コメント行をrun_cache_set()から削除します(bsc#1140652)。

- bcache:「XXX:」コメント行をrun_cache_set()から削除します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal_replay()ですぐにエラーを返します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_journal_replay()ですぐにエラーを返します(bsc#1140652)。

- bcache:「bcache:ジャーナル中の高いCPU使用率を修正します」を元に戻します(bsc#1140652)。

- bcache:「bcache:ジャーナル中の高いCPU使用率を修正します」を元に戻します(bsc#1140652)。

- bcache:「bcache:bch_journal_freeでヒープcache_set->flush_btreeを解放します」を元に戻します(bsc#1140652)。

- bcache:「bcache:bch_journal_freeでヒープcache_set->flush_btreeを解放します」を元に戻します(bsc#1140652)。

- bcache:ja->seq[bucket_index]でjournal_read_bucket()のja->seq[bucket_index]に設定します(bsc#1140652)。

- bcache:ja->seq[bucket_index]でjournal_read_bucket()のja->seq[bucket_index]に設定します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_btree_check()後にbtreeノードキャッシュを縮小します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_btree_check()後にbtreeノードキャッシュを縮小します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_run()の失敗時にwriteback kthreadとkworkerを停止します(bsc#1140652)。

- bcache:bch_cached_dev_run()の失敗時にwriteback kthreadとkworkerを停止します(bsc#1140652)。

- bcache:の代わりにsysfs_match_string()を使用
__sysfs_match_string()(bsc#1140652)。

- bcache:の代わりにsysfs_match_string()を使用
__sysfs_match_string()(bsc#1140652)。

- be2net:フローハッシングに使用されるRxキューの数を修正します(networking-stable-19_06_18)。

- be2net:デバイスは再構成中に送信できないことを伝えます(bsc#1127315)。

- be2net:be_update_queuesをdev_watchdogと同期します(bsc#1127315)。

- block、bfq:無効になったときにbicをNULLにします(bsc#1142359)。

- Bluetooth:6lowpan:すべてのピアでの宛先アドレスの検索(bsc#1051510)。

- Bluetooth:Microsoft Surface Precision MouseのバグであるSMP回避策を追加します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:l2cap_disconnect_rspで状態をチェックします(bsc#1051510)。

- Bluetooth:hci_bcsp:rx_skbでメモリリークの問題を修正します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:BLE接続間隔の更新を検証します(bsc#1051510)。

- bnx2fc_fcoe:skb_queue_walk_safe()を使用します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703)。

- bnx2x:tx完了処理でのロードの並べ替えを防止します(bsc#1142868)。

- bnxt_en: 戻されたMSIXベクトルをRDMAドライバーに制限します(bsc#1134090 jsc#SLE-5954)。

- bnxt_en: PCIシャットダウンおよびドライバーアンロード中にバスマスターを無効化します(bsc#1104745)。

- bnxt_en: OOM状態での集約バッファ漏洩を修正します(networking-stable-19_05_31)。

- bnxt_en: RDMAドライバーの統計コンテキスト予約ロジックを修正します(bsc#1104745)。

- bnxt_en: DSCP DCB機能をクエリする際のエラーメッセージを抑制します(bsc#1104745)。

- bonding:vlan txオフロードを常に有効にします(networking-stable-19_07_02)。

- bonding:アクティブバックアップモードでのarp_validateの切り替えを修正します(networking-stable-19_05_14)。

- bonding:802.3adのリンクステートリカバリ後のスレーブ速度チェックを強制します(bsc#1137584)。

- bpf:btf:BTF_INT_OFFSET()の括弧を修正します(bsc#1083647)。

- bpf:呼び出し元を削除する呼び出し先を修正します(bsc#1109837)。

- bpf:CPUごとのデータでbpfトレースポイントのネストを修正します(bsc#1083647)。

- bpf、x64:JITed bpfコードのスタックレイアウトを修正します(bsc#1083647)。

- bpf、x64:ebpfするinsnはcbpfから来たときにプロローグで5つのバイトを保存します(bsc#1083647)。

- bridge:kobject_init_and_add()のエラーパスを修正します(networking-stable-19_05_14)。

- Btrfs:ブロックグループ削除とブロックグループ割り当ての間の競合を修正します(bsc#1143003)。

- btrfs-kill-btrfs_clear_path_blocking.patch:
(bsc#1140139)。

- Btrfs:scrub:memalloc_nofs保護をinit_ipathに追加します(bsc#1086103)。

- Btrfs:init_ipathでGFP_KERNELを使用します(bsc#1086103)。

- carl9170:デバイスドライバーAPIの誤用を修正します(bsc#1111666)。

- ceph:ceph_direct_read_write()でのiov_iterの問題を修正します(bsc#1141450)。 blacklist.conf:ブラックリストからパッチをドロップします。

- cgroup:task_get_css()でcss_tryget_online()の代わりにcss_tryget()を使用します(bsc#1141478)。

- clk:qcom:-Wunused-const-variableを修正します(bsc#1051510)。

- clk:rockchip:取得したときに悪いmmcフェーズについて叫ばないでください(bsc#1051510)。

- clk:tegra210:PLLUとPLLU_OUT1を修正します(bsc#1051510)。

- iwlwifi 22000シリーズのucodeファイル名を修正します(bsc#1142673)

- AER/DPC pcieスタッフに関するバグのあるバックポートを修正します(bsc#1142623)

- cpufreq:acpi-cpufreq:CPUがブーストテクノロジーをサポートしていない場合に報告します(bsc#1051510)。

- cpufreq:brcmstb-avs-cpufreq:初期コマンドチェックを修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:brcmstb-avs-cpufreq:電圧/周波数のタイプを修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:__cpufreq_get()でポリシーが無効であるかどうかを早い段階でチェックします
(bsc#1051510)。

- cpufreq:kirkwood:オブジェクト参照漏洩の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq/pasemi:オブジェクト参照漏洩の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:pmac32:オブジェクト参照漏洩の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:ppc_cbe:オブジェクト参照漏洩の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:struct global_attrの代わりにstruct kobj_attributeを使用します(bsc#1051510)。

- crypto:arm64/sha1-ce - finupに空のデータのダイジェストを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:arm64/sha2-ce - finupに空のデータのダイジェストを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ccp - ccp-cryptoモジュールからの3DESの苦情を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ccp - 新しいテストベクトルによって露出されるAES CFBエラーを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ccp - SEV_VERSION_GREATER_OR_EQUALを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ccp/gcm - constタイムタグ比較を使用します(bsc#1051510)。

- crypto:ccp - 再利用の前にmemset構造体フィールドをゼロにします(bsc#1051510)。

- crypto:ccp - エラーメッセージのインデックス作成に使用されるエラー値を検証します(bsc#1051510)。

- crypto:chacha20poly1305 - 非同期アルゴリズム使用時のアトミックスリープを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:crypto4xx - ppc4xx_trng_probeにおける潜在的な二重解放を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ghash - ghash_setkey()の整列されていないメモリアクセスを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - SEC1アクセスを32ビット境界に調整します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - ablkcipherでデータブロックサイズをチェックします(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - CTR algブロックサイズを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - sha384とsha512の最大キーサイズを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - 不適切な出力IVによるskcipherの失敗を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - HMAC SNOOP NO AFEUモードではSW icvチェックが必要です(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - 分割ICVを適切に処理します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - SEC1の最大キーサイズを縮小します(bsc#1051510)。

- crypto:talitos - 代替のAEAD algosの名前を変更します(bsc#1051510)。

- dasd_fba:センスをダンプする際に、ゼロページに対して「00000000」を表示します(bsc#11123080)。

- dma-buf:バランスrefcountの不均衡(bsc#1051510)。

- dma-buf:reallocのためにget_fences_rcuを再試行する際に古いfence_exclを破棄します(bsc#1111666)。

- dma-direct:ZONE_DMAおよびZONE_DMA32からの割り当てのサポートを追加します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- dma-direct:no-op GFP_DMAの割り当てを再試行しません(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- dma-direct:小さなマスクに対してGFP_DMAを使用する割り当てを再試行します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- dmaengine:hsu:「set HSU_CH_MTSR to memory width」を戻します(bsc#1051510)。

- dma-mapping:dma_mark_cleanをdma-direct.hに移動します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- dma-mapping:swiotlbアーチヘルパーを新しいヘッダーに移動します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- dma-mapping:dma_max_pfnでdma_pfn_offsetを考慮に入れます(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- Documentation:nospectre_v1パラメーターを追加します(bsc#1051510)。

- ドキュメンテーション/ネットワーキング:mpls-sysctlのdefault_ttl typoを修正します(bsc#1051510)。

- dpaa_eth:SGフレームのクリーンアップを修正します(networking-stable-19_05_14)。

- ドライバーコア:グルーディレクトリのメモリ解放後使用(Use After Free)と二重解放を修正します(bsc#1131281)。

- drm/amd/display:常に初期コネクタ状態を割り当てます(bsc#1111666)。

- drm/amd/display:ABM構造体を破壊する前にABMを無効にします(bsc#1111666)。

- drm/amd/display:RGB565にprescale_params->scaleを入力します(bsc#1111666)。

- drm/amd/display:コンパイルエラーを修正します(bsc#1111666)。

- drm/amd/display:一部の関数を静的にします(bsc#1111666)。

- drm/amdgpu/sriov:HDP_NONSURFACE_BAStEを初期化する必要があります(bsc#1111666)。

- drm/amdkfd:潜在的なメモリリークを修正します(bsc#1111666)。

- drm/amdkfd:sdmaキューマップの問題を修正します(bsc#1111666)。

- drm/atmel-hlcdc:シフトを8戻します(bsc#1111666)。

- drm/bridge:sii902x:ピクセルクロック単位は1Khzではなく10Khzです(bsc#1051510)。

- drm/bridge:tc358767:get_modes()でdisplay_propsを読み取ります(bsc#1051510)。

- drm/crc-debugfs:drm_crtc_add_crc_entryのユーザーirqsafeスピンロック(bsc#1051510)。

- drm/i915/cml:Comet Lake PCHを紹介します(jsc#SLE-6681)。

- drm/i915/icl:WaDisableBankHangModeを追加します(bsc#1111666)。

- drm/meson:XBGR8888 & ABGR8888フォーマットのサポートを追加します(bsc#1051510)。

- drm/msm/a3xx:スナップショットからTPL1 regsを削除します(bsc#1051510)。

- drm/msm:プローブ障害でプラットフォームを過疎化します(bsc#1051510)。

- drm/msm/mdp5:mdp5_cfg_initエラーリターンを修正します(bsc#1111666)。

- drm/nouveau/i2c:preinit中にi2cパッドおよびバスを有効にします(bsc#1051510)。

- drm/panel: simple:panel_simple_dsi_probeを修正します(bsc#1051510)。

- drm:copy_to_user()が失敗した場合に-EFAULTを返します(bsc#1111666)。

-drm/rockchip:adjusted_modeで真のクロックに適切に調整されます(bsc#1051510)。

- drm/udl:devをudlに変換するためのマクロを導入します(bsc#1111666)。

- drm/udl:埋め込みdrmデバイスをudlデバイスに移動します(bsc#1111666)。

- drm/udl:drm_dev_unrefをdrm_dev_putで置き換えます(bsc#1111666)。

- drm/vc4:async更新でfb参照を修正します(bsc#1141312)。

- drm/virtio:capsetキャッシュのメモリバリアを追加します(bsc#1051510)。

- drm / vmwgfx: sgリストのセグメントサイズ制限を順守します(bsc#1111666)。

- e1000e:リンクがアップした場合にのみネットワークtxキューを開始します(bsc#1051510)。

- eCryptfs:いくつかのタイプ昇格のバグを修正します(bsc#1051510)。

- EDAC:edac_mc_poll_msecを設定する際にグローバル範囲外の書き込みを修正します(bsc#1114279)。

- efi/bgrt:BGRTステータスフィールドの予約ビットチェックをドロップします(bsc#1051510)。

- intel-speed-selectドライバーを有効にし、supported.confを更新します(jsc#SLE-5364)

- ethtool:get_regs_lenの戻り値をチェックします(git-fixes)。

- ethtool:- 潜在的なユーザー空間のバッファオーバーフローを修正します(networking-stable-19_06_09)。

- firmware:ti_sci:ファームウェアからの応答を常にリクエストします(bsc#1051510)。

- asus-wmi quirk_entryフィールド追加のkABIを修正します(bsc#1051510)。

- sctp_process_initのメモリリークを修正します(networking-stable-19_06_09)。

- floppy:drive_nameの無効なポインターデリファレンスを修正します(bsc#1111666)。

- floppy:next_valid_formatの領域外読み取りを修正します(bsc#1111666)。

- fork、memcg:cached_stacksのケースを修正します(bsc#1134097)。

- fork、memcg:memcgの請求失敗によるfree_thread_stackのクラッシュを修正します(bsc#1134097)。

- fpga:intel stratix10 soc fpgaマネージャードライバーを追加します(jsc#SLE-7057)。

- fpga:stratix10-soc:s10_init()のメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(jsc#SLE-7057)。

- fpga:stratix10-soc:init関数の誤ったof_node_put()を修正します(jsc#jsc#SLE-7057)

- gpio:omap:ウェイクアップする前にirqを必ず有効にしてください(bsc#1051510)。

- gpu:ipu-v3:ipu-ic:TPMEMの飽和ビットオフセットを修正します(bsc#1111666)。

- HID:wacom:適切なタッチ解像度のx/yの誤字(bsc#1051510)。

- HID:wacom:generic:パッド同期を修正します(bsc#1051510)。

- HID:wacom:generic:LEDのあるデバイスでのみモードを切り替えます(bsc#1051510)。

- HID:wacom:generic:任意の機能レポートからHID_DG_CONTACTMAXを読み取ります(bsc#1051510)。

- hpet:hpet_time_div()でゼロによる分割を修正します(bsc#1051510)。

- hv_netvsc-Set-probe-mode-to-sync.patch:(bsc#1142083)。

- hwmon:(nct6775)レジスタアドレスを修正し、nct6106の許容差を追加しました(bsc#1051510)。

- IB/ipoib: デバイスが初期化された場合にのみ、親リストに子を追加します(bsc#1103992)。

- IB/mlx5:デュアルポートRoCEの2番目のポートのレポートカウンターを修正しました(bsc#1103991)。

- idr:idr_for_each_entry_ul()のオーバーフローケースを修正します(bsc#1109837)。

- iio:iio-utils:不適切なマスク計算の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- 入力:alps - ALPS cs19トラックポイントのみのデバイスを処理しません(bsc#1051510)。

- 入力:alps - 条件チェックとそのコメントの間の不一致を修正します(bsc#1051510)。

- 入力:elantech - 2台のThinkPadで中ボタンのサポートを有効にします(bsc#1051510)。

- 入力:imx_keypad - キーボードが常にシステムをウェイクアップできるようにします(bsc#1051510)。

- 入力:psmouse - 複数の定義のビルドエラーを修正します(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics - T480 ThinkPadトラックパッドでSMBUSを有効化します(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics - Lenovo T580のSMBus intertouchをホワイトリストに登録します(bsc#1051510)。

- 入力:tm2-touchkey - 輝度の設定がブロッキングコールであることを認めます(bsc#1129770)。

- 入力:trackpoint - Elan、ALPSおよびNXPに対して、サポートされているコントロールのみを公開します(bsc#1051510)。

- intel_th:msu:無効なIOMMUでのシングルモードを修正します(bsc#1051510)。

- intel_th:pci:Ice Lake NNPIサポートを追加します(bsc#1051510)。

- iommu-helper:iommu_is_span_boundaryをインラインとしてマークします(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- ipv4:ローカルトラフィックのrawソケット検索を修正します(networking-stable-19_05_14)。

- ipv4/igmp:igmpv3_del_delrec()における別のメモリリークを修正します(networking-stable-19_05_31)。

- ipv4/igmp:!CONFIG_IP_MULTICASTの場合にビルドエラーを修正します(networking-stable-19_05_31)。

- ipv4:whileループの__raw_v4_lookupに対するinet_iif()の戻り値を使用します(git-fixes)。

- ipv6:rawソケットをアドレスにバインドする際にsk_bound_dev_ifを考慮します(networking-stable-19_05_31)。

- ipv6:icmpv6およびhdrinclによるsendtoのEFAULTを修正します(networking-stable-19_06_09)。

- ipv6:flowlabel:fl6_sock_lookup()はatomic_inc_not_zeroを使用する必要があります(networking-stable-19_06_18)。

- ipv6:ipv4と同様に、inet->hdrinclに対してREAD_ONCE()を使用します(networking-stable-19_06_09)。

- iwlwifi:PCI構造体の名前の1つを修正します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:RF-Killでiwl_get_shared_mem_confを呼び出す際に警告しません(bsc#1111666)。

- iwlwifi:異なるRFモジュールで22000用のcfg構造体を修正します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:PCIデバイスID 0x34F0および11ac RFモジュールのあるデバイスを修正します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:iwl_req_fw_callback()でダブルフリーの問題を修正しました(bsc#1111666)。

- iwlwifi:gen2デバイスのためのFWロード中のRF-Kill割り込みを修正します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:mvm: 大きな非staフレームをドロップします(bsc#1111666)。

- iwlwifi:pcie: マスクされた割り込みをサービスしません(bsc#1111666)。

- iwlwifi:pcie: MSI-Xなしのgen2デバイスのALIVE割り込み処理を修正します(bsc#1111666)。

- hda_codec.relaxed_resumeフラグのkABI修正(bsc#1111666)。

- kABI:arm64で失われたiommu-helperシンボルを修正します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- kABI:基本的な保護された仮想化サポートによって行われたマスクの変更(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- kABI:保護された仮想化のswiotlbによって行われたマスクの変更(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- kABI:アダプタ割り込みのためにDMAメモリを使用することで行われるマスク変更(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- KABI:未使用のhcall定義を削除します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- kbuild:CONFIG_LIVEPATCHが有効な場合、-flive-patchingを使用します(bsc#1071995)。

- kernel:ラベル変換パフォーマンスをジャンプ(bsc#1137534 bsc#1137535 LTC#178058 LTC#178059)。

- kvm:arm64:ホストMDCR_EL2値のキャッシュを修正します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:VMID生成競合を解決します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:kvm_host_cpu_stateを静的なCPUごとの割り当てに変換します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:GICVウィンドウのリソースサイズチェックをドロップします(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:ブロックされた際のエミュレート物理タイマーからのIRQ消失を修正します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:ロックのない状態に戻すことで、VMID割り当ての競合を修正します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:CPU_PM_ENTER_FAILEDを処理します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:KVM initログの冗長性を軽減します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:kfree後にdist->spisをNULLに設定します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:変更がない場合にPMDエントリの更新をスキップします(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:変更がない場合にPTEエントリの更新をスキップします(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic:欠落しているirq_lockをvgic_mmio_read_pendingに追加します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic:vgic_its_destroyでのkvm_deviceの漏洩を修正します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic-its:vgic_copy_lpi_listの潜在的なオーバーランを修正します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic-its:memslotを解析する際にsrcuロックを取得します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic-its:ゲストメモリに書き込む際にsrcuロックを取得します(bsc#1133021)。

- kvm:arm/arm64:vgic-v3:v3上のv2を使用するゲストの同期を強化します(bsc#1133021)。

- kvm:kvm_gfn_to_hva_cache_initのラップアラウンドを許可しません(bsc#1133021)。

- kvm/Eventfd:特定のeventfdを同時に割り当て、割り当て解除する際のクラッシュを回避します(bsc#1133021)。

- kvm:mmu: kvm mmuページ制限計算のオーバーフローを修正します(bsc#1135335)。

- kvm:mmu: パブリックとプライベートのmemslotの間の重複を修正します(bsc#1133021)。

- kvm/mmu:struct kvm_archでの*_mmu_pagesの変更に対するkABIの修正(bsc#1135335)。

- kvm:ポーリング:ポーリングを無効にするアーキテクチャバックエンドを追加します(bsc#1119222)。

- kvm:VMのクリエイター以外のプロセスからのデバイスioctlを拒否します(bsc#1133021)。

- kvm:s390:デフォルトのポール停止時間を50usに変更します(bsc#1119222)。

- kvm:s390:CONFIG_HAVE_KVM_NO_POLLを有効にします(bsc#1119222)bsc#1119222に対してCONFIG_HAVE_KVM_NO_POLLを有効にする必要があります

- kvm:s390:パラメーターの説明の誤字を修正します(bsc#1119222)。

- kvm:s390:「lowcore」のkABI回避策(bsc#1119222)。

- kvm:s390:kvm_arch_no_poll関数を提供します(bsc#1119222)。

- kvm:svm/avic:AVICドアベルを自己に送信しません(bsc#1140133)。

- kvm:SVM:AMD Errata 1096の検出を修正します(bsc#1142354)。

- lapb:コントロールブロックの漏洩を修正しました(networking-stable-19_06_18)。

- libata:!ZAC ATAデバイスでセンスデータをリクエストしない(bsc#1051510)。

- libata:zpodd:zpodd_get_mech_type()に小さい読み出しオーバーフローを修正します(bsc#1051510)。

- lib/bitmap.c:bitmap_parselist()をスレッドセーフかつ高速にします(bsc#1143507)。

- libceph:osd_req_op_extent_osd_data_bvecs()を追加します(bsc#1141450)。

- libceph:linger_submit()でクッキーを割り当てます(bsc#1135897)。

- libceph:setup_request_data()の返信num_data_itemsをチェックします(bsc#1135897)。

- libceph:ceph_msg_data_add_pagelist()のpagelistでrefを消費しない(bsc#1135897)。

- libceph:ceph_msgpool_get()でceph_msg_new()へのフォールバックを有効にします(bsc#1135897)。

- libceph:ゼロレングスのデータ項目を処理します(bsc#1141450)。

- libceph:alloc_watch_request()を導入します(bsc#1135897)。

- libceph:BVECSデータ型を導入します(bsc#1141450)。

- libceph:ceph_pagelist_alloc()を導入します(bsc#1135897)。

- libceph:メッセージデータ項目を事前に割り当てます(bsc#1135897)。

- libceph、rbd:osd_req_op_cls_init()のエラー処理を追加します(bsc#1135897)。

- libceph、rbd、ceph:ceph_osdc_alloc_messages()呼び出しを移動します(bsc#1135897)。

- libceph、rbd:新しいbio処理コード(別名、biosのクローンを作成しない)(bsc#1141450)。

- libceph:cmp/setxattrに対して単一のリクエストデータ項目を使用します(bsc#1139101)。

- lib:___bitmap_parselist()でストールを修正します(bsc#1051510)。

- libnvdimm/namespace:ラベルトラッキングエラーを修正します(bsc#1142350)。

- libnvdimm/region:名前空間の前に不良ブロックを登録します(bsc#1143209)。

- lib/scatterlist:sg->offsetがPAGE_SIZEより大きい場合のマッピング反復子を修正します(bsc#1051510)。

- livepatch:信頼できるスタックトレースサポートの欠落に関する重複する警告を削除します(bsc#1071995)。

- livepatch:rqロック状態のデバッグメッセージに静的バッファを使用します(bsc#1071995)。

- llc:llc_build_and_send_ui_pkt()のskb漏洩を修正します(networking-stable-19_05_31)。

- mac80211:再構成フロー中に作業を開始しません(bsc#1111666)。

- mac80211:cfg80211_calculate_bitrate_he()内のレート報告を修正します(bsc#1111666)。

- mac80211:メッシュでvifダウンの前にピアキーを解放します(bsc#1111666)。

- mac80211:メッシュ:RCUの警告を修正します(bsc#1111666)。

- mac80211:chanctx_confがNULLである場合に1回だけ警告します(bsc#1111666)。

- macsec: 復号化後のチェックサムを修正します(bsc#1051510)。

- macsec: RX中のskbのメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(bsc#1051510)。

- macsec: lowdevがダウンしている場合でも、管理者にUP状態を設定させてください(bsc#1051510)。

- macsec: 下のデバイスが変更されたときにoperstateを更新します(bsc#1051510)。

- mailbox:失敗した名前付きメールボックスチャネルリクエストを処理します(bsc#1051510)。

- media: coda:V4L2_ENC_CMD_STOPの最後のバッファ処理を修正します(bsc#1051510)。

- media: coda:mpeg2シーケンス番号処理を修正します(bsc#1051510)。

- media: coda:最後に返されたフレームの増分シーケンスオフセット(bsc#1051510)。

- media: coda:不均衡で不必要なmutexロック解除を削除します(bsc#1051510)。

- media: cpia2_usb:まずウェイクアップし、切断状態で解放します(bsc#1135642)。

- media: dvb:usb:dvb_usb_device_exitのメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(bsc#1051510)。

- media: hdpvr:ロックと欠落したmsleepを修正します(bsc#1051510)。

- media: marvell-ccic:DMA s/g desc番号の計算を修正します(bsc#1051510)。

- media: media_device_enum_links32:予約フィールドを消去します(bsc#1051510)。

- media: s5p-mfc:追加のクロックをオプションにします(bsc#1051510)。

- media: spi:IR LED:テーブル登録の欠落を追加します(bsc#1051510)。

- media: staging:media:davinci_vpfe:- デコーダーの初期化に失敗した場合のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- media: v4l2:v4l2_ctrl_new_custom()でcfg->typeの代わりの試験タイプ(bsc#1051510)。

- media: vivid:ビデオモード設定時の不適切な割り当て操作を修正します(bsc#1051510)。

- media: vpss:潜在的なNULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1051510)。

- media: wl128x:fm_v4l2_init_video_device()での一部のエラー処理を修正します(bsc#1051510)。

- mei:バス:解放前にクライアントのリンクを解除する必要があります(bsc#1051510)。

- mei:me:denverton Innovation EngineのデバイスIDを追加します(bsc#1051510)。

- mei:me:geminiのlake devices idを追加します(bsc#1051510)。

- メモリ:tegra:ティック値の計算で整数オーバーフローを修正します(bsc#1051510)。

- memstick:memick_initのエラークリーンアップパスを修正します(bsc#1051510)。

- mfd:intel-lpss:IDAリソースをリリースします(bsc#1051510)。

- mips:dma_capableのoff-by-oneを修正します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- mlxsw:spectrum_dcb:最後のルールが削除された際のDSCPマップを構成します(bsc#1112374)

- mmc:sdhci-pci:NULLを使用する前に、カード検出の検索で「cd」を試行してください(bsc#1051510)。

- mm:migrate:__find_get_block()と移行間の参照チェック競合を修正します
(bnc#1137609)。

- mm/nvdimm:is_ioremap_addrを追加し、それを使用してioremapアドレスをチェックします(bsc#1140322 LTC#176270)。

- mm、page_alloc:HugePagesのhas_unmovable_pagesを修正します(bsc#1127034)。

- mm:NUMA_NO_NODEの全てのオープンエンコーディングを置換します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- mt7601u:デバイスが切断されている場合、rx_taskletをスケジュールしません(bsc#1111666)。

- mt7601u:デバイスが切断された際に起こる可能性のあるメモリリークを修正します(bsc#1111666)。

- neigh:pneigh_get_nextでメモリ解放後使用(Use After Free)の読み取りを修正します(networking-stable-19_06_18)。

- net/9p:プロトタイプ警告の欠落を修正するためにtrans_common.hを含めます(bsc#1051510)。

- net/af_iucv:HiperTransport用の適切なskbを構築します(bsc#1142221 LTC#179332)。

- net/af_iucv:HiperTransportのGFP_DMA制限を削除します(bsc#1142112 bsc#1142221 LTC#179334 LTC#179332)。

- net/af_iucv:HiperTransportのGFP_DMA制限を削除します(bsc#1142221 LTC#179332)。

- net:異様な緊急メッセージを回避します(networking-stable-19_05_21)。

- net:fec:failed_resetパスのclkの不一致を修正します(networking-stable-19_05_31)。

- netfilter:conntrack:emerge_dropでの次のバケット番号の計算を修正します(git-fixes)。

- net-gro:napi_gro_frags()でメモリ解放後使用(Use After Free)の読み取りを修正します(networking-stable-19_05_31)。

- net:hns3:一貫性のないインデントを修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:ICMP6の近隣の要請メッセージの破棄の問題を修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:KASANを修正します:hns_nic_net_xmit_hw()のメモリ解放後使用(Use After Free)(bsc#1140676)。

- net:hns:カッパーポートで失敗したループバックテストを修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:HNSドライバが初期化するとき、確率メモリの上書きを修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:符号なし比較をゼロ未満に修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:SMMUを有効にしてHNSドライバーを削除する際の警告を修正します(bsc#1140676)。

- net:hns:hnsドライバーに対してNAPI_POLL_WEIGHTを使用します(bsc#1140676)。

- net/mlx4_core:エラー印刷を情報印刷に変更します(networking-stable-19_05_21)。

- net/mlx4_en:ethtool、サポートされていないSFP EEPROM高ページクエリを削除します(networking-stable-19_06_09)。

- net/mlx5:kzallocを使用してroot nsメモリを割り当て、kfreeを一致させます(networking-stable-19_05_31)。

- net/mlx5:fs initエラーunwindパスでの二重解放を回避します(networking-stable-19_05_31)。

- net/mlx5e:Rx、新しいハードウェアのチェックサム計算を修正します(bsc#1127611)。

- net:mvneta:プローブのerrコードパスを修正します(networking-stable-19_05_31)。

- net:mvpp2:不適切なMVPP2_TXQ_SCHED_TOKEN_CNTR_REGキュー値を修正します(networking-stable-19_05_31)。

- net:openvswitch:register_netdevice()が失敗した場合にvportを解放しません(networking-stable-19_06_18)。

- net/packet:packet_set_ring()のメモリリークを修正します(git-fixes)。

- net:rds:rds_ib_flush_mr_poolでのメモリリークを修正します(networking-stable-19_06_09)。

- net:sock_getsockoptでの重複フェッチを削除します(networking-stable-19_07_02)。

- net:seaq:設定されていないdev.parentによるクラッシュを修正します(networking-stable-19_05_14)。

- net:stmmac:新しいシステム時間の秒の値の計算を修正しました(networking-stable-19_07_02)。

- net:stmmac:リセットgpio解放の欠落を修正します(networking-stable-19_05_31)。

- net:stmmac:HWタイムスタンプのあるフレームを送信する際にICビットを設定します(networking-stable-19_07_02)。

- net/tls:netemによるフォールバックでのソケットwmemアカウンティングを修正します(bsc#1109837)。

- net/tls:オフロードでもキーがワイプされるようにします(bsc#1109837)。

- net:usb:qmi_wwan:Telit 0x1260および0x1261コンポジションを追加します(networking-stable-19_05_21)。

- nfc:潜在的な違法なメモリアクセスを修正します(bsc#1051510)。

- nvme:不適切なサブシステムの解放によって引き起こされるメモリリークを修正します(bsc#1143185)。

- nvme:接続エラーフローで発生する可能性があるメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(bsc#1139500)

- nvme:接続エラーフローで発生する可能性があるメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(bsc#1139500、bsc#1140426)

- ocfs2:locking_stateに最初のロック待機時間を追加します(bsc#1134390)。

- ocfs2:locking_stateに最後のアンロック時間を追加します(bsc#1134390)。

- ocfs2:ロックフィルターdebugfsファイルを追加します(bsc#1134390)。

- p54usb:切断とファームウェアロードの間の競合を修正します(bsc#1111666)。

- packet: packet_initのエラーパスを修正します(networking-stable-19_05_14)。

- packet: recvmsg msg_nameで少なくともsizeof sockaddr_llを返します(git修正)。

- PCI/AER:キャッシュされたAER機能オフセットを使用します(bsc#1142623)。

- PCI:driver_overrideによるプローブを常に許可します(bsc#1051510)。

- PCI:hv:ドライバーをアンロードする際にhv_pci_remove_slots()を追加します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:必要に応じて、pci_devices_present_work()にpci_destroy_slot()を追加します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:hv_eject_device_work()でのメモリリークを修正します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:hv_eject_device_work()のメモリ解放後使用(Use After Free)のバグを修正します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:hv_pci_remove_slots()を早期に呼び出すことによるパニックを修正します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:hv_pci_assign_slots()の戻り値チェックを修正します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:refcountハンドラーの未使用の理由を削除します(bsc#1142701)。

- PCI:hv:スロット情報としてのシリアル番号のレポートをサポートします(bsc#1142701)。

- PCI/P2PDMA:dma_virt_opsのチェックの欠落を修正します(bsc#1111666)。

- PCI/PM:PCIeポートに対してSMART_SUSPENDおよびLEAVE_SUSPENDEDフラグを使用します(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:AERとDPCの割り込みメッセージ番号のマスクに対して#definesを追加します(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:コメントを統合します(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:compatモードでポートドライバーを無効にします(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:pcie_portdrv_err_handler.slot_resetを削除します(bsc#1142623)。

- PCI:portdrv:スロットリセットでPCI構成状態を復元します(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:サブトラクティブデコードブリッジのPCIeサービスをサポートします(bsc#1142623)。

- PCI/portdrv:通常のデバイスIDテーブルフォーマットを使用します(bsc#1142623)。

- PCI:qcom:PERSTが少なくとも100 msアサートされるようにします(bsc#1142635)。

- PCI:VFをプローブできない場合にエラーを返します(bsc#1051510)。

- PCI:xilinx-nwl:マルチMSIデータプログラミングを修正します(bsc#1142635)。

- pinctrl:pistachio:漏洩したof_node参照を修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:rockchip:漏洩したof_node参照を修正します(bsc#1051510)。

- pkey:過去と現在のmkvpが異なる場合のみ、古いmkvpを示します(bsc#1137827 LTC#178090)。

- pktgen:スレッドロックを保持したままスリープしません(git-fixes)。

- platform/x86:asus-nb-wmi:Zenbook UX430UQのALSをサポートします(bsc#1051510)。

- platform/x86:asus-wmi:ECにasus_nb_wmiからの表示ホットキーを処理するよう指示するだけです(bsc#1051510)。

- platform/x86:intel_turbo_max_3:HWPプラットフォームの制限を削除します(jsc#SLE-5439)

- platform/x86:ISST:ioctlを登録および処理するための共通APIを追加します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:Intel Speed SelectメールボックスインターフェイスをMSRで追加します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:Intel Speed SelectメールボックスインターフェイスをPCIで追加します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:Intel Speed Select mmioインターフェイスを追加します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:Intel Speed Select PUNIT MSRインターフェイスを追加します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:IOCTLを追加してLinuxの論理CPUをPUNIT CPU番号に変換します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:再開時に状態を復元します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:ISST:CPUごとの情報を保存します(jsc#SLE-5364)。

- platform/x86:pmc_atom:CB4063 Beckhoff Automationボードをcritclk_systems DMIテーブルに追加します(bsc#1051510)。

- powerpc/64s:POWER9 DD1サポートを削除します(bsc#1055117、LTC#159753、git-fixes)。

- powerpc/crypto:crc-vpmsumのセルフテストに、より安値の乱数を使用します()。

- powerpc/kdump:crashkernelのメモリ予約の失敗を処理します(bsc#1143466 LTC#179600)。

- powerpc/mm:関数プロトタイプを変更します(bsc#1055117)。

- powerpc/mm:numa_enableチェックとmin_common_depthチェックを統合します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/mm/drconf:失敗時にNUMA_NO_NODEをノード0の代わりに使用します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/mm:numa = offブートでのノード検索を修正します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/mm/hash/4k:4Kページサイズのvmemmapに64Kページサイズを使用しないでください(bsc#1142685 LTC#179509)。

- powerpc/mm/hugetlb:__ptep_set_access_flagsを直接呼び出すようにhuge_ptep_set_access_flagsを更新します(bsc#1055117)。

- powerpc/mm/nvdimm:altmapブロックの割り当てに失敗した場合に通知メッセージを追加します(bsc#1142685 LTC#179509)。

- powerpc/mm/radix:ネストのMMUハングを処理するためにpte緩和シーケンスを変更します(bsc#1055117)。

- powerpc/mm/radix:radix.hからpgtable-radix.cへ関数を移動します(bsc#1055117)。

- powerpc/mm/radix:vmemmapマッピングに適切なページサイズを使用します(bsc#1055117 bsc#1142685 LTC#179509)。

- powerpc/nvdimm:メタデータのマルチバイト読み取り/書き込みサポートを追加します(bsc#1142685 LTC#179509)。

- powerpc/papr_scm:初期scm-bindが失敗した場合にscm-unbindを強制します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/papr_scm:H_SCM_UNBIND_ALLを使用するためにdrc_pmem_unbind()を更新します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/pseries:xive = offコマンドラインを修正します(bsc#1085030、git-fixes)。

- powerpc/pseries/scm:キャッシュフラッシュが必要ない場合に領域をvolatileにマークします(bsc#1142685 LTC#179509)。

- powerpc/pseries:hvcall.hのSCM hcall op-codesを更新します(bsc#1140322 LTC#176270)。

- powerpc/watchpoint:例外から戻る際にNV GPRを復元します(bsc#1140945 bsc#1141401 bsc#1141402 bsc#1141452 bsc#1141453 bsc#1141454 LTC#178983 LTC#179191 LTC#179192 LTC#179193 LTC#179194 LTC#179195)。

- ppc:mmuのコンテキスト割り当てを新しいIDA APIに変換します(bsc#1139619 LTC#178538)。

- ppp:deflate:deflate_initで発生する可能性のあるクラッシュを修正します(networking-stable-19_05_21)。

- qed:CONFIG_DEVLINKなしのビルドエラーを修正します(bsc#1136460 jsc#SLE-4691 bsc#1136461 jsc#SLE-4692)。

- qed:-Wmaybe-uninitializedの誤検出を修正します(bsc#1136460 jsc#SLE-4691 bsc#1136461 jsc#SLE-4692)。

- qlge:lbq_buf_sizeの重複を排除します(bsc#1106061)。

- qlge:rxバッファキュー管理の重複を排除します(bsc#1106061)。

- qlge:重複する表現を取り除きます(bsc#1106061)。

- qlge:dma_sync_single呼び出しを修正します(bsc#1106061)。

- qlge:INTxモードでのirqマスクを修正します(bsc#1106061)。

- qlge:空のバッファキューをwqからリフィルします(bsc#1106061)。

- qlge:16の倍数にrxバッファをリフィルします(bsc#1106061)。

- qlge:bq_desc.maplenを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:irq_cntを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:page_chunk.last_flagを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:qlge_bq.len & sizeを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:rx_ring.sbq_buf_sizeを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:rx_ring.typeを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:役に立たないdma同期呼び出しを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:役に立たないmemsetを削除します(bsc#1106061)。

- qlge:memsetを割り当てで置き換えます(bsc#1106061)。

- qlge:oomにもかかわらずバッファキューprodインデックスを更新します(bsc#1106061)。

- rbd:statリクエストに対してobj_req->pagesを使用(悪用)しません(bsc#1141450)。

- rbd:rbd_img_obj_parent_read_full()でNULL出力->obj_requestは行いません(bsc#1141450)。

- rbd:img_req->copyup_pagesを取り除きます(bsc#1141450)。

- rbd:bvecデータ記述子に生のページから移動します(bsc#1141450)。

- rbd:バイオクローニングヘルパーを削除します(bsc#1141450)。

- rbd:0ではなく1でenumsを開始します(bsc#1141450)。

- rbd:rbd_ rbd_img_request_create()でkmem_cache_zalloc()を使用します(bsc#1141450)。

- RDMA/odp:ノンブロッキングinvalidate_startで見逃されたロック解除を修正しました(bsc#1103992)。

- RDMA/srp:ポート番号を持たない送信元アドレスを再び受け入れます(bsc#1103992)。

- RDMA/srp:srp_parse_in()引数をドキュメント化します(bsc#1103992)。

- RDMA/uverbs:uapi_add_elm()で割り当て失敗のチェックをします(bsc#1103992)。

- RDS:IB:「ERR_PTR()にゼロを渡す」警告を修正します(git-fixes)。

- patches.drivers/0001-PCI-pciehp-Unify-controller-and-slot-structs.patchをリフレッシュします。(bsc#1141558)

- regmap:ページレジスタのバルク書き込みを修正します(bsc#1051510)。

-「bcache:bch_cached_dev_error()にCACHE_SET_IO_DISABLEを設定します」を元に戻します(bsc#1140652)。

-「bcache:bch_cached_dev_error()にCACHE_SET_IO_DISABLEを設定します」を元に戻します(bsc#1140652)。

-「e1000e:アクティブなtxでのリンクアップでの循環リセットを修正します」を元に戻します(bsc#1051510)。

-「livepatch:klp_try_switch_task()で信頼性の高いスタックトレースのチェックを外します」を元に戻します(bsc#1071995)。

-「serial:8250:割り込みが無効な場合はRX FIFOをサービスしません」を元に戻します(bsc#1051510)。

- rtlwifi:rtl8192cu:usbプローブが失敗したときのエラーハンドルを修正します(bsc#1111666)。

- rtnetlink:link-netnsidのあるリンクに対して、常にIFLA_LINKを設定します(networking-stable-19_05_21)。

- s390:アライメントのヒントをベクトルのロードと保存に追加します(jsc#SLE-6907 LTC#175887)。

- s390/airq:アダプタ割り込みのためにDMAメモリを使用します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390/cio:基本的な保護された仮想化サポートを追加します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390/cio:DMAプールをcioに導入します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390/cpum_cf:ctr_stcctm()関数を追加します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:カウンター測定用の最小限のカーネル内インターフェイスを追加します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:CPU-MF SVN 6のサポートを追加します(jsc#SLE-6904)

- s390/cpum_cf_diag:CPU-MF SVN 6のサポートを追加します(jsc#SLE-6904)

- s390/cpum_cf_diag:s390カウンター機能診断トレースのサポートを追加します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:kernel_cpumcf_alert()を導入して、測定アラートを取得します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:kernel_cpumcf_avail()関数を導入します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:カウンターセットコントロールを新しいヘッダーファイルに移動します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:カーネル内カウンター測定の準備をします(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpum_cf:CPUごとのカウンター機能の構造と変数の名前を変更します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpumf:モデル8561および8562の拡張カウンターセット定義を追加します(bsc#1142052 LTC#179320)。

- s390/cpu_mf:ストアCPUカウンターの複数命令のサポートを追加します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpumf:check_processor_idからの警告を修正します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpu_mf:struct cpu_cf_eventsおよびCPUごとの変数をヘッダーファイルに移動します(jsc#SLE-6904)。

- s390/cpu_mf:stcctm5()をstcctm()関数に置換します(jsc#SLE-6904)。

- s390/dma:適切なARCH_ZONE_DMA_BITS値を提供します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390/mm:保護された仮想化のswiotlbを強制します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390/qdio:QEBSMデバイスのPENDING状態を処理します(bsc#1142117 bsc#1142118 bsc#1142119 LTC#179329 LTC#179330 LTC#179331)。

- s390/qdio:QEBSMデバイスのPENDING状態を処理します(bsc#1142119 LTC#179331)。

- s390/qeth:ドロップモニターに使いやすくなりました(bsc#1142115 LTC#179337)。

- s390/qeth:ドロップモニターに使いやすくなりました(bsc#1142220 LTC#179335)。

- s390:使用していないdma_capableヘルパーを削除します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- s390:新しいCPU機能をレポートします(jsc#SLE-6907 LTC#175887)。

- s390/vtime:時間指数移動平均を盗みます(bsc#1119222)。

- s390/zcrypt:コントロールドメインCPRBに対する間違ったディスパッチを修正します(bsc#1137811 LTC#178088)。

- scsi:bnx2fc:probe()のエラー処理を修正します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703)。

- scsi:bnx2fc:シフト操作でのu64への不適切なキャストを修正します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703)。

- scsi:bnx2fc:エラー処理でのNULL逆参照を修正します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703)。

- scsi:bnx2fc:設定されているが未使用の変数「oxid」を削除します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703 )。

- scsi:bnx2fc:不要な変数を削除します(bsc#1136502 jsc#SLE-4703)。

- scsi:cxgb4i:wait_for_completion()を追加します(jsc#SLE-4678 bsc#1136342)。

- SCSI:cxgbi:KABI:ハンドル完了などを修正します(jsc#SLE-4678 bsc#1136342)。

- scsi:cxgbi:skbでの冗長な__kfree_skb呼び出しを削除し、cst->atidを解放します(jsc#SLE-4678 bsc#1136342)。

- scsi:fc:FPIN ELS定義を追加します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi/fc:新しいELS_FPIN定義に対するkABIの修正(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:ibmvfc:イベントプールリリース中にWARN_ONを修正します(bsc#1137458 LTC#178093)。

- scsi:libcxgbi:MACアドレスでcxgbiデバイスを検索します(bsc#1136352 jsc#SLE-4687)。

- scsi:libcxgbi:初期化されていない変数lenを削除します(bsc#1136352 jsc#SLE-4687)。

- scsi:libcxgbi:ルート発見ロジックを更新します(bsc#1136352 jsc#SLE-4687)

- scsi:lpfc:トランキングモードにループバックテストを追加します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:FPIN受信でのFCイベントのポスティングのサポートを追加します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:switch/caseフォールスルーに注釈をつけます(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:初期化されていない変数の警告を回避します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:受信したABTSを処理する際に、IOのキューに入れられた作業をキャンセルします(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:smp_processor_id()をraw_smp_processor_id()に変更します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ブートストラップmbxポーリングをmsleepからudelayに変換します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:アダプターエラー処理をオフライン処理と調整します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:FDMI登録に対するブートbios情報を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:localportタイムアウト期間エラーを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:__lpfc_sli_issue_iocb_s4 lockdepチェックを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmetバッファ解放の競合状態を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ローカル関数を「static」として宣言します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:6072ログ文字列を強化します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:32ビット書式文字列の警告を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:少数のインデント問題を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:oas lun作成でのallocコンテキストを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:最近導入されたコンパイラの警告を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:DIXを有効化した際のBFSクラッシュを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ビルドエラーを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:dma_set_mask_and_coherent()への呼び出しを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:hbalock呼び出しのネストによるデッドロックを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ターゲットリセットハンドラーでのドライバーのクラッシュを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:重複するログメッセージ番号を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:kcalloc()が失敗する場合のエラーコードを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_pci_mem_setup()のエラーコードを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:FDMIのfc4type情報を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lunリセット時のfcp_rsp_lenチェックを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmeサポートのFDMI fc4typeを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:FDMI製造元属性値を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:トランクリンク状態の報告の処理を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:scsi_cmd_iocb_cmplのhardlockupを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:シンボル名のHDMI2登録文字列を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:リンクダウン時のトランク上の不適切な論理リンク速度を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:インデントとバランスブレースを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ホストリセットで失われたioを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:smp_processor_id()に関連するカーネル警告を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:4リンクトランクのリンク速度レポートを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:SCSI ktimeカウンターの場所を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:0の場合のlpfc_nvmet_mrq属性の処理を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:アダプターinitでのメールボックスのハングアップを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_eq_createからの異常終了パスのメモリリークを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:中止スレッドでのウェイクアップの欠落を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmetの非同期受信バッファの補充を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:最初のcmdのnvmet処理を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:マッピングされていないフレームに対して受信したABTSのnvmet処理を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmetターゲット中止cmdマッチングを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ドライバーが1つの割り込みベクトルでロードされたときのoopsを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:irqベクトルがより少ない場合のハードウェアキューの不適切な使用を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:G6およびG7アダプターのプロトコルサポートを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:PT2PT PLOGI衝突が発見を停止する問題を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:SLI4デバイスで発行されているSLI3コマンドを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:未使用の変数警告を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:eq_clr_intr参照を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:メモリ解放後使用(Use After Free)メールボックスcmdの完了を修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_oas_verifyを静的にします(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ヘッダーファイルから.cファイルにtrunk_errmsg[]を移動します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmet LS処理における「メモリ解放後使用(Use After Free)」メモリの上書きを防止します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_queueのメモリフットプリントを削減します(bsc#1136217、sc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:設定されているが未使用の変数「phys_id」を削除します(bsc#1136217、sc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:設定されているが未使用の変数を削除します(bsc#1136217、jsc#SLE-472)。

- scsi:lpfc:未使用の関数を削除します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_scsi_cmd_iocb_cmplのhdwqの一貫性のないチェックを解決します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_io_freeのirq-unsafe lockdep階層の警告を解決します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_hba_unsetの静的チェッカーの警告を解決します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:サポートされていないトポロジーでのメッセージロギングを戻します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:アダプターが応答しないことによる反応停止のメッセージを修正します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:作り直しの誤解を招くnvmeがファームウェアメッセージでサポートされません(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:nvmet_fcアップコールのための個別のCQ処理(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:キューのメモリ割り当てにノードアフィニティを指定します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:pciエラーが検出された場合はアダプターを停止します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:ドライバーバージョンでコピーライトを更新します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfcバージョンを12.2.0.1に更新します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:lpfcバージョンを12.2.0.3に更新します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:lpfc:dma_set_mask_and_coherentを使用します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:mpt3sas:HBAごとにsmpアフィニティを決定します(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:msixロードバランスのオンとオフの設定を修正します(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:sysでドライバーオプションを見えるようにします(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:想定されるスイッチのフォールスルーをマークします(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:perf_modeを特定するためのCPU archチェックを削除します(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:SAS35 HBAで63ビットDMAアドレス指定を使用します(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:最大ではなく、構成済みのPCIeリンク速度を使用します(bsc#1143738)。

- scsi:mpt3sas:DEVICE_ATTR_(RO、RW)を使用してください(bsc#1143738)。

- scsi:qedf: io_req->sc_cmdの有効性チェックを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:消去できなかったio_reqのデバッグに役立つフラグを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:ロギングレベルを表示するためのコメントを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:ドライバーの状態を「driver_stats」debugfsノードに追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:アンダーランデバッグメッセージにLBAを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:fcportオフロードチェックのqedf_post_io_req()に欠落していたリターンを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:qedf_scsi_done()に欠落していたリターンを追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:fcportのport_idをOpensin_cleanupデバッグメッセージに追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:scsi_add_hostが失敗した場合にログメッセージに戻り値を追加します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:MSI-Xロードのエラーメッセージを変更します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:クリア仮想リンクをサービスする前にFCFとファブリックIDの両方をチェックします(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:fcoe_libfc_configの失敗をチェックします(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:クリーンアップ中にcmd_typeではなくtm_flagsをチェックします(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:start_xmitの戻り値をチェックします(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:QEDF_CMD_OUTSTANDINGをクリアした後にrrq_workをクリーンアップします(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:rdataの参照カウントを正しく処理します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:アップロードが進行中の場合は何もキューしません(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:実行シナリオでABTSを送信しません(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:fc_rport_priv参照カウントの修正(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:lportが初期化されていない警告を使用する可能性を修正します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:scsi_add_hostが失敗した場合のログメッセージ(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:中止およびtmfハンドラーを変更し、エッジ状態とフラッシュを処理します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:フラッシュルーチンを変更し、すべてのI/OおよびTMFを処理します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:アップロードタイムアウトの待機でfcport情報を印刷します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:コマンドがまだ使用中の場合、良好な補完パスにscsi_cmdバックポインターを出力します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:nfuncに対するmemset/memcpyを削除し、代わりにfuncを使用します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qedf:設定されているが未使用の変数「fr_len」を削除します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694 )。

- scsi:qedf:設定されているが未使用の変数を削除します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694 )。

- scsi:qedf:ドライバーのバージョンを8.37.25.19に更新します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694 )。

- scsi:qedf:ドライバーのバージョンを8.37.25.20に更新します(bsc#1136467 jsc#SLE-4694 )。

- scsi:qedf:soft ctxリセット中のアップロードおよびリンクダウン処理を待ちます(bsc#1136467 jsc#SLE-4694)。

- scsi:qla2xxx:初期化されていないプールリストでクラッシュしません(boo#1138874)。

- scsi:scsi_transport_fc:FPIN fcイベントコードを追加します(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- scsi:scsi_transport_fc:リファクタリングイベントポスティングルーチン(bsc#1136217、jsc#SLE-4722)。

- sctp:認証shkeyが正常に作成された後にskを保留するように変更します(networking-stable-19_07_02)。

- sctp:新しいものをmemdupする前にクッキーを解放します(networking-stable-19_06_18)。

- sctp:silenceは、sctp_stream_initの割り当てについて警告します(bsc#1083710)。

- serial:8250:TX割り込み処理状態を修正します(bsc#1051510)。

- serial:uartps:マクロに末尾のセミコロンを追加しません(bsc#1051510)。

- serial:uartps:80文字を超える長い行を修正します(bsc#1051510)。

- serial:uartps:複数の行のデリファレンスを修正します(bsc#1051510)。

- serial:uartps:cdns_uart_poll_put_charから役に立たない戻り値を削除します(bsc#1051510)。

- staging:comedi:amplc_pci230:割り込み時のNULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1051510)。

- staging:comedi:dt282x:割り込み時のNULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1051510)。

- staging:rtl8712:再びスタック使用率を削減します(bsc#1051510)。

- sunhv:sunhv_consoleとsunhv_regの間のデバイス名前付けの不一致を修正します(networking-stable-19_06_18)。

- tcp:tcp_set_congestion_control()のbpfフックからの使用を修正します(bsc#1109837)。

- tcp:tcp_fastretrans_alert()の冗長性を減らします(git-fixes)。

- team:vlan txオフロードを常に有効にします(bsc#1051510)。

- tipc:register_pernet_deviceを使用するように変更しました(networking-stable-19_07_02)。

- tools:bpftool:powerpcのjsonダンプクラッシュを修正します(bsc#1109837)。

- tools:bpftool:cgroupエラーで正しい引数を使用します(bsc#1109837)。

- tools/power/x86:Intel Speed Selectコマンドを検証するツール(jsc#SLE-5364)。

- tracing: トレースイベントヘッダーのヘッダーインクルードガードを修正します(bsc#1144474)。

- tty/ldsem、locking/rwsem:欠落しているACQUIREをread_failedスリープループに追加します(bsc#1051510)。

- tty:max310x:無効なボーレート除数計算機を修正します(bsc#1051510)。

- tty:rocket:「rp_init()」の間違った前方宣言を修正します(bsc#1051510)。

- tty:serial_core:uart_port_activateでポートアクティブビットを設定します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:cpm_uart - SMCの再配置時のinitを修正します(bsc#1051510)。

- tty/serial:digicolor:digicolor-usartがすでに登録した警告を修正します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:msm_serial:システムのロックアップ状態を回避します(bsc#1051510)。

- tua6100:ビルド警告を修正します(bsc#1051510)。

- tuntap:tun->numqueuesの代わりにtfiles配列を介して同期します(networking-stable-19_05_14)。

- tun:IFF_UPの設定後にwaitqueueをウェイクアップします(networking-stable-19_07_02)。

- patches.arch/powerpc-pseries-Fix-xive-off-command-line.patchを更新します(bsc#1085030、bsc#1144518、LTC#178833)。

- Referencesフィールドをpatches.suse/に更新します0275-bcache-never-writeback-a-discard-operation.patch(bsc#1130972、bsc#1102247)。

- usb:コア:hub:ハブが開始したU1/U2を無効にします(bsc#1051510)。

- usb:gadget:ether:gether_disconnectとrx_submitの間の競合を修正します(bsc#1051510)。

- usb:gadget:fusb300_udc:fusb300->ep[i]のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- usb:gadget:udc:lpc32xx:GFP_ATOMICで記述子を割り当てます(bsc#1051510)。

- usb:LPM対応デバイスのUSB3リモートウェイクアップを適切に処理します(bsc#1051510)。

- usb:pci-quirks:AMD PLC quirk検出を修正します(bsc#1051510)。

- USB:シリアル:ftdi_sio:isodebug v1のIDを追加します(bsc#1051510)。

- USB:シリアル:オプション:GosunCn ME3630 RNDISモードのサポートを追加します(bsc#1051510)。

- usb:wusbcore:get/put cluster_idのバランスが崩れる問題を修正します(bsc#1051510)。

- virtio/s390:インジケーターアクセスに間接参照を追加します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- virtio/s390:virtio-ccwのDMAサポート(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- virtio/s390:airqサマリーインジケーターをDMAにします(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- virtio/s390:キャッシュラインに配置されたairqビットベクトルを使用します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- virtio/s390:ccw I/Oおよびクラシック通知機能にDMAメモリを使用します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- virtio/s390:vring_create_virtqueueを使用します(jsc#SLE-6197 bsc#1140559 LTC#173150)。

- VMCI:VMCIハンドル配列の整数オーバーフローを修正します(bsc#1051510)。

- vrf:vrf netdevがリンクの場合、sit mtuを更新すべきではありません(networking-stable-19_05_14)。

- vsock/virtio:ソケットのリリース時に無料のパケット(networking-stable-19_05_21)。

- vsock/virtio:ピアのシャットダウン時にSOCK_DONEを設定します(networking-stable-19_06_18)。

- wil6210:wmi_callタイムアウト後に古いイベントをドロップします(bsc#1111666)

- wil6210:領域外書き込みの可能性を修正します(bsc#1051510)。

- wil6210:3-msiの偽の割り込みを修正します(bsc#1111666)。

- x86、mm:ハイパーベースのTLBフラッシュによる高速GUPを修正します(VM機能、 bsc#1140903)。

- xdp:cqエントリの漏洩の可能性を修正します(bsc#1109837)。

- xdp:汎用受信パスの競合を修正します(bsc#1109837)。

- xdp:ゼロコピーモードに関係なくumemに対してデバイスを保留します(bsc#1109837)。

- xen:メモリの空き容量が十分でない場合、alloc_xenballooned_pages()を失敗させます(bsc#1142450 XSA-300)。

- xfs: xattr listentバッファをオーバーフローしません(bsc#1143105)。

- xprtrdma:rpcrdma_post_recvsのメモリ解放後使用(Use After Free)を修正します(bsc#1103992)。

- xsk:xskq_produce_flush_descで割り当てを適切に終了します(bsc#1109837)。

ソリューション

影響を受ける Linux カーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1051510

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1055117

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1071995

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1083647

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1083710

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1085030

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1086103

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1102247

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1103991

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1103992

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1104745

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1106061

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1109837

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1111666

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1112374

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1114279

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1119222

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1123959

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1127034

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1127315

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1127611

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1129770

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1130972

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1131281

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1133021

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134090

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134097

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134390

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134399

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1135335

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1135642

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1135897

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136217

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136342

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136352

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136460

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136461

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136467

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1136502

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137458

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137534

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137535

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137584

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137609

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137811

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137827

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1138874

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1139101

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1139358

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1139500

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1139619

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140133

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140139

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140322

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140426

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140559

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140652

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140676

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140903

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140945

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141312

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141401

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141402

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141450

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141452

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141453

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141454

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141478

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141558

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142023

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142052

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142083

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142112

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142115

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142117

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142118

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142119

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142220

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142221

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142254

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142265

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142350

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142351

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142354

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142359

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142450

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142623

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142635

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142673

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142685

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142701

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142857

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142868

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143003

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143045

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143105

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143185

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143189

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143191

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143209

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143466

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143507

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1143738

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1144474

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1144518

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 128011

ファイル名: openSUSE-2019-1923.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/8/20

更新日: 2020/2/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-14283

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-docs-html, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-macros, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-qa, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/16

脆弱性公開日: 2019/5/7

参照情報

CVE: CVE-2018-20855, CVE-2019-10207, CVE-2019-1125, CVE-2019-11810, CVE-2019-13631, CVE-2019-13648, CVE-2019-14283, CVE-2019-14284