EulerOS 2.0 SP2:elfutils(EulerOS-SA-2019-2510)

medium Nessus プラグイン ID 131663
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのEulerOSホストに複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているelfutilsパッケージのバージョンによると、リモートホストへのEulerOSのインストールは、次の脆弱性の影響を受けます。- elfutils 0.174のarlib.cにあるarlib_add_symbols()関数にゼロ除算の脆弱性があり、ゼロのsh_entsizeが誤って処理されるため、eu-ranlibで示されるように、リモートの攻撃者が細工されたELFファイルを使用して、サービス拒否(アプリケーションのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-18521)- **討議中** elfutils 0.174のlibelfにあるelf_begin.cのread_long_names関数に過剰なメモリ割り当ての試行が見つかりました。リモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用して、メモリ不足の例外を発生させる細工されたelf入力を使用してサービス拒否を引き起こす可能性があります。注:メンテナンス担当者は、これは本当の問題ではなく、割り当てが大きいためASANによって引き起こされた「警告」だと考えています。ASAN_OPTIONS=allocator_may_return_null=1を設定し、リプリケーターを実行しても、何も発生しません。(CVE-2019-7148)- elfutils 0.175のlibdwにあるdwarf_getsrclines.c内のread_srclines関数にヒープベースのバッファオーバーリードが見つかりました。細工された入力がセグメンテーション違反を引き起こし、eu-nmによって示されるように、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-7149)elfutils 0.175に問題が発見されました。dwfl_segment_report_moduleが、コアファイルから読み取られたdynデータが切り捨てられたものかどうかをチェックしないため、libelf/elf32_xlatetom.cのelf64_xlatetom関数でセグメンテーション違反が発生する可能性があります。eu-stackが示すように、細工された入力がプログラムクラッシュ発生させ、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-7150)- elfutils 0.175で、libelfのelf32_xlatetom.cにあるelf32_xlatetom関数にヒープベースのバッファオーバーリードが発見されました。ebl_core_noteが不正な形式のコアファイルノートを拒否しないため、細工されたELF入力により、サービス拒否(プログラムのクラッシュ)につながるセグメンテーションフォールトを引き起こされる可能性があります。(CVE-2019-7665)- 0.168より前のelfutilsでは、elf_getdata.cの__libelf_set_rawdata_wrlock関数により、攻撃者が、細工された(1)sh_offまたは(2)sh_size ELFヘッダー値を使用してメモリ割り当ての失敗をトリガーして、サービス拒否(クラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-10255)- elfutils 0.168では、readelf.cのhandle_gnu_hash関数により、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用してサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリードとアプリケーションのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7607)- elfutils 0.168では、eblobjnotetypename.cのebl_object_note_type_name関数により、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用して、サービス拒否(ヒープベースのバッファのオーバーリードとアプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7608)- elfutils 0.168では、elflint.cのcheck_group関数により、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用してサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリードとアプリケーションのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7610)- elfutils 0.168では、elflint.cのcheck_symtab_shndx関数により、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用してサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリードとアプリケーションのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7611)- elfutils 0.168では、elflint.cのcheck_sysv_hash関数により、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用してサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリードとアプリケーションのクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7612)- elfutils 0.168では、elflint.cがセクションの数とセグメントの数を検証しないため、リモートの攻撃者が、細工されたELFファイルを使用してサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-7613)- 2018-08-18より前のelfutilsでは、libdwのdwarf_getaranges.cにあるdwarf_getarangesにより、リモートの攻撃者が、細工されたファイルを使用してサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーリード)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-16062)注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受けるelfutilsパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b5c03acc

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 131663

ファイル名: EulerOS_SA-2019-2510.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2019/12/4

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:elfutils, p-cpe:/a:huawei:euleros:elfutils-devel, p-cpe:/a:huawei:euleros:elfutils-libelf, p-cpe:/a:huawei:euleros:elfutils-libelf-devel, p-cpe:/a:huawei:euleros:elfutils-libs, cpe:/o:huawei:euleros:2.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/sp

除外される KB アイテム: Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/4

参照情報

CVE: CVE-2016-10255, CVE-2017-7607, CVE-2017-7608, CVE-2017-7610, CVE-2017-7611, CVE-2017-7612, CVE-2017-7613, CVE-2018-16062, CVE-2018-18521, CVE-2019-7148, CVE-2019-7149, CVE-2019-7150, CVE-2019-7665