Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2019-4823)

medium Nessus プラグイン ID 129990
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2019-4823アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.13.4より前のLinuxカーネルのdrivers/scsi/sg.cのsg_ioctl関数により、ローカルユーザーは、/dev/sg0へのSG_GET_REQUEST_TABLE ioctl呼び出しに介して、初期化されていないカーネルヒープメモリの場所から機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2017-14991)

-4.6.2より前のLinuxカーネルのfs/ext4/inode.cが、ext4data=orderedモード使用時に、needs-flushing-before-commitリストを誤って処理します。これにより、ローカルユーザーが、他のユーザーのファイルから機密情報を便乗的に取得する可能性があります。ハードウェアリセットを待機し、新しいファイルを作成し、書き込みシステムコールを行い、このファイルを読み取る可能性があります。( CVE-2017-7495 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4823.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 129990

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4823.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/10/17

更新日: 2021/9/8

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-7495

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/10/16

脆弱性公開日: 2017/5/15

参照情報

CVE: CVE-2017-14991, CVE-2017-7495