IBM WebSphere Portal XSSの脆弱性(CVE-2018-1445)

medium Nessus プラグイン ID 129000

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているWebポータルアプリケーションは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。

説明

ユーザー指定の入力がユーザーに返される前に不適切に検証されているため、リモートのWindowsホストにインストールされているIBM WebSphere Portalのバージョンがクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたURLをクリックするようユーザーを誘導して、ユーザーのブラウザーセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリに従って適切な修正プログラムを適用してください。

関連情報

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22015407

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 129000

ファイル名: websphere_portal_cve-2018-1445.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2019/9/18

更新日: 2019/10/17

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1445

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:websphere_portal

必要な KB アイテム: installed_sw/IBM WebSphere Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/4/10

脆弱性公開日: 2018/4/10

参照情報

CVE: CVE-2018-1445