Check Point Gaiaオペレーティングシステムにおけるデフォルトのパスワードを使用したオープンインターフェイス(sk145612)

critical Nessus プラグイン ID 128283

概要

リモートホストに、ベンダー提供のセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストは、CPUSEのクリーンインストール後、初回ウィザードの完了前の攻撃に対して脆弱なバージョンのGaiaオペレーティングシステムを実行しています。これは、インターフェイス設定をリセットせずに、CPUSEのクリーンインストールプロセス中に管理者パスワードがリセットされるためです。その結果、CPUSEのクリーンインストール後、初回ウィザードの完了前に、デフォルトのパスワードを使用して、バージョンR80.10 Take 479、R80.20、R80.20.M2で一般に利用可能なすべてのインターフェイスに接続できる可能性があります。R77.30では、管理インターフェイスが一般に利用可能な場合、デフォルトのパスワードを介してオープンに接続できます。Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。Nessusは、管理者パスワードが設定されているかどうかや、影響を受けるCPUSEパッケージを使用したCPUSEのクリーンインストール後に初回ウィザードが完了したかどうかを確認していません。

ソリューション

回避策については、ベンダーのアドバイザリを参照してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8e5ad950

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 128283

ファイル名: check_point_gaia_sk145612.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2019/8/28

更新日: 2019/8/28

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: Score based on analysis of effect of the vulnerability.

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: manual

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:check_point:gaia_os

必要な KB アイテム: Host/Check_Point/version, Host/Check_Point/build, Settings/ParanoidReport

パッチ公開日: 2019/4/30

脆弱性公開日: 2019/1/31