Amazon Linux 2:openssl(ALAS-2019-1362)

medium Nessus プラグイン ID 131030
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

アプリケーションで致命的なプロトコルエラーが発生し、SSL_shutdown()を2回(1回はclose_notifyを送信、1回はそれを受信)呼び出した場合、0バイトのレコードが無効なMACで受信された場合と、0バイトのレコードが無効なパディングで受信された場合とで、OpenSSLは呼び出し側のアプリケーションに対して異なる応答を返す可能性があります。アプリケーションが、ある種の応答に基づいてリモートピアが検出可能な方法で異なった動作をする場合、パディングオラクルになり、データの復号に悪用される可能性があります。これを悪用するには、「ステッチされていない」暗号スイートを使用する必要があります。ステッチ暗号スイートは、一般的に使用される特定の暗号スイートの最適化された実装です。また、プロトコルエラーが発生した場合でも、アプリケーションはSSL_shutdown()を2回呼び出す必要があります(通常アプリケーションはこれを行うべきではありませんが、一部のアプリケーションは行います)。OpenSSL 1.0.2rで修正されました(1.0.2-1.0.2qが影響を受けました)。(CVE-2019-1559)OpenSSL DSA署名アルゴリズムは、タイミングサイドチャネル攻撃に対して脆弱であることがわかっています。攻撃者が署名アルゴリズムの変動を悪用し、秘密鍵を復元する可能性があります。OpenSSL 1.1.1aで修正されました(1.1.1が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.0jで修正されました(1.1.0~1.1.0iが影響を受けました)。OpenSSL 1.0.2qで修正されました(1.0.2-1.0.2pが影響を受けました). (CVE-2018-0734)

ソリューション

「yum update openssl」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2019-1362.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 131030

ファイル名: al2_ALAS-2019-1362.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/11/15

更新日: 2019/12/12

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openssl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-perl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-static, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/14

脆弱性公開日: 2018/10/30

参照情報

CVE: CVE-2018-0734, CVE-2019-1559

ALAS: 2019-1362