SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:カーネル(SUSE-SU-2019:2262-1)

medium Nessus プラグイン ID 128469

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

SUSE Linux Enterprise 12 SP1カーネルが更新され、さまざまなセキュリティとバグの修正が適用されました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

CVE-2019-1125:Spectre v1 swapgsの緩和策を有効にします(bsc#1139358)。

CVE-2018-20855:drivers/infiniband/hw/mlx5/qp.cのcreate_qp_commonで、mlx5_ib_create_qp_respは初期化されておらず、ユーザー空間へのスタックメモリの漏洩を引き起こす問題が見つかりました(bsc#1143045)。

CVE-2019-14284:drivers/block/floppy.cにより、setup_format_params division-by-zeroによるサービス拒否が可能でした。2つの連続したioctlがバグを発生させる可能性があります:最初のものは、F_SECT_PER_TRACKをゼロにする.sectおよび.rateの値でドライブジオメトリを設定する必要があります。次に、フロッピーフォーマット操作を呼び出す必要があります。これは、フロッピーディスクが挿入されたときでも、権限のないローカルユーザーによって引き起こされる可能性があります。
注:QEMUはデフォルトでフロッピーデバイスを作成します(bsc#1143189)。

CVE-2019-14283:drivers/block/floppy.c内のset_geometryは、セクトおよびヘッドフィールドを検証しませんでした。これは、整数オーバーフローと領域外読み取りによって実証されています。これは、フロッピーディスクが挿入されたときに、権限のないローカルユーザーによって引き起こされる可能性があります。注:
QEMUはデフォルトでフロッピーデバイスを作成します(bsc#1143191)。

CVE-2019-11810:drivers/scsi/megaraid/megaraid_sas_base.cのmegasas_create_frame_pool()がmegasas_alloc_cmds()で失敗すると、NULLポインターのデリファレンスが発生する可能性があります。これにより、メモリ解放後使用(Use After Free)に関連するサービス拒否が発生します(bsc#1134399)。

CVE-2019-13648:powerpcプラットフォームのLinuxカーネルで、ハードウェアのトランザクションメモリが無効な場合、ローカルユーザーが、細工されたシグナルフレームを送信するsigreturn()システムコールを介して、サービス拒否(TM Bad Thingの例外およびシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。これは、arch/powerpc/kernel/signal_32.cおよびarch/powerpc/kernel/signal_64.cに影響を与えます(bnc#1142254)。

CVE-2019-13631:drivers/input/tablet/gtco.cにあるparse_hid_report_descriptorで、悪意のあるUSBデバイスがデバッグメッセージの生成中に領域外書き込みをトリガーするHIDレポートを送信する可能性があります。(bsc#1142023)

更新パッケージには、セキュリティ関連以外の修正も含まれています。詳細については、アドバイザリを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP1-2019-2262=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP1-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP1-2019-2262=1

Public Cloud 12向けSUSE Linux Enterprise Module:zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Public-Cloud-12-2019-2262=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1130972

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1134399

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1138744

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1139358

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1140652

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1140945

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1141401

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1141402

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1141452

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1141453

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1141454

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1142023

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1142098

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1142254

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1143045

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1143189

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1143191

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1144257

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1144273

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1144288

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-20855/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-1125/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-11810/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-13631/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-13648/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-14283/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-14284/

http://www.nessus.org/u?f81a3e1f

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 128469

ファイル名: suse_SU-2019-2262-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/9/3

更新日: 2020/2/18

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-14283

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-man, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-xen-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-3_12_74-60_64_121-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-3_12_74-60_64_121-xen, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/9/2

脆弱性公開日: 2019/5/7

参照情報

CVE: CVE-2018-20855, CVE-2019-1125, CVE-2019-11810, CVE-2019-13631, CVE-2019-13648, CVE-2019-14283, CVE-2019-14284