openSUSEセキュリティ更新プログラム:tcpdump(openSUSE-2019-2344)

critical Nessus プラグイン ID 130083

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このtcpdumpの更新では、次の問題を修正します:

- CVE-2017-16808:aoe_printおよびlookup_ememに関連するヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1068716 bsc#1153098)。

- CVE-2018-10103:SMBデータの出力の不適切な処理を修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-10105:SMBデータの出力の不適切な処理を修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14461:print-ldp.c:ldp_tlv_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14462:print-ldp.c:icmp_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)

- CVE-2018-14463:print-vrrp.c: vrrp_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14464:print-ldp.c: lmp_print_data_link_subobjsのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14465:print-rsvp.c:rsvp_obj_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14466:print-rx.c:rx_cache_findのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14467:print-bgp.c:bgp_capabilities_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14468:print-fr.c:mfr_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14469:print-isakmp.c:ikev1_n_printのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14470:print-babel.c:babel_print_v2のバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14879:コマンドライン引数パーサーのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14880:OSPFv3パーサーのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14881:BGPパーサーのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-14882:ICMPv6パーサーのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16227:IEEE 802.11パーサーでMesh Fragsサブフィールドのprint-802_11.cにあるバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16228:HNCPパーサーのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16229:DCCPパーサーのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16230:print-bgp.c:bgp_attr_printにあるバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16300:BGPパーサーでの無制限の再帰を修正しました。この再帰により、スタック消費によるサービス拒否が可能でした(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16301:バッファオーバーフローを修正しました(bsc#1153332 bsc#1153098)。

- CVE-2018-16451:print-fr.c:print_trans()にあるいくつかのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2018-16452:smbutil.c:smb_fdataでのスタック枯渇を修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2019-15166:lmp_print_data_link_subobjsでの境界チェックを修正しました(bsc#1153098)。

- CVE-2019-15167:VRRPの脆弱性を修正しました(bsc#1153098)。

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるtcpdumpパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1068716

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1153098

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1153332

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 130083

ファイル名: openSUSE-2019-2344.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/10/21

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump, p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:tcpdump-debugsource, cpe:/o:novell:opensuse:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/10/20

脆弱性公開日: 2017/11/13

参照情報

CVE: CVE-2017-16808, CVE-2018-10103, CVE-2018-10105, CVE-2018-14461, CVE-2018-14462, CVE-2018-14463, CVE-2018-14464, CVE-2018-14465, CVE-2018-14466, CVE-2018-14467, CVE-2018-14468, CVE-2018-14469, CVE-2018-14470, CVE-2018-14879, CVE-2018-14880, CVE-2018-14881, CVE-2018-14882, CVE-2018-16227, CVE-2018-16228, CVE-2018-16229, CVE-2018-16230, CVE-2018-16300, CVE-2018-16301, CVE-2018-16451, CVE-2018-16452, CVE-2019-1010220, CVE-2019-15166, CVE-2019-15167