EulerOS 2.0 SP2:glibc(EulerOS-SA-2019-2476)

high Nessus プラグイン ID 131629
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのEulerOSホストに複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているglibcパッケージのバージョンによると、リモートホストへのEulerOSのインストールは、次の脆弱性の影響を受けます。- 2.26より前のGNU Cライブラリ(別名glibcまたはlibc6)では、sunrpc/clnt_udp.cのclntudp_call関数にあるメモリ解放後使用(Use After Free)脆弱性により、リモート攻撃者がエラーパスに関連するベクトルを介して詳細不明な影響を与える可能性があります。(CVE-2017-12133)- 2.28までのGNU Cライブラリ(別名glibcまたはlibc6)では、空白文字と任意の文字が後に続くIPv4アドレスが含まれている文字列をgetaddrinfo関数が正常に解析するため、アプリケーションはHTTPヘッダーやその他の潜在的に危険なサブストリングが埋め込まれている可能性のない、有効な文字列を解析したと誤って認識する可能性があります。(CVE-2016-10739)- 2.27以前のGNU Cライブラリ(別名glibcまたはlibc6)では、mempcpy関数のAVX-512で最適化された実装がターゲットバッファを超えてデータを書き込む可能性があり、__mempcpy_avx512_no_vzeroupのバッファオーバーフローにつながる可能性があります。(CVE-2018-11237)- 2.25より前のglibcにあるlibresolvのres_queryにより、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります(NULLポインターの逆参照とプロセスのクラッシュ)。(CVE-2015-5180)注:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるglibcパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?608eaf86

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131629

ファイル名: EulerOS_SA-2019-2476.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2019/12/4

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-11237

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc, p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc-common, p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc-devel, p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc-headers, p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc-static, p-cpe:/a:huawei:euleros:glibc-utils, p-cpe:/a:huawei:euleros:nscd, cpe:/o:huawei:euleros:2.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/sp

除外される KB アイテム: Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/4

参照情報

CVE: CVE-2015-5180, CVE-2016-10739, CVE-2017-12133, CVE-2018-11237