VMSA-2019-0013:コマンドインジェクションおよび情報漏えいの脆弱性

high Nessus プラグイン ID 128994

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

a. VMware ESXiのビジーボックスコマンドインジェクションの脆弱性ESXiには、ファイル名をサニタイズしないビジーボックスの脆弱なバージョンを使用することによるコマンドインジェクションの脆弱性があり、シェル内で任意のエスケープシーケンスが実行される可能性があります。攻撃者がこの問題を悪用し、ESXi管理者をだまして悪意のあるファイルを提供し、シェルコマンドを実行させる可能性があります。b. ESXiホストクライアントの情報漏えいの脆弱性。セッションの終結が不十分なために生じる、クライアントにおける情報漏えいの脆弱性。user’sブラウザに物理的にアクセスできる、またはuser’sブラウザへのwebsocket接続を偽装できる攻撃者が、ユーザーのログアウト後またはセッションのタイムアウト後にVMコンソールの制御権を得られる可能性があります。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2019/000467.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 128994

ファイル名: vmware_VMSA-2019-0013.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/9/18

更新日: 2019/12/27

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/9/16

脆弱性公開日: 2017/11/20

参照情報

CVE: CVE-2017-16544, CVE-2019-5531

VMSA: 2019-0013

IAVA: 2019-A-0344