RHEL 7: kernel(RHSA-2019:2975)

high Nessus プラグイン ID 129738
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernelの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7.5 Extended Update Supportで利用可能になりました。

Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。

kernelパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。

セキュリティ修正プログラム:

* ハードウェア: bluetooth:BR/EDR暗号鍵ネゴシエーション攻撃(KNOB)(CVE-2019-9506)

* kernel: hw:Spectre SWAPGSガジェットの脆弱性(CVE-2019-1125)

影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

バグ修正プログラム:

* TCPパケットは、VXLAN devからVLANデバイスへの送信時にセグメント化されます。(BZ#1732810)

* OVSが管理するVXLANトンネルを介してトラフィックを送信すると、skbヘッドコピーが発生します(BZ #1733896)

* [mlx4] VXLAN over VLANのTCPセグメンテーション(BZ#1734306)

* modules_installに対して「make -jN」を使用(BZ#1735082)

* 小さいバッファのTCPフォローアップをバックポート(BZ#1739128)

* [FJ7.6バグ]: [REG] kernel: ipc: ipc_freeはkvfreeを使用すべきです(BZ#1740176)

* RHEL7.6 - powerpc/pseries:移行/powerpc/rtas全体でCPUホットプラグを無効にします:CPU-OfflineとMigrationの間の潜在的な競合状態を修正(LPM)(BZ# 1745437)

* RHEL7.6 - powerpc/pseries:移行やpowerpc/pseries/mobilityで初期化されていないタイマーリセットを更新:開始/停止のトポロジー更新範囲を拡張(LPM)(BZ #1745439)

* RHEL7.5 - ISST-LTE:PVM:Zapperlin:LPM:LPM中に見られる失敗ログとスタックトレース(POWER9/P9)(BZ#1745447)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/4329821

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:2975

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-1125

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-9506

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 129738

ファイル名: redhat-RHSA-2019-2975.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/10/9

更新日: 2020/2/18

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.8

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/10/8

脆弱性公開日: 2019/8/14

参照情報

CVE: CVE-2019-1125, CVE-2019-9506

RHSA: 2019:2975