RHEL 8:kernel-rt(RHSA-2019:2741)

high Nessus プラグイン ID 128859

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtの更新プログラムがRed Hat Enterprise Linux 8で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。セキュリティ修正プログラム:* kernel:marvell/mwifiex/scan.cのmwifiex_update_bss_desc_with_ie関数のヒープオーバーフロー(CVE-2019-3846)* Kernel:KVM:nVMX:ゲストアクセスL0 MSRによりDoSが発生する可能性(CVE-2019-3887)* kernel:brcmf_wowl_nd_resultsのbrcmfmacヒープバッファオーバーフロー(CVE-2019-9500)* kernel:FUSEリクエストのカウントオーバーフローがメモリ解放後使用(Use After Free)の問題を引き起こす。(CVE-2019-11487)*カーネル:brcmfmacフレーム検証バイパス(CVE-2019-9503)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。バグ修正プログラム:* BUG:zswapにおけるscheduling while atomic(アトミック処理中のスケジューリング)(BZ#1726362)* kernel-rt:RHEL8.0.zバッチ#3ソースツリーへの更新(BZ#1734475)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:2741

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-19824

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-3846

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-3887

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-9500

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-9503

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-11487

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 128859

ファイル名: redhat-RHSA-2019-2741.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/9/16

更新日: 2019/12/27

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.1

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 6.1

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-core, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-modules-extra, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-modules, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-modules-extra, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/9/11

脆弱性公開日: 2018/12/3

参照情報

CVE: CVE-2018-19824, CVE-2019-11487, CVE-2019-3846, CVE-2019-3887, CVE-2019-9500, CVE-2019-9503

RHSA: 2019:2741