Debian DSA-4558-1:webkit2gtk - セキュリティ更新

medium Nessus プラグイン ID 130524

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

webkit2gtk Webエンジンに複数の脆弱性が発見されました:

- CVE-2019-8625Sergei Glazunov氏は、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングを引き起こす可能性がある悪意を持って細工されたWebコンテンツを発見しました。

- CVE-2019-8720Wen Xu氏は、悪意をもって細工されたWebコンテンツが、任意のコードを実行する可能性があることを発見しました。

- CVE-2019-8769Pierre Reimertz氏は、悪意を持って細工されたWebサイトが、iframeサンドボックスポリシーに違反する可能性があることを発見しました。

- CVE-2019-8771Eliya Stein氏は、悪意を持って細工されたWebコンテンツが、iframeサンドボックスポリシーに違反する可能性があることを発見しました。

ソリューション

webkit2gtkパッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(buster)では、これらの問題はバージョン2.26.1-3~deb10u1で修正されています。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2019-8625

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2019-8720

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2019-8769

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2019-8771

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/webkit2gtk

https://packages.debian.org/source/buster/webkit2gtk

https://www.debian.org/security/2019/dsa-4558

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 130524

ファイル名: debian_DSA-4558.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/11/6

更新日: 2022/5/27

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8771

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:webkit2gtk, cpe:/o:debian:debian_linux:10.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/4

脆弱性公開日: 2019/12/18

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2019-8625, CVE-2019-8720, CVE-2019-8769, CVE-2019-8771

DSA: 4558