Cisco FXOSソフトウェアのコマンドインジェクションの脆弱性(CVE-2019-1780)

medium Nessus プラグイン ID 129981

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません

説明

自己報告されたバージョンによると、Cissco FXOSソフトウェアは脆弱性の影響を受け、管理者の資格情報を持つ認証されたローカルの攻撃者が、影響を受けるデバイスの基盤となるオペレーティングシステムで昇格した権限を使って任意のコマンドを実行する可能性があります。この脆弱性は、特定のCLIコマンドに渡された引数の検証が不十分であることが原因です。攻撃者がこの脆弱性を悪用し、影響を受けるコマンドの引数として悪意のある入力を含める可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者が昇格した権限を利用して、基盤となるオペレーティングシステムで任意のコマンドを実行する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用するためには、有効な管理者認証情報が必要です。詳細については、付属のCisco BIDおよびCisco Security Advisoryを参照してください

ソリューション

CiscoバグID CSCvi92332に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?d79e1307

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvi92332

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 129981

ファイル名: cisco-sa-20190515-fxos-cmdinj-1780.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2019/10/17

更新日: 2020/3/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-1780

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:cisco:fxos

必要な KB アイテム: installed_sw/FXOS

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/15

脆弱性公開日: 2019/5/15

参照情報

CVE: CVE-2019-1780

BID: 108392

CISCO-BUG-ID: CSCvi92332

CISCO-SA: cisco-sa-20190515-nxos-fxos-cmdinj-1780

IAVA: 2019-A-0173

CWE: 77