openSUSEセキュリティ更新プログラム:webkit2gtk3 (openSUSE-2019-2591)

high Nessus プラグイン ID 131535

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

この更新プログラムはwebkit2gtk3をバージョン2.26.2に更新し、以下の問題を修正します:

Webkit2gtk3がバージョン2.26.2に更新されました(WSA-2019-0005およびWSA-2019-0006、bsc#1155321 bsc#1156318)

解決されたセキュリティ問題:

- CVE-2019-8625:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があるロジックの問題を修正しました。

- CVE-2019-8674:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があるロジックの問題を修正しました。

- CVE-2019-8707:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8719:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があるロジックの問題を修正しました。

- CVE-2019-8720:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8726:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8733:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8735:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8763:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8768:ユーザーが閲覧履歴アイテムを削除できない可能性がある問題を修正しました。

- CVE-2019-8769:悪意を持って細工されたWebサイトにアクセスすると、閲覧履歴が漏洩する可能性がある問題を修正しました。

- CVE-2019-8771:悪意を持って作成されたWebコンテンツが、iframeサンドボックスポリシーに違反する可能性がある問題を修正しました。

- CVE-2019-8710:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8743:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8764:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があるロジックの問題を修正しました。

- CVE-2019-8765:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8766:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8782:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8783:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8808:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8811:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8812:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8813:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理することで、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があるロジックの問題を修正しました。

- CVE-2019-8814:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8815:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8816:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8819:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8820:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8821:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8822:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

- CVE-2019-8823:悪意のある細工されたWebコンテンツを処理する間の複数のメモリ破損の問題を修正しました。この問題により、任意のコードが実行される可能性がありました。

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるwebkit2gtk3パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155321

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156318

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131535

ファイル名: openSUSE-2019-2591.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/3

更新日: 2022/5/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8816

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:libjavascriptcoregtk-4_0-18, p-cpe:/a:novell:opensuse:libjavascriptcoregtk-4_0-18-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libjavascriptcoregtk-4_0-18-32bit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libjavascriptcoregtk-4_0-18-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libwebkit2gtk-4_0-37, p-cpe:/a:novell:opensuse:libwebkit2gtk-4_0-37-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libwebkit2gtk-4_0-37-32bit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libwebkit2gtk-4_0-37-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libwebkit2gtk3-lang, p-cpe:/a:novell:opensuse:typelib-1_0-JavaScriptCore-4_0, p-cpe:/a:novell:opensuse:typelib-1_0-WebKit2-4_0, p-cpe:/a:novell:opensuse:typelib-1_0-WebKit2WebExtension-4_0, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit-jsc-4, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit-jsc-4-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk-4_0-injected-bundles, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk-4_0-injected-bundles-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk3-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk3-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk3-minibrowser, p-cpe:/a:novell:opensuse:webkit2gtk3-minibrowser-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/30

脆弱性公開日: 2019/12/18

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2019-8551, CVE-2019-8558, CVE-2019-8559, CVE-2019-8563, CVE-2019-8625, CVE-2019-8674, CVE-2019-8681, CVE-2019-8684, CVE-2019-8686, CVE-2019-8687, CVE-2019-8688, CVE-2019-8689, CVE-2019-8690, CVE-2019-8707, CVE-2019-8710, CVE-2019-8719, CVE-2019-8720, CVE-2019-8726, CVE-2019-8733, CVE-2019-8735, CVE-2019-8743, CVE-2019-8763, CVE-2019-8764, CVE-2019-8765, CVE-2019-8766, CVE-2019-8768, CVE-2019-8769, CVE-2019-8771, CVE-2019-8782, CVE-2019-8783, CVE-2019-8808, CVE-2019-8811, CVE-2019-8812, CVE-2019-8813, CVE-2019-8814, CVE-2019-8815, CVE-2019-8816, CVE-2019-8819, CVE-2019-8820, CVE-2019-8821, CVE-2019-8822, CVE-2019-8823