Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のexiv2(20190806)

high Nessus プラグイン ID 128216

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

次のパッケージが新しいアップストリームバージョンにアップグレードされました:
exiv2(0.27.0)。

セキュリティ修正プログラム:

- exiv2: src/iptc.cppのExiv2: : IptcData: : printStructureにおけるヒープバッファオーバーフロー(CVE-2017-17724)

- exiv2: image.cppのExiv2: : Internal: : stringFormatにおける領域外読み取り(CVE-2018-8976)

- exiv2: canonmn_int.cppのExiv2: : Internal: : printCsLensFFFF関数における無効なメモリアクセス(CVE-2018-8977)

- exiv2: iptc.cのIptcData: : printStructureにおける領域外読み取り(CVE-2018-9305)

- exiv2: pngimage.cppでのOOB読み取り:tEXtToDataBuf()は、細工されたファイルを経由してクラッシュさせる可能性があります(CVE-2018-10772)

- exiv2: types.cpp: Exiv2: : Internal: : PngChunk: : zlibUncompress()のメモリ割り当てによって引き起こされるSIGABRT(CVE-2018-10958)

- exiv2: 不適切なSafe: : add呼び出しによってによって引き起こされるSIGABRT(CVE-2018-10998)

- exiv2: 細工されたファイルを介した情報漏洩(CVE-2018-11037)

- exiv2: Preview.cppのgetData関数における整数オーバーフロー(CVE-2018-12264)

- exiv2: preview.cppのLoaderExifJpegクラスにおける整数オーバーフロー(CVE-2018-12265)

- exiv2: webpimage.cppのWebPImage: : decodeChunksにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2018-14046)

- exiv2: アプリケーションクラッシュを引き起こすvalue.cppのExiv2: : DataValue: : copyにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2018-17282)

- exiv2: サービス拒否を引き起こすcrwimage_int.cppのCiffDirectory: : readDirectory()におけるスタックオーバーフロー(CVE-2018-17581)

- exiv2: image.cppのExiv2: : Image: : printIFDStructure関数における無限ループ(CVE-2018-18915)

- exiv2: iptc.cppのExiv2: : IptcParser: : decodeにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2018-19107)

- exiv2: psdimage.cppのExiv2: : PsdImage: : readMetadataにおける無限ループ(CVE-2018-19108)

- exiv2: pngchunk_int.cppのPngChunk: : readRawProfileにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2018-19535)

- exiv2: easyaccess.cppのExiv2: : isoSpeedにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2018-19607)

- exiv2: サービス拒否を引き起こすExiv2: : tEXtToDataBuf関数におけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2018-20096)

- exiv2: Exiv2: : Internal: : TiffParserWorker: : findPrimaryGroups関数におけるセグメンテーション違反(CVE-2018-20097)

- exiv2: サービス拒否を引き起こすExiv2: : Jp2Image: : encodeJp2Headerにおけるヒープベースのバッファオーバーリード(CVE-2018-20098)

- exiv2: サービス拒否を引き起こすExiv2: : Jp2Image: : encodeJp2Headerにおける無限ループ(CVE-2018-20099)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b4e5e408

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 128216

ファイル名: sl_20190806_exiv2_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/8/27

更新日: 2020/2/24

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:exiv2, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:exiv2-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:exiv2-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:exiv2-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:exiv2-libs, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/6

脆弱性公開日: 2018/2/12

参照情報

CVE: CVE-2017-17724, CVE-2018-10772, CVE-2018-10958, CVE-2018-10998, CVE-2018-11037, CVE-2018-12264, CVE-2018-12265, CVE-2018-14046, CVE-2018-17282, CVE-2018-17581, CVE-2018-18915, CVE-2018-19107, CVE-2018-19108, CVE-2018-19535, CVE-2018-19607, CVE-2018-20096, CVE-2018-20097, CVE-2018-20098, CVE-2018-20099, CVE-2018-8976, CVE-2018-8977, CVE-2018-9305