DebianDLA-1919-2: linux-4.9のセキュリティ更新プログラム

critical Nessus プラグイン ID 128779
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.7

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Linuxカーネルに、権限昇格、サービス拒否、または情報漏えいを引き起こす可能性がある、複数の脆弱性が見つかりました。

この更新されたアドバイザリのテキストでは、セキュリティ以外の追加的な変更や、新しいバイナリパッケージをインストールする必要性に関する注記に言及しています。

CVE-2019-0136

wifiソフトMAC実装(mac80211)がTDLS(Tunneled Direct Link Setup)のメッセージを適切に認証していなかったことが判明しました。
近くにいる攻撃者がサービス拒否(wifi接続の損失)を引き起こすためにこれを利用する可能性があります。

CVE-2019-9506

Daniele Antonioli氏、Nils Ole Tippenhauer氏、Kasper Rasmussen氏は、Bluetoothペアリングプロトコルに「KNOB攻撃」と呼ばれる脆弱性があることを発見しました。ペアリング中に、近くにいる攻撃者がこれを利用して、ペアリング機器間で使用される暗号化を弱めた上で、その間の通信を盗聴したり、なりすましを働いたりする可能性があります。

この更新は、56ビットの最小暗号化キー長を要求することで、攻撃を緩和します。

CVE-2019-11487

Jann Horn氏は、FUSE(Filesystem-in-Userspace)機能を利用してページ参照カウントで整数オーバーフローを引き起こし、メモリ解放後使用が発生する可能性があることを発見しました。十分な物理メモリのあるシステムで、任意のFUSEマウントの作成を許可されたローカルユーザーが、これを権限昇格に使用する可能性があります。

デフォルトでは、権限のないユーザーはfusermountを介してのみFUSEファイルシステムをマウントできます。これにより、作成されるマウント数が制限され、この問題は完全に緩和されるはずです。

CVE-2019-15211

syzkallerツールにより、radio-raremonoドライバーに、メモリ解放後使用を引き起こす可能性のあるバグが発見されました。USBデバイスを追加したり削除したりできる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15212

syzkallerツールにより、複数のデバイスがバインドされている場合にrio500ドライバーが正しく動作しないことが判明しました。USBデバイスを追加できる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15215

syzkallerツールにより、cpia2-usbドライバーに、メモリ解放後使用を引き起こす可能性のあるバグが発見されました。USBデバイスを追加したり削除したりできる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15216

syzkallerツールにより、yurexドライバーに、メモリ解放後使用を引き起こす可能性のあるバグが発見されました。USBデバイスを追加したり削除したりできる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15218

syzkallerツールは、smsusbドライバーが、USBデバイスに期待されるエンドポイントがあることを検証せず、NULLポインタデリファレンスが発生する可能性があることを発見しました。USBデバイスを追加できる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(バグ/oops)を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15219

syzkallerツールは、sisusbvgaドライバーのデバイス初期化エラーにより、NULLポインターデリファレンスが発生する可能性があることを発見しました。USBデバイスを追加できる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(バグ/oops)を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15220

syzkallerツールは、p54usbドライバーに、メモリ解放後使用を引き起こす可能性のある競合状態が発見しました。USBデバイスを追加したり削除したりできる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15221

syzkallerツールにより、line6ドライバーがUSBデバイスの最大パケットサイズを検証していなかったため、ヒープバッファーオーバーランが発生する可能性のあることが判明しました。USBデバイスを追加できる攻撃者が、これを利用してサービス拒否(メモリの破損やクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15292

Hulk Robotツールは、Appletalkプロトコルの実装でエラーチェックの欠落を発見しました。これにより、メモリ解放後使用が発生する可能性があります。これによるセキュリティ上の影響は不明です。

CVE-2019-15538

Benjamin Moody氏は、chgrpコマンドがディスククウォータのために失敗した後、XFS上の操作がハングアップすることを報告しました。ローカルユーザーが、これを利用してサービス拒否を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15666

Hulk Robotツールは、ネットワーク変換(xfrm)レイヤーに不適切な範囲チェックを発見しました。これにより、境界外メモリアクセスが発生する可能性があります。
(任意のユーザー名前空間で)CAP_NET_ADMIN機能を持つユーザーは、これを利用して、サービス拒否(メモリの破損またはクラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

CVE-2019-15807

Jian Luo氏は、シリアル接続SCSIライブラリ(libsas)が、SASエキスパンダーを超えるデバイスを発見するという失敗を適切に処理していなかったことを報告しました。これによりリソース漏洩およびクラッシュ(バグ)が発生する可能性があります。これによるセキュリティ上の影響は不明です。

CVE-2019-15924

Hulk Robotツールは、fm10kイーサネットドライバーにエラーチェックの欠落を見つけました。これにより、NULLポインタデリファレンスとクラッシュ(バグ/oops)が発生する可能性があります。これによるセキュリティ上の影響は不明です。

CVE-2019-15926

ath6kl wifiドライバーが、受信した制御パケット内のトラフィッククラス番号を一貫して検証せず、境界外メモリアクセスが発生することが判明しました。同じwifiネットワーク上の近くにいる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(クラッシュ)や、権限昇格を引き起こす可能性があります。

Debian 8「Jessie」では、これらの問題はバージョン4.9.189-3で修正されました。このバージョンには、Debianのバグ#930904も修正されています。その他の修正は、アップストリームの安定版更新プログラムに含まれています。

お使いのlinux-4.9、およびlinux-latest-4.9パッケージをアップグレードすることを推奨します。バイナリパッケージ名が変わったため、「apt-get upgrade」--with-new-pkgsまたは「apt upgrade」を使う必要があります。

注: Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをDLAセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2019/09/msg00015.html

https://packages.debian.org/source/jessie/linux-4.9

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 128779

ファイル名: debian_DLA-1919.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/9/16

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 6.7

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-compiler-gcc-4.9-arm, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-doc-4.9, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-686, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-686-pae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-all, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-all-amd64, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-all-armel, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-all-armhf, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-all-i386, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-amd64, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-armmp, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-armmp-lpae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-common, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-common-rt, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-marvell, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-rt-686-pae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-headers-4.9.0-0.bpo.7-rt-amd64, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-686, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-686-pae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-686-pae-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-amd64, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-amd64-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-armmp, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-armmp-lpae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-marvell, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-rt-686-pae, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-rt-686-pae-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-rt-amd64, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-image-4.9.0-0.bpo.7-rt-amd64-dbg, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-kbuild-4.9, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-manual-4.9, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-perf-4.9, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-source-4.9, p-cpe:/a:debian:debian_linux:linux-support-4.9.0-0.bpo.7, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/9/15

脆弱性公開日: 2019/4/23

参照情報

CVE: CVE-2019-0136, CVE-2019-11487, CVE-2019-15211, CVE-2019-15212, CVE-2019-15215, CVE-2019-15216, CVE-2019-15218, CVE-2019-15219, CVE-2019-15220, CVE-2019-15221, CVE-2019-15292, CVE-2019-15538, CVE-2019-15666, CVE-2019-15807, CVE-2019-15924, CVE-2019-15926, CVE-2019-9506