openSUSEセキュリティ更新プログラム:MozillaThunderbird(openSUSE-2019-2452)

high Nessus プラグイン ID 130936

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このバージョン68.2.1へのMozilla Thunderbirdの更新では、次の修正が適用されます:

- 修正されたセキュリティ問題:bsc#1154738:

- CVE-2019-15903:expatライブラリのヒープオーバーフローを修正しました(bsc#1149429)。

- CVE-2019-11757:IndexedDBでインデックス更新を作成するときのメモリ解放後使用(Use After Free)を修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11758:360 Total Securityに起因する悪用可能なクラッシュを修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11759:HKDF出力でのスタックベースのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11760:WebRTCネットワーキングでのスタックベースのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11761:権限のあるJSONViewオブジェクトへの意図しないアクセスを修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11762:同一オリジンプロパティ違反を修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11763:XSSバイパスを修正しました(bsc#1154738)。

- CVE-2019-11764:複数のメモリの安全性に関するバグが修正されました(bsc#1154738)。

その他の修正(bsc#1153879):

- MS Outlook 2016から送信されたメッセージで、一部の添付ファイルを開くことができませんでした。

- CSVからのアドレス帳のインポート。

- メッセージ本文検索のパフォーマンスの問題。

- 添付ファイルのペインにフォーカスがある場合、メッセージを送信するためのCtrl + Enterで添付ファイルが開かれることがあります。

- Calendar:「Today Pane」の起動に関する問題。

- Calendar:不定期な予定とリマインダー番号入力のグリッチ。

- Calendar:WCAPプロバイダーの問題。

- ユーザーインターフェイスの言語を詳細設定で選択できるようになりました

- Google認証(OAuth2)の問題を修正しました

- 特定の状況で、選択したメッセージまたは未読メッセージがスレッドペインで正しい色で表示されない問題を修正しました

- 言語パックの使用時に標準フォルダの名前がローカライズされない問題を修正しました(bsc#1149126)

- 設定パネルのアドレス帳のデフォルト起動ディレクトリが保持されない問題を修正しました

- さまざまな表示上のグリッチを修正しました

- チャットの問題を修正しました

- rust >=1.38でのビルドを修正しました。

- PGOのないLTOビルドを修正しました。

- instantApplyを無効にすると拡張機能が機能しなくなり、また設定のHTMLビューへの移行で廃止されるため、kde.jsを削除しました。(bsc#1151186)

- create-tar.shを更新しました。(bsc#1152778)

- 最後に残ったarchのcrashreporterを無効化しました。

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるMozillaThunderbirdパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1149126

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1149429

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1151186

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1152778

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1153879

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1154738

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 130936

ファイル名: openSUSE-2019-2452.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/11/13

更新日: 2020/1/15

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11764

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/9

脆弱性公開日: 2019/9/4

参照情報

CVE: CVE-2019-11757, CVE-2019-11758, CVE-2019-11759, CVE-2019-11760, CVE-2019-11761, CVE-2019-11762, CVE-2019-11763, CVE-2019-11764, CVE-2019-15903