RHEL 7:kernel(RHSA-2019:4159)

high Nessus プラグイン ID 131980

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

カーネルの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 7.3 Advanced Update Support、Red Hat Enterprise Linux 7.3 Telco Extended Update Support、Red Hat Enterprise Linux 7.3 Update Services for SAP Solutionsで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重大度高と評価しています。詳細な重大度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。カーネルパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。セキュリティ修正プログラム:*カーネル:xfrmの領域外ヒープアクセス(CVE-2017-7184)*カーネル:UFOから非UFOへのパスの切り替えによる悪用可能なメモリ破損(CVE-2017-1000112)*カーネル:netfilter/ebtables.c内のebt_entry構造体のユーザーランドオフセットを介した領域外書き込み(CVE-2018-1068)*カーネル:不適切なソケットの複製によるメモリ破損(CVE-2018-9568)*カーネル:fs/inode.c:inode_init_owner()にチェックが欠落しているため非メンバーの非ディレクトリのSGIDビットがクリアされない(CVE-2018-13405)*カーネル:AF_PACKET実装の競合状態によるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2018-18559)*カーネル:ページキャッシュサイドチャネル攻撃(CVE-2019-5489)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。バグ修正:* IPv6 UDPのUFOチェックサムとHWチェックサムの使い方に整合性なし(BZ#1773816)* UFOをサポートするデバイスでESP使用時にUDPv6パケットが不適切にフラグメント化される(BZ#1774503)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:4159

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7184

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-1000112

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-1068

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-9568

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-13405

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-18559

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5489

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 131980

ファイル名: redhat-RHSA-2019-4159.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/12

更新日: 2022/5/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-9568

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/10

脆弱性公開日: 2017/3/19

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Linux Kernel UDP Fragmentation Offset (UFO) Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2017-7184, CVE-2017-1000112, CVE-2018-1068, CVE-2018-9568, CVE-2018-13405, CVE-2018-18559, CVE-2019-5489

RHSA: 2019:4159