OracleVM 3.4:Unbreakable/etc(OVMSA-2019-0052)

medium Nessus プラグイン ID 130923
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重要なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません。

- x86/tsx:オプションを追加してtsx=on|off|autoを設定(Michal Hocko)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/speculation/taa:TSX Async Abortのドキュメントを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/tsx:tsx = cmdlineパラメーターに「auto」オプションを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- kvm/x86:TSXが有効な場合にMDS_NO=0をゲストにエクスポート(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/speculation/taa:TSX Async Abortのsysfsレポートを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/speculation/taa:TSX Async Abortの緩和策を追加(Kans Ghatraju)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/cpu:TSXをデフォルトで無効にした 「tsx=」cmdlineオプションを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/cpu:ヘルパー関数x86_read_arch_cap_msrを追加(Pawan Gupta)[Orabu: 30419233](CVE-2019-11135)

- x86/msr:IA32_TSX_CTRL MSRを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 30419233](CVE-2019-11135)

- kvm: x86: mmu:粉砕されたNXラージページの復元(Junaid Shahid)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- kvm:VMワーカースレッドを作成するヘルパー関数を追加(Junaid Shahid)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- kvm: mmu:ITLB_MULTIHITの緩和策(Paolo Bonzini)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86: 不要になったhugepage gfn調整を削除(Paolo Bonzini)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86: FNAME(fetch)と__direct_mapをさらに類似させる(Paolo Bonzini)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- kvm: x86:mmu_set_spte内のページをリリースしない(Junaid Shahid)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- x86/cpu:CPU脆弱性ホワイトリストにトレモントを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- x86:ITLB_MULTIHITバグインフラストラクチャを追加(Pawan Gupta)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:mapping_levelのmapping_level_dirty_bitmap呼び出しを移動(Takuya Yoshikawa)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- 「KVM: x86: 高速ですべてのページを無効にする」を元に戻す(Sean Christopherson)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- kvm:kvm_lockをmutexに変換(Junaid Shahid)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:FNAME(page_fault)のforce_pt_level計算コードを簡素化(Takuya Yoshikawa)[Orabug:
29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:force_pt_level boolを作成(Takuya Yoshikawa)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:kvm_mmu_get_pageから未使用のパラメーターparent_pteを削除(Takuya Yoshikawa)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86: RET_MMIO_PF_*定数の使用を拡張(Paolo Bonzini)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:mmu_set_spteにエミュレート値を返させる(Takuya Yoshikawa)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:parent_pte処理をkvm_mmu_get_pageからlink_shadow_pageに移動(Takuya Yoshikawa)[Orabug: 29967631](CVE-2018-12207)

- KVM: x86:MMU:parent_ptesの初期化をkvm_mmu_alloc_pageから移動(Takuya Yoshikawa)[Orabug:
29967631](CVE-2018-12207)

ソリューション

影響を受けるkernel-uek/kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7baad653

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 130923

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2019-0052.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/11/13

更新日: 2019/12/13

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11135

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/13

脆弱性公開日: 2019/11/14

参照情報

CVE: CVE-2018-12207, CVE-2019-11135