ARM 64 3.0.3.0のEulerOS Virtualization:qemu-kvm(EulerOS-SA-2019-2352)

high Nessus プラグイン ID 131517
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのEulerOS Virtualization for ARM 64のホストに複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているqemu-kvmパッケージのバージョンによると、リモートホストにインストールされているARM 64のEulerOS Virtualizationは次の脆弱性の影響を受けます。- QEMU 3.0.0では、slirp/tcp_subr.cのtcp_emuにヒープベースのバッファオーバーフローがあります。(CVE-2019-6778)- QEMUのMedia Transfer Protocol(MTP)に欠陥が見つかりました。usb_mtp_get_objectおよびusb_mtp_get_partial_objectのファイルとusb_mtp_object_readdirのディレクトリを開くコードは、usb_mtp_object_allocでlstat(2)が呼び出されて以後、基盤となるファイルシステムが変更された可能性あることを考慮しません。(従来のTOCTTOU問題)ゲストと共有のホストファイルシステムへの書き込みアクセス権を持つ攻撃者が、このプロパティを使用してQEMUプロセスのコンテキストでホストファイルシステムを操作し、QEMUプロセスがアクセスできるファイルを読み取る可能性があります。ファイルシステムへのアクセスは、ローカルまたはCIFSなどのネットワーク共有プロトコルを使用して行われます。(CVE-2018-16872)- QEMUのhw/9pfs/cofile.cおよびhw/9pfs/9p.cは、2番目のスレッドがアクセスしている間にfidパスを変更できるため、(たとえば)メモリ解放後使用(Use After Free)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-19364)- QEMUのhw/9pfs/9p.cのv9fs_wstatでは、ファイル名変更中の競合状態により、ゲストOSユーザーがサービス拒否(クラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-19489)- QEMU 2.10および3.1.0までのバージョンは、hw/i2c/i2c-ddc.c:i2c_ddc()関数の最大128バイトの領域外読み取りに対して脆弱です。i2cコマンドを実行する権限を持つローカルの攻撃者が、これを悪用してホスト上のqemuプロセスのスタックメモリを読み取る可能性があります。(CVE-2019-3812)注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるqemu-kvmパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?47616c15

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131517

ファイル名: EulerOS_SA-2019-2352.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/12/3

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:qemu-img, p-cpe:/a:huawei:euleros:qemu-kvm, p-cpe:/a:huawei:euleros:qemu-kvm-common, p-cpe:/a:huawei:euleros:qemu-kvm-tools, cpe:/o:huawei:euleros:uvp:3.0.3.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/3

参照情報

CVE: CVE-2018-16872, CVE-2018-19364, CVE-2018-19489, CVE-2019-3812, CVE-2019-6778