Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のfirefox(20191205)

high Nessus プラグイン ID 131831

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- Mozilla: worker destructionにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-17008)

- Mozilla: Firefox 71とFirefox ESR 68.3で修正されたメモリ安全性に関するバグ(CVE-2019-17012)

- Mozilla: プレーンテキストシリアライザーのバッファオーバーフロー(CVE-2019-17005)

- Mozilla: デバイスの向きの確認を実行するときのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-17010)

- Mozilla: アンチトラッキング状態のドキュメントを取得するときのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-17011)

ソリューション

影響を受けるfirefoxパッケージやfirefox-debuginfoパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?aeb47215

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131831

ファイル名: sl_20191205_firefox_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/9

更新日: 2020/5/29

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-17012

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:firefox, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:firefox-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/5

脆弱性公開日: 2020/1/8

参照情報

CVE: CVE-2019-17005, CVE-2019-17008, CVE-2019-17010, CVE-2019-17011, CVE-2019-17012