VMSA-2019-0022:VMware ESXiの更新プログラムは、OpenSLPのリモートコード実行の脆弱性に対処しています。

critical Nessus プラグイン ID 132017

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

VVMware ESXiの更新プログラムは、OpenSLPのリモートコード実行の脆弱性に対処しています(CVE-2019-5544)ESXiで使用されているOpenSLPにはヒープ上書きの問題があります。ESXiホスト上のポート427に対するネットワークアクセス権限を持つ悪意のある攻撃者が、OpenSLPサービスのヒープを上書きして、リモートでコードを実行する可能性があります。

ソリューション

不足しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2019/000479.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 132017

ファイル名: vmware_VMSA-2019-0022.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2019/12/12

更新日: 2022/1/25

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5544

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/5

脆弱性公開日: 2019/12/6

CISAの既知の悪用日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2019-5544

VMSA: 2019-0022