RHEL 7:java-1.7.1-ibm(RHSA-2019:4110)

medium Nessus プラグイン ID 131748

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

java-1.7.1-ibmの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7 Supplementaryで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を中程度と評価しています。詳細な重大度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。IBM Java SEバージョン7リリース1には、IBM Java Runtime EnvironmentとIBM Javaソフトウェア開発キットが含まれています。この更新プログラムで、IBM Java SE 7がバージョン7R1 SR4-FP55にアップグレードされます。セキュリティ修正プログラム:* OpenJDK:Jar URLハンドラーにおけるネストされたjar:URLの不適切な処理(Networking、8223892)(CVE-2019-2978 )* OpenJDK:HttpURLConnectionにおけるHTTPプロキシ応答の不適切な処理(ネットワーク、8225298)(CVE-2019-2989)* OpenJDK:カスタムSocketImplの使用に関する制限がない(ネットワーク、8218573)(CVE-2019-2945)* OpenJDK:DrawGlyphListにおけるNULLポインターデリファレンス(2D、8222690)(CVE-2019-2962)* OpenJDK:細工された正規表現を処理するパターンによりスローされる予期しない例外(同時実行、8222684)(CVE-2019-2964)* OpenJDK:細工されたXPath式を処理するXPathParserによりスローされる予期しない例外(JAXP、8223505)(CVE-2019-2973)* OpenJDK:作成されたXPath式を処理するPathによりスローされる予期しない例外(JAXP、8224532)(CVE-2019-2981)* OpenJDK:Fontオブジェクトのデシリアライズ中にスローされる予期しない例外(シリアル化、8224915)(CVE-2019-2983)* OpenJDK:SunGraphics2Dにおける境界チェックの整数オーバーフロー(2D、8225292)(CVE-2019-2988)* OpenJDK:TrueTypeフォント読み取り時のCMapにおける過剰なメモリ割り当て(2D、8225597)(CVE-2019-2992)* OpenJDK:JavadocのHTMLイベント属性のフィルタリングが不十分です(Javadoc、8226765)(CVE-2019-2999)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:4110

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2945

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2962

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2964

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2973

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2978

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2981

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2983

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2988

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2989

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2992

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2999

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 131748

ファイル名: redhat-RHSA-2019-4110.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/6

更新日: 2019/12/12

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-2989

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/5

脆弱性公開日: 2019/10/16

参照情報

CVE: CVE-2019-2945, CVE-2019-2962, CVE-2019-2964, CVE-2019-2973, CVE-2019-2978, CVE-2019-2981, CVE-2019-2983, CVE-2019-2988, CVE-2019-2989, CVE-2019-2992, CVE-2019-2999

RHSA: 2019:4110