Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のカーネル(20191205)

high Nessus プラグイン ID 131832
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- Kernel: KVM: mmioリングバッファを介したOOBメモリアクセス(CVE-2019-14821)

- kernel: ローカルの攻撃者が複数のメモリ解放後使用(Use After Free)条件をトリガーして、権限を昇格させる可能性があります(CVE-2019-15239)

バグ修正プログラム:

- SL 7.7カーネルには、NVMeドライブのSCSI VPD情報がない(InfoScaleが破損する)

- SL7 fnic spammingログ: 現在のvnic速度は次に設定:
40000

- カーネルビルド: redhat/mod-sign.shの並列化

- カーネルビルド: モジュールの圧縮ステップを高速化

- Windowsゲスト上のネストされたVirtualBox VMは、他のKVMゲストに割り当てられたメモリ領域に影響を与える可能性があります

- check_preempt_wakeup+0x109でのNULLポインターデリファレンス

- リグレッション:pick_next_task_rtのパニック

- ixgbeは、RHEL 7のアダプターリセットで「Detected Tx Unit Hang」を報告します

- [Intel 7.8バグ ] [KVM][CLX] CPUID_7_0_EDX_ARCH_CAPABILITIESはVMで有効になっていません。

- nvme:タイムアウトハンドラーから呼び出されたときのblk_mq_tagset_wait_completed_request()のデッドループ

-[mlx5] VF Representerの命名がOSPD展開での再起動を通じて一貫性がないか、永続的です

- OS QLogic Corpのドライバーに問題があるため再起動します。PCI Express HBAに対するISP2532ベースの8Gbファイバーチャネル[1077:2532](rev 02)。

- mlx5: VF LAG構成で負荷分散が機能しない

- SL7.8 - ISST-LTE: vimlp1: LTP af_alg04.c(crypto)を実行するとLPARがクラッシュする

- SL7.5 - 暗号vmxのセキュリティ問題を修正

- SL 7.7 RC1 - ホストがスイッチポートバウンステストで約4.5時間クラッシュします

-SL7.6 - LPMと比較してcacheinfoコードが安全ではない

- xfsはxfs_bufセマフォの取得時にハングアップする

- open_posix_testsuite中にシングルCPU VMがハングアップする

- nohz_fullで起動中にCPUでcu_sched self-detected stallが発生する

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7767f8d3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131832

ファイル名: sl_20191205_kernel_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/9

更新日: 2020/2/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-15239

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:bpftool, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:bpftool-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/5

脆弱性公開日: 2019/8/20

参照情報

CVE: CVE-2019-14821, CVE-2019-15239