VMSA-2019-0019:サービス拒否の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 130346

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

ESXiシェーダーのサービス拒否の脆弱性 - CVE-2019-5536 VMware ESXi、Workstation、Fusionのシェーダー機能にサービス拒否の脆弱性があります。この問題の悪用に成功すると、通常のユーザー権限を持つ攻撃者が自分のVM上でサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。ゲストマシンへの非管理者のアクセス権を持つローカルの攻撃者がこの問題を悪用し、ホストでコードを実行する可能性があります。この問題は、有効なサウンドバックエンドが接続されていない場合にのみ、悪用される可能性があります。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2019/000474.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 130346

ファイル名: vmware_VMSA-2019-0019.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2019/10/28

更新日: 2019/12/17

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/10/24

脆弱性公開日: 2019/10/28

参照情報

CVE: CVE-2019-5536

VMSA: 2019-0019