Check Point Gaiaオペレーティングシステム管理者パスワードの切り捨て(sk155172)

critical Nessus プラグイン ID 128149

概要

リモートホストに、ベンダー提供のセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストは、脆弱性の影響を受けるGaiaオペレーティングシステムのバージョンを実行しています。ファームウェアR77.20.85、R77.20.86、またはR77.20.87(ビルド990172921より前)のインストール中にパスワードを設定した管理者は、最初の8文字のみを使用してSMBアプライアンスを認証できます。これは、影響を受けるファームウェアバージョンの使用中に作成または変更された管理者パスワードは、以前のバージョンよりも弱いパスワードハッシュアルゴリズムが適用されるためです。Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリで参照されている関連パッチと修正を適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bc4c9338

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 128149

ファイル名: check_point_gaia_sk155172.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2019/8/26

更新日: 2019/8/26

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: Score based on analysis of effect of the vulnerability.

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: manual

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:check_point:gaia_os

必要な KB アイテム: Host/Check_Point/version, Host/Check_Point/model, Settings/ParanoidReport

パッチ公開日: 2019/5/12

脆弱性公開日: 2019/6/26