Slackware 14.2:Slackware 14.2カーネル(SSA: 2019-311-01)

critical Nessus プラグイン ID 130751
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9.5

概要

リモートのSlackwareホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ問題を修正する新しいカーネルパッケージが、Slackware 14.2で利用可能です。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c772912b

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 130751

ファイル名: Slackware_SSA_2019-311-01.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2019/11/8

更新日: 2020/2/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 9.5

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-generic-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-huge-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-modules-smp, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:kernel-source, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/7

脆弱性公開日: 2019/4/25

エクスプロイト可能

Metasploit (Android Binder Use-After-Free Exploit)

参照情報

CVE: CVE-2016-10905, CVE-2016-10906, CVE-2018-20976, CVE-2019-10638, CVE-2019-14814, CVE-2019-14816, CVE-2019-14821, CVE-2019-14835, CVE-2019-15098, CVE-2019-15117, CVE-2019-15118, CVE-2019-15505, CVE-2019-16746, CVE-2019-17052, CVE-2019-17053, CVE-2019-17054, CVE-2019-17055, CVE-2019-17056, CVE-2019-17075, CVE-2019-17133, CVE-2019-2215, CVE-2019-3900

SSA: 2019-311-01