openSUSEセキュリティ更新プログラム:Linux カーネル(openSUSE-2019-2675)

critical Nessus プラグイン ID 132032

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

openSUSE Leap 15.1 カーネルが更新され、さまざまなセキュリティおよびバグの修正が行われました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2019-15211:drivers/media/v4l2-core/v4l2-dev.cに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされるメモリ解放後使用がありました(bnc#1146519)。

- CVE-2019-15213:drivers/media/usb/dvb-usb/dvb-usb-init.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされるメモリ解放後使用がありました(bnc#1146544)。

- CVE-2019-19531:drivers/usb/misc/yurex.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがありました(別名CID-fc05481b2fca)(bnc#1158427 1158445)。

- CVE-2019-19543:drivers/media/rc/serial_ir.cのserial_ir_init_module()にメモリ解放後使用があります(bnc#1158427)。

- CVE-2019-19525:drivers/net/ieee802154/atusb.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがあります(別名CID-7fd25e6fc035)(bnc#1158417)。

- CVE-2019-19530:drivers/usb/class/cdc-acm.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがあります(別名CID-c52873e5a1ef)(bnc#1158410)。

- CVE-2019-19536:drivers/net/can/usb/peak_usb/pcan_usb_pro.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のある情報漏洩のバグがあります(別名CID-ead16e53c2f0)(bnc#1158394)。

- CVE-2019-19524:drivers/input/ff-memless.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがあります(別名CID-fa3a5a1880c9)(bnc#1158413)。

- CVE-2019-19528:drivers/usb/misc/iowarrior.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがあります(別名CID-edc4746f253d)(bnc#1158407)。

- CVE-2019-19534:drivers/net/can/usb/peak_usb/pcan_usb_core.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のある情報漏洩のバグがあります(別名CID-f7a1337f0d29)(bnc#1158398)。

- CVE-2019-19529:drivers/net/can/usb/mcba_usb.cドライバーに、悪意のあるUSBデバイスによって引き起こされる可能性のあるメモリ解放後使用のバグがあります(別名CID-4d6636498c41)(bnc#1158381)。

- CVE-2019-14901:Marvell WiFiチップドライバーでヒープオーバーフローの欠陥が見つかりました。この脆弱性により、リモート攻撃者がシステムクラッシュを引き起こし、サービス拒否や任意のコードの実行につながる可能性がありました。この脆弱性に伴う最大の脅威は、システムの可用性に伴います。コードの実行が発生すると、コードはrootの権限で実行します。これは、システム上のファイルの機密性と整合性の両方に影響を与えます(bnc#1157042)。

- CVE-2019-14895:Marvell WiFiチップドライバーでヒープベースのバッファオーバーフローが発見されました。この欠陥は、リモートデバイスの国設定の処理中にステーションが接続ネゴシエーションを試行するときに発生する可能性があります。これにより、リモートデバイスが、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性がありました(bnc#1157158)。

- CVE-2019-18660:Spectre-RSBの緩和策がすべての該当するCPUに適用されていないため、powerpc上のLinuxカーネルが情報漏洩を引き起こす可能性がありました(別名CID-39e72bf96f58)。これは、arch/powerpc/kernel/entry_64.Sとarch/powerpc/kernel/security.cに関連します(bnc#1157038)。

- CVE-2019-18683:drivers/media/platform/vividで問題が発見されました。この問題は、ローカルユーザーが/dev/video0へのアクセス権を持っている一部のLinuxディストリビューションで権限昇格に悪用される可能性がありますが、これが発生するのはドライバーが意図せずロードされた場合だけです。このドライバーには、ストリーミング停止中の複数の競合状態があります(V4L2サブシステムの一部)。これらの問題は、vivid_stop_generate_vid_cap()、vivid_stop_generate_vid_out()、sdr_cap_stop_streaming()、および対応するkthreadsでの間違ったmutexロックによって引き起こされます。これらの競合状態の少なくとも1つがメモリ解放後使用につながります(bnc#1155897)。

- CVE-2019-18809:drivers/media/usb/dvb-usb/af9005.cのaf9005_identify_state()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-2289adbfa559)(bnc#1156258)。

- CVE-2019-19046:drivers/char/ipmi/ipmi_msghandler.cの__ipmi_bmc_register()関数の
メモリリークが修正されました(bnc#1157304)。

- CVE-2019-19078:drivers/net/wireless/ath/ath10k/usb.cのath10k_usb_hif_tx_sg()関数のメモリリークにより、攻撃者がusb_submit_urb()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-b8d17e7d93d2)(bnc#1157032)。

- CVE-2019-19062:crypto/crypto_user_base.cのcrypto_report()関数のメモリリークにより、攻撃者がcrypto_report_alg()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-ffdde5932042)(bnc#1157333)。

- CVE-2019-19057:drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/pcie.cのmwifiex_pcie_init_evt_ring()関数の2つのメモリリークにより、攻撃者がmwifiex_map_pci_memory()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-d10dcb615c8e)(bnc#1157193)。

- CVE-2019-19056:drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/pcie.cの mwifiex_pcie_alloc_cmdrsp_buf()関数のメモリリークにより、攻撃者がmwifiex_map_pci_memory()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-db8fd2cde932)(bnc#1157197)。

- CVE-2019-19068:drivers/net/wireless/realtek/rtl8xxxu/rtl8xxxu_core.cのrtl8xxxu_submit_int_urb()関数のメモリリークにより、攻撃者がusb_submit_urb()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-b8d17e7d93d2)(bnc#1157307)。

- CVE-2019-19063:drivers/net/wireless/realtek/rtlwifi/usb.cのrtl_usb_probe()関数の2つのメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-3f9361695113)(bnc#1157298)。

- CVE-2019-19227:AppleTalkサブシステムでは、register_snap_clientがNULLを返すことで、NULLポインターデリファレンスが発生する可能性がありました。これは、unregister_snap_clientで示されているように、net/appletalk/aarp.cとnet/appletalk/ddp.cのサービス拒否につながる可能性があります(別名CID-9804501fa122)(bnc#1157678)。

- CVE-2019-19081:drivers/net/ethernet/netronome/nfp/flower/main.cのnfp_flower_spawn_vnic_reprs()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)引き起こす可能性がありました(別名CID-8ce39eb5a67a)(bnc#1157045)。

- CVE-2019-19080:drivers/net/ethernet/netronome/nfp/flower/main.cのnfp_flower_spawn_phy_reprs()関数の4つのメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)引き起こす可能性がありました(別名CID-8572cea1461a)(bnc#1157044)。

- CVE-2019-19065:drivers/infiniband/hw/hfi1/sdma.cのsdma_init()関数のメモリリークにより、攻撃者がrhashtable_init()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-34b3be18a04e)(bnc#1157191)。

- CVE-2019-19077:drivers/infiniband/hw/bnxt_re/ib_verbs.cのbnxt_re_create_srq()関数のメモリリークにより、攻撃者がudataへのコピーの失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-4a9d46a9fe14)(bnc#1157171)。

- CVE-2019-19052:drivers/net/can/usb/gs_usb.cのgs_can_open()関数のメモリリークにより、攻撃者がusb_submit_urb()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-fb5be6a7b486)(bnc#1157324)。

- CVE-2019-19067:drivers/gpu/drm/amd/amdgpu/amdgpu_acp.cのacp_hw_init()関数での4つのメモリリークが修正されました(bnc#1157180)。

- CVE-2019-19060:drivers/iio/imu/adis_buffer.cのadis_update_scan_mode()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-ab612b1daf41)(bnc#1157178)。

- CVE-2019-19049:drivers/of/unittest.cのunittest_data_add()関数のメモリリークが修正されました。
(bnc#1157173)。

- CVE-2019-19075:drivers/net/ieee802154/ca8210.cのca8210_probe()関数のメモリリークにより、攻撃者がca8210_get_platform_data()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-6402939ec86e)(bnc#1157162)。

- CVE-2019-19058:drivers/net/wireless/intel/iwlwifi/fw/dbg.cのalloc_sgtable()関数のメモリリークにより、攻撃者がalloc_page()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-b4b814fec1a5)(bnc#1157145)。

- CVE-2019-19074:drivers/net/wireless/ath/ath9k/wmi.cのath9k_wmi_cmd()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました(別名CID-728c1e2a05e4)(bnc#1157143)。

- CVE-2019-19073:drivers/net/wireless/ath/ath9k/htc_hst.cのメモリリークにより、攻撃者がwait_for_completion_timeout()の失敗をトリガーすることで、サービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました。これは、htc_config_pipe_credits()関数、htc_setup_complete()関数、およびhtc_connect_service()関数に影響を与えます(別名CID-853acf7caf10)(bnc#1157070)。

- CVE-2019-19083:drivers/gpu/drm/amd/display/dcの*clock_source_create()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました。これは、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce112/dce112_resource.cのdce112_clock_source_create()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce100/dce100_resource.cのdce100_clock_source_create()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dcn10/dcn10_resource.cのdcn10_clock_source_create()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dcn20/dcn20_resource.cのdcn20_clock_source_create()関数、divers/gpu/drm/amd/display/dc/dce120/dce120_resource.cのdce120_clock_source_create()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce110/dce110_resource.cのdce110_clock_source_create()関数、およびdrivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce80/dce80_resource.cのdce80_clock_source_create()関数に影響を与えます(別名CID-055e547478a1)(bnc#1157049)。

- CVE-2019-19082:drivers/gpu/drm/amd/display/dcの*create_resource_pool()関数のメモリリークにより、攻撃者がサービス拒否(メモリ消費)を引き起こす可能性がありました。これは、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce120/dce120_resource.cのdce120_create_resource_pool()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce110/dce110_resource.cのdce110_create_resource_pool()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce100/dce100_resource.cのdce100_create_resource_pool()関数、drivers/gpu/drm/amd/display/dc/dcn10/dcn10_resource.cのdcn10_create_resource_pool()関数、およびdrivers/gpu/drm/amd/display/dc/dce112/dce112_resource.cのdce112_create_resource_pool()関数に影響を与えます(別名CID-104c307147ad)(bnc#1157046)。

- CVE-2019-15916:net/core/net-sysfs.cのregister_queue_kobjects()にサービス拒否を引き起こすメモリリークがありました(bnc#1149448)。

以下の非セキュリティ問題が修正されました。

- ACPICA:system_memoryとsystem_IOで_REGを実行しません(bsc#1051510)。

- ACPICA:符号付き整数印刷フォーマットとして%uの代わりに%dを使用します(bsc#1051510)。

- ACPI / hotplug / PCI:非ホットプラグブリッジの直下にリソースを割り当てます(bsc#1111666)。

- ACPI / LPSS:PUNITと共有されているI2Cバスをpmc_atom_d3_maskから除外します(bsc#1051510)。

- acpi/nfit、device-dax:一意のnuma-nodeで差別化されたメモリを識別します(bsc#1158071)。

- ACPI / SBS:モジュールを削除したときに稀に発生するoopsを修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:6fire:デッドコードをドロップします(git修正)。

- ALSA:cs4236:符号なし整数のエラーリターン比較を修正します(git修正)。

- ALSA:firewire-motu:clock proc文字列内の誤字を修正します(git修正)。

- ALSA:hda:Cometlake-S PCI IDを追加します(git修正)。

- ALSA:hda - HP ProBook 645 G4のミュートLEDサポートを追加します(git修正)

- ALSA:hda - シャットダウン時に保留中のunsolイベントを修正します(git修正)。

- ALSA:hda:競合するディスプレイ電源アクセスを修正します(bsc#1156928)。

- ALSA:hda/hdmi - アンバインド時にcodec->relaxed_resumeフラグをクリアします(git修正)。

- ALSA:hda:hdmi - ICLおよびTGLプラットフォームのポート番号付けを修正します(git修正)。

- ALSA:hda:hdmi - 冗長なコードコメントを削除します(git修正)。

- ALSA:hda/intel:CometLake PCI IDを追加します(bsc#1156729)。

- ALSA:hda/realtek - ASUS UX431FLCの内蔵スピーカーを有効にします(git修正)。

- ALSA:hda/realtek - Xiaomiのラップトップ上のヘッドセットマイクを有効にします(git修正)。

- ALSA:hda/realtek - 一部のalc236 pintblsをフォールバックテーブルに移動します(git修正)。

- ALSA:hda/realtek - 一部のalc256 pintblsをフォールバックテーブルに移動します(git修正)。

- ALSA:i2c/cs8427:intからcharへの変換を修正します(bsc#1051510)。

- ALSA:intel8x0m:レジスター初期化後にirqハンドラーを登録します(bsc#1051510)。

- ALSA:pcm:snd_pcm_period_elapsed()内のストリームロック使用を修正します(git修正)。

- ALSA:pcm:snd_pcm_plug_alloc()の符合属性バグ(bsc#1051510)。

- ALSA:pcm:非キャッシュ型バッファタイプの別のチェックの欠落(bsc#1111666)。

- ALSA:seq:システムポートの作成時にエラーチェックを行います(bsc#1051510)。

- ALSA:usb-audio:skip_validationオプションを追加します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:Focusrite Scarlett 6i6 gen1の入力処理を修正します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:create_yamaha_midi_quirk()の間違ったNULLチェックを修正します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:処理/拡張ユニットの間違ったサイズチェックを修正します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:ミキサーの解像度テストでのエラーチェックの欠落を修正します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:BADDの解析でのNULLデリファレンスを修正します(git修正)。

- ALSA:usb-audio:停止したエンドポイントにurbを送信しません(git修正)。

- ALSA:usb-audio:sound:usb:bool戻り値型のusb true/false(git修正)。

- appledisplay:スケジュールされた作業内のエラー処理を修正します(git修正)。

- arm64:構成ファイルを更新します。(bsc#1156466)HW_RANDOM_OMAPドライバーを有効にし、ドライバーomap-rngをサポート済みとしてマークします。

- ASoC:davinci:BUG_ON()の使用を強制終了します(安定版4.14.y)。

- ASoC:davinci-mcasp:devm_kasprintfの戻り値を処理します(安定版4.14.y)。

- ASoC:dpcm:hw->rate_maxを正しく初期化します(bsc#1051510)。

- ASoC:Intel:hdac_hdmi:daiの作成時にサンプリングレートを制限します(bsc#1051510)。

- ASoC:kirkwood:外部クロックプローブの延期を修正します(git修正)。

- ASoC:msm8916-wcd-analog:RDAC2 MUX内のRX1の選択を修正します(git修正)。

- ASoC:sgtl5000:lo_vagが0の場合のゼロ除算を回避します(bsc#1051510)。

- ASoC:tegra_sgtl5000:device_node参照カウントを修正します(bsc#1051510)。

- ASoC:tlv320aic31xx:非DSPモードで反転BCLKを処理します(安定版4.14.y)。

- ASoC:tlv320dac31xx:予想されるスイッチフォールスルーをマークします(安定版4.14.y)。

- ata:ep93xx:方向に対して適切なenumを使用します(bsc#1051510)。

- ath10k:ath10k_pci_diag_write_memに小さなサイズのdmaメモリを割り当てます(bsc#1111666)。

- ath10k:起こり得るメモリアクセス違反を回避します(bsc#1111666)。

- ath10k:dma_map_single()のエラー処理を修正します(bsc#1111666)。

- ath10k:napi_disable後にpciフラッシュを移動することによるカーネルパニックを修正します(bsc#1051510)。

- ath10k:エラー時のvdev-startタイムアウトを修正します(bsc#1051510)。

- ath10k:DT ieee80211-freq-limitを介して利用可能なチャネルを制限します(bsc#1051510)。

- ath10k:WCN3990用のrxフィルターのリセットをスキップします(bsc#1111666)。

- ath10k:wmi:ieee80211_rxの呼び出し中にsoftirqを無効にします(bsc#1051510)。

- ath9k:tx99のアクティブモニターインターフェイスを使用するためのバックサポートを追加します(bsc#1051510)。

- ath9k:ath9k_add_interface()内のロックバグを修正します(bsc#1051510)。

- ath9k:計算された新しいFFT上限の報告を修正します(bsc#1051510)。

- ath9k:モニターモードインターフェイスでtx99を修正します(bsc#1051510)。

- ath9k_hw:初期化されていない変数データを修正します(bsc#1051510)。

- ax88172a:短い回答での情報漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- backlight:lm3639:led_classdev_unregisterを無条件で呼び出します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:btusb:セットアップのエラーケースにおけるPM漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:異常なロック解除を削除します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:bcsp_close()内の無効な解放を修正します(git修正)。

- Bluetooth:hci_connect_le_scan内のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:hci_core:HCI_USER_CHANNELの初期化を修正します(bsc#1051510)。

- Bluetooth:L2CAP:リモートでMPS全体を使用できない場合に検出します(bsc#1051510)。

- bnxt_en:HWRM_DBG_COREDUMP_XXコマンドのタイムアウトを増やします(bsc#1104745)。

- bnxt_en:HWRM_DBG_COREDUMP_XXコマンドのタイムアウトを増やします(bsc#1104745 FATE#325918)。

- bnxt_en:ファームウェアのインターフェイス仕様を1.10.0.47に更新します(bsc#1157115)

- bnxt_en:ファームウェアのインターフェイス仕様を1.10.0.89に更新します(bsc#1157115)

- bnxt_en:ファームウェアのインターフェイスを1.10.0.69に更新します(bsc#1157115)

- bpf:BTF制限を修正します(bsc#1109837)。

- bpf:列挙型のBTF検証を修正します(bsc#1109837)。

- bpf:subprogのjitedシンボル削除でのメモリ解放後使用を修正します(bsc#1109837)。

-brcmfmac:チャネルtxでアクションフレームを待機するフルタイムアウトを修正します(bsc#1051510)。

-brcmfmac:間違ったstrnchrの使用を修正します(bsc#1111666)。

-brcmfmac:ファームウェア機能を取得するためにバッファを増やします(bsc#1111666)。

-brcmfmac:アクションフレームスキャンのタイムアウトを減らします(bsc#1051510)。

- brcmsmac:AP mode:TIMの変更時にビーコンを更新します(bsc#1051510)。

- brcmsmac:デフォルトで、「tid x is not agg'able」をログに記録しません(bsc#1051510)。

- brcmsmac:ucodeの割り当てにkvmalloc()を使用します(bsc#1111666)。

- Btrfs:名前変更交換操作後のログコンテキストリストの破損を修正します(bsc#1156494)。

- can:c_can:c_can_poll():ステータスIRQ後にのみステータスレジスターを読み取ります(git修正)。

- can:mcba_usb:切断時のメモリ解放後使用を修正します(git修正)。

- can:peak_usb:パケットのデコード中に非同期になる可能性を修正します(git修正)。

- can:peak_usb:スラブ情報漏洩を修正します(git修正)。

- can:rx-offload:can_rx_offload_offload_one():skb_queue_skb_queue_len_maxを超えてskb_queueを増やしません(git修正)。

- can:rx-offload:can_rx_offload_queue_sorted():エラー処理を修正し、skbメモリリークを回避します(git修正)。

- can:rx-offload:can_rx_offload_queue_tail():エラー処理を修正し、skbメモリリークを回避します(git修正)。

- can:usb_8dev:切断時のメモリ解放後使用を修正します(git修正)。

- ceph:d_revalidate snapdir処理内の欠落しているチェックを追加します(bsc#1157183)。

- ceph:non-O_CREAT atomic_open内のハッシュ化されたdentryの処理を試行しません(bsc#1157184)。

- ceph:__ceph_remove_cap()内のメモリ解放後使用を修正します(bsc#1154058)。

- ceph:ceph_reply_info_extra内の認識されない情報を単にスキップします(bsc#1157182)。

- cfg80211:COUNTRY_IE_IGNOREの設定時の規制復元を回避します(bsc#1051510)。

- cfg80211:APの停止時にdisconnect_wkを呼び出します(bsc#1051510)。

- cfg80211:同時インターフェイスでのSTA切断中の規制復元を阻止します(bsc#1051510)。

- cfg80211:設定時にwmmルールを検証します(bsc#1111666)。

- cgroup、writeback:memcgが機能しない場合は機能しないwbs上ですぐにwbsを切り替えません(bsc#1158645)。

- cifs:既存の読み取り可能なハンドルを探すためのヘルパーをファイルに追加します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:MID 0xFFFFの使用を回避します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:パス名で書き込み可能なハンドルを探すためのヘルパーを作成します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:再接続の発生時のcifsInodeInfo lock_semデッドロックを修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:最大ea値のサイズを修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:欠落している解放操作を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:SMB 2.1+プロトコルのoplock処理を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:再接続時の再試行中間リストの破損を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:SMB2 oplock中断処理を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:ファイル情報構造のメモリ解放後使用を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:LOOKUP_REVALフラグが設定されている場合にdentryの再検証を強制します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:dentryが古い場合にinodeの再検証を強制します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:オープン中のQueryInfoエラーを正常に処理します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:cifsFileInfo_putロジックを作業キューに移動します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:コンパウンドで使用できるようにSMB2_Flushを準備します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:ドメインキーがマルチユーザーで使用されている場合にdomainNameを設定します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:反復中にcifsInodeInfo->open_file_lockを使用してパニックを回避します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:可能な場合は、compound_op(OP_SET_INFO)の既存のハンドルを使用します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- cifs:kzfree()を使用して、パスワードを0で埋めます(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- clk:at91:早期スリープを回避します(git修正)。

- clk:pxa:pxa RTCクロックの1つを修正します(bsc#1051510)。

- clk:samsung:exynos5420:中断/再開でCPUクロック構成を保持します(bsc#1051510)。

- clk:samsung:exynos5420:中断/再開でPLL構成を保持します(git修正)。

- clk:samsung:clk_hw APIを使用して、clk通知子からclkフレームワークを呼び出します(bsc#1051510)。

- clk:sunxi-ng:a80:ビット16および18のゼロ化を修正します(git修正)。

- clocksource/drivers/sh_cmt:32ビットマシンのclocksource幅を修正します(bsc#1051510)。

- clocksource/drivers/sh_cmt:64ビットマシンを修正します(bsc#1051510)。

- compat_ioctl:SIOCOUTQNSDを処理します(bsc#1051510)。

- component:bind()が失敗した場合にunbind()を呼び出すようにループ状態を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:intel_pstate:ACPI PCCHが存在する場合に登録します(bsc#1051510)。

- cpufreq/pasemi:pas_cpufreq_cpu_init()内のメモリ解放後使用を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:powernv:スタック肥大化とCPU数に対するハード制限を修正します(bsc#1051510)。

- cpufreq:中断していない場合はcpufreqの再開をスキップします(bsc#1051510)。

- cpufreq:ti-cpufreq:欠落しているof_node_put()を追加します(bsc#1051510)。

- cpupower:VMware上のコアダンプを修正します(bsc#1051510)。

- cpupower:cpu0がオフラインの場合に機能するcpupowerを修正します(bsc#1051510)。

- cpupower:frequency-set -rオプションによって、関連するcpuリストの最後のcpuが欠落します(bsc#1051510)。

- crypto:af_alg - ki_complete ternary opをintにキャストします(bsc#1051510)。

- crypto:crypto4xx - crypto4xx_destroy_sdr内の二重解放を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:ecdh - ECCライブラリ内のビッグエンディアンのバグを修正します(bsc#1051510)・

- crypto:rsa-kcs1padの暗号化モードでのメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- crypto:geode-aes - cbc(aes)フォールバックのためにskcipherに切り替えます(bsc#1051510)。

- crypto:mxs-dcp - AESの問題を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:mxs-dcp - SHA nullハッシュと出力長を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:mxs-dcp - シンボルの「sha1_null_hash」と「sha256_null_hash」を静的にします(bsc#1051510)。

- crypto:s5p-sss:Fix引数リストの配置を修正します(bsc#1051510)。

- crypto:tgr192 - 不要なセミコロンを削除します(bsc#1051510)。

- cw1200:cw1200_load_firmware()内の符号属性のバグを修正します(bsc#1051510)。

- cxgb4:ULDへのアタッチの失敗時のパニックを修正します(networking-stable-19_11_05)。

- cxgb4:ステータスページに対するTX CIDX更新をリクエストします(bsc#1127354 bsc#1127371)。

-dccp:通信回線上でjiffiesを漏洩させません(networking-stable-19_11_05)。

- dlm:ユーザー空間へのカーネルポインターを漏洩させません(bsc#1051510)。

- dlm:無効な解放を修正します(bsc#1051510)。

- dmaengine:dma-jz4780:MACH_JZ4780に依存しません(bsc#1051510)。

- dmaengine:dma-jz4780:その他の残留ステータスの修正(bsc#1051510)。

- dmaengine:ep93xx:ep93xx_dma_chan_referenceで適切な列挙型を返します(bsc#1051510)。

- dmaengine:imx-sdma:プローブエラーパス上のメモリ解放後使用を修正します(bsc#1051510)。

- dmaengine:rcar-dmac:scatter/gatherの最大セグメントサイズを設定します(bsc#1051510)。

- dmaengine:timb_dma:td_prep_slave_sgで適切な列挙型を使用します(bsc#1051510)。

- docs:protection-keys.rstをcore-apiブックに移動します(bsc#1078248)。

- docs:protection-keys.rstをcore-apiブックに移動します(FATE#322447、bsc#1078248)。

- Documentation:debugfs:符号なしlong値のdebugfsヘルパーを文書化します(git修正)。

- Documentation:x86:protection-keys.txtをreSTに変換します(bsc#1078248)。

- Documentation:x86:protection-keys.txtをreSTに変換します(FATE#322447、bsc#1078248)。

- drm/amdgpu:INTERRUPT_CNTL2からの不良DMAを修正します(bsc#1111666)。

- drm/amd/powerplay:未サポート時にPPSMC_MSG_GetCurrPkgPwrを発行しません(bsc#1113956)

- drm/etnaviv:iommuv2のダンプを修正します(bsc#1113722)

- drm:edid_firmwareログメッセージ内のモジュール名を修正します(bsc#1113956)

- drm/i915:破棄された可能性のあるリクエストを逆参照しません(bsc#1142635)

- drm/i915:MCR選択ロジックを修正して改善します(bsc#1112178)

- drm/i915/gvt:オブジェクト参照の2回のドロップを修正します(bsc#1111666)。

- drm/i915:アクティブリクエストのダンプ中にエンジンをロックします(bsc#1142635)

- drm/i915/pmu:「周波数」が累積サイクルとして報告されます(bsc#1112178)

- drm/i915:エンジンロックのドロップ後にpriolistキャッシュを再取得します(bsc#1129770)

- drm/i915:可能な場合は、cdclk変更のモードセットをスキップします(bsc#1156928)。

- drm/msm:解放時のメモリリークを修正します(bsc#1111666)。

- drm/omap:omap36xxの最大fclk分周器を修正します(bsc#1113722)

- drm/radeon:INTERRUPT_CNTL2からの不良DMAを修正します(git修正)。

- drm/radeon:si_enable_smc_cac()が失敗する問題を修正します(bsc#1113722)

- scsi-qla2xxx-Fix-memory-leak-when-sending-IO-fails.patchをドロップします。このパッチで二重解放が導入されました。Upstreamは、これがメインラインにヒットする前にscsi-queueからドロップしました。
そのため、これもドロップします。

- e1000e:不要な__E1000_Downビット演算をドロップします(bsc#1158049)。

- e1000e:可能な場合はdev_get_drvdataを使用します(bsc#1158049)。

- e1000e:rtnl_lockを使用して、netとpci/pm間の競合状態を阻止します(bsc#1158049)。

- ecryptfs_lookup_interpose():low_dentry->d_inodeが安定しません(bsc#1158646)。

- ecryptfs_lookup_interpose():low_dentry->d_inodeも安定しません(bsc#1158647)。

- EDAC/ghes:ロックとメモリバリアの問題を修正します(bsc#1114279)。EDAC/ghes:refcountを0でインクリメントしても警告しません(bsc#1114279)。

- EDAC/ghes:ghes_edac削除パス内のメモリ解放後使用を修正します(bsc#1114279)。

- ext4:inline_dataファイルシステムのパンチホールを修正します(bsc#1158640)。

- ext4:IOCB_NOWAITの直接I/O読み取りロックパターンを更新します(bsc#1158639)。

- extcon:cht-wc:デフォルトのケースから戻って警告を回避します(bsc#1051510)。

- fbdev:sbuslib:sbusfb_ioctl_helper()内の整数オーバーフロー(bsc#1051510)。

- fbdev:sbuslib:put_user()のチェック済みバージョンを使用します(bsc#1051510)。

- ftrace:PERMANENT ftrace_opsフラグを導入します(bsc#1120853)。

- gpiolib:acpi:run_edge_events_on_boot_blacklistにTerra Pad 1061追加します(bsc#1051510)。

- gpio:mpc8xxx:デフォルトのirq_set_typeコールバックを上書きしません(bsc#1051510)。

- gpio:syscon:NULLポインターの使用の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- gsmi:append_to_eventlog sysfsハンドラー内のバグを修正します(bsc#1051510)。

- HID:ASUS T100CHIキーボードドックバッテリーのquirkを追加します(bsc#1051510)。

- HID:Microsoft PIXART OEMマウスのquirkを追加します(bsc#1051510)。

- HID:asus:T100CHI Bluetoothキーボードドック特殊キーマッピングを追加します(bsc#1051510)。

- HID:デバイスが入力を備えているという前提を修正します(git修正)。

- HID:wacom:generic:シリアル番号フィールドと関連フィールドを符号なしとして扱います(git修正)。

- hwmon:(ina3221)INA3221_CONFIG_MODEマクロを修正します(bsc#1051510)。

- hwmon:(pwm-fan)プローブ延期でエラーを出力しないようにします(bsc#1051510)。

- hwrng:omap3-rom - アイドル状態でない場合にのみ、終了時にclk_disable_unprepare()を呼び出します(bsc#1051510)。

- hwrng:omap - RNG待機ループのタイムアウトを修正します(bsc#1051510)。

- hypfs:構造体ポインターメンバー内に残っているエラー番号を修正します(bsc#1051510)。

- i2c:of:親と一致するI2Cアダプターを探します(bsc#1129770)

- i40e:X710サポートを有効にします(bsc#1151067)。

- IB/mlx5:mp_slaveモードでmpiを解放します(bsc#1103991)。

- IB/mlx5:mp_slaveモードでmpiを解放します(bsc#1103991 FATE#326007)。

- IB/mlx5:MLX5_CMD_OP_QUERY_LAGをDEVX一般コマンドとしてサポートします(bsc#1103991)。

- IB/mlx5:MLX5_CMD_OP_QUERY_LAGをDEVX一般コマンドとしてサポートします(bsc#1103991 FATE#326007)。

- ibmvnic:デバイスクエリの待機を制限します(bsc#1155689 ltc#182047)。

- ibmvnic:完成構造の初期化を修正します(bsc#1155689 ltc#182047)。

- ibmvnic:デバイスクエリをシリアル化します(bsc#1155689 ltc#182047)。

- ibmvnic:サービスの停止後に待機しているデバイススレッドを終了します(bsc#1155689 ltc#182047)。

- ice:ループカウンターが小さすぎるために発生する可能性がある無限ループを修正します(bsc#1118661)。

- ice:ループカウンターが小さすぎるために発生する可能性がある無限ループを修正します(bsc#1118661 FATE#325277)。

- iio:adc:max9611:gain_selectorsを明示的にキャストします(bsc#1051510)。

- iio:adc:stm32-adc:dmaの停止を修正します(git修正)。

- iio:dac:mcp4922:mcp4922_write_raw内のエラー処理を修正します(bsc#1051510)。

- iio:imu:adis16480:操作が成功した場合にのみバイアス値を割り当てます(git修正)。

- iio:imu:adis16480:指定された頻度が正であることを確認します(git修正)。

- iio:imu:adis:操作が成功した場合にのみ、debugfsフックで読み取り値を割り当てます(git修正)。

- iio:imu:adis:読み取り関数のリターンコードが0の場合にのみ、値を割り当てます(git修正)。

- include/linux/bitrev.h:定数bitrevを修正します(bsc#1114279)。

- inet:通信回線上でのjiffiesの漏洩を停止します(networking-stable-19_11_05)。

- 入力:ff-memless - destroy()内のタイマーを強制終了します(bsc#1051510)。

- 入力:siread - 再開が失敗した後にファームウェアのリロードを試みます(bsc#1051510)。

- 入力:st1232 - INPUT_PROP_DIRECTプロパティを設定します(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics-rmi4 - F54のIRQイネーブルをクリアします(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics-rmi4 - 削除時にF54 poller作業キューを破棄します(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics-rmi4 - F12ドライバーで相対位置IRQを無効にします(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics-rmi4 - 保持している以上のデータを消費しません(F11、F12)(bsc#1051510)。

- 入力:synaptics-rmi4 - 動画のバッファサイズを修正します(git修正)。

- intel_th:エラーパス内の二重のput_device()を修正します(git修正)。

- iomap:スプライス中のパイプページ漏洩を修正します(bsc#1158651)。

- iommu/vt-d:QI_DEV_IOTLB_PFSIDマクロとQI_DEV_EIOTLB_PFSIDマクロを修正します(bsc#1158063)。

- ipmi:dmi:ゼロベースアドレスを持つIPMI SMBIOSエントリを無視します(bsc#1051510)。

- ipv4:ルートを作成できないがsaddrが有効な場合は-ENETUNREACHを返します(networking-stable-19_10_24)。

- irqdomain:名前付きfwnodeのdomain->fwnodeの欠落している割り当てを追加します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:api:圧縮されたBA通知配列サイズに注釈を付けます(bsc#1051510)。

- iwlwifi:kasprintf()の戻り値をチェックします(bsc#1051510)。

- iwlwifi:CD内の不良ステータスのパケットをドロップします(bsc#1111666)。

- iwlwifi:mvm:多すぎるBARの送信を回避します(bsc#1051510)。

- iwlwifi:mvm:D3の入力時にキーを送信しません(bsc#1051510)。

- iwlwifi:mvm:正しいFIFO長を使用します(bsc#1111666)。

- iwlwifi:pcie:再要求メッセージをMAX_MSG_LENに合わせます(bsc#1111666)。

- iwlwifi:pcie:新しいデバイスの正しいprphアドレスを読み取ります(bsc#1111666)。

- ixgbe:xdpによるTx記述子の二重消去を修正します(bsc#1113994 )。

- ixgbe:xdpによるTx記述子の二重消去を修正します(bsc#1113994 FATE#326315 FATE#326317 )。

- ixgbevf:IPsec Txオフロードに対するsecpathの使用を修正します(bsc#1113994 )。

- ixgbevf:IPsec Txオフロードに対するsecpathの使用を修正します(bsc#1113994 FATE#326315 FATE#326317 )。

- kABI:「KVM:x86:vcpu->arch.xsaves_enabledを導入します」を修正します(bsc#1158066)。

- alloc_dax_regionのkABI修正(bsc#1158071)。

- kabi:s390:構造体サブチャネル(git修正)。

- ath10k hw_filter_reset_requiredフィールドのkABI回避策(bsc#1111666)。

- ath10k last_wmi_vdev_start_statusフィールドのkABI回避策(bsc#1051510)。

- iwlwifi iwl_rx_cmd_bufferの変更のkABI回避策(bsc#1111666)。

- 構造体mwifiex_power_cfgの変更のkABI回避策(bsc#1051510)。

- KVM:s390:__insn32_query()インラインアセンブリを修正します(git修正)。

- KVM:s390:vsie:APやキーがない場合はCRYCBをシャドー化しません(git修正)。

- KVM:s390:vsie:無効なCRYCB形式に対して正しい値を返します(git修正)。

- KVM:SVM:WBINVD/DF_FLUSHの実行時にDEACTIVATEから保護します(bsc#1114279)。

- KVM:SVM:SEV ASIDビットマップへのアクセスをシリアル化します(bsc#1114279)。

- KVM:VMX:PID.PIRを考慮して、vCPUに保留中の割り込みがあるかどうかを判断します(bsc#1158064)。

- KVM:VMX:ゲストIA32_XSSサポートの条件を修正します(bsc#1158065)。

- KVM:x86:vcpu->arch.xsaves_enabledを導入します(bsc#1158066)。

- KVM:x86/mmu:kvm_mmu_zap_all_fast()の使用時にpatches_lockを取得します(bsc#1158067)。

- libnvdimm:領域と名前空間のtarget_node属性をエクスポートします(bsc#1158071)。

- lib/scatterlist:sgl_alloc_order()内のチェーンサポートを修正します(git修正)。

- lib/scatterlist:sgl_alloc()とsgl_free()を導入します(git修正)。

- liquidio:命令完了処理における競合状態を修正します(bsc#1051510)。

- livepatch:システム状態の変化のバージョンを区別できるようにします(bsc#1071995)。

- livepatch:システム状態の変化のバージョンを区別できるようにします(bsc#1071995 fate#323487)。

- livepatch:システム状態の変化を追跡するための基本API(bsc#1071995)。

- livepatch:システム状態の変化を追跡するための基本API(bsc#1071995 fate#323487)。

- livepatch:post_patchコールバックが呼び出されるまで、置換されたパッチを保持します(bsc#1071995)。

- livepatch:post_patchコールバックが呼び出されるまで、置換されたパッチを保持します(bsc#1071995 fate#323487)。

- livepatch:システム状態の変化を追跡するためのAPIのセルフテスト(bsc#1071995)。

- livepatch:システム状態の変化を追跡するためのAPIのセルフテスト(bsc#1071995 fate#323487)。

- loop:論理ブロックサイズを変更するためにioctlを追加します(bsc#1108043)。

- loop:no-unmap write-zeroesリクエストの動作を修正します(bsc#1158637)。

- lpfc:設定された最後のCPU IDでCPUマップを区別します(bsc#1157160)。

- mac80211:STA_NULLFUNC_ACKEDのQoS Nullフレームを考慮します(bsc#1051510)。

- mac80211:minstrel:CCKレートグループストリームの値を修正します(bsc#1051510)。

- mac80211:minstrel:HTモードでのCCKレートのサンプリング/報告を修正します(bsc#1051510)。

- macvlan:エラーが発生してもbc_workをスケジュールします(bsc#1051510)。

- mailbox:クライアントがtxdoneを認識している場合にtxdone_method TXDONE_BY_POLLをリセットします(git修正)。

- media:au0828:間違ったエラーメッセージを修正します(bsc#1051510)。

- media:bdisp:解放時のメモリリークを修正します(git修正)。

- media:cxusb:クエリ内のcxusb_ctrl_msgエラーを検出します(bsc#1051510)。

- media:davinci:暗黙的な列挙型変換警告を修正します(bsc#1051510)。

- media:exynos4-is:isp_video_release()内の再帰的ロックを修正します(git修正)。

- media:fix:media:pci:meye:オフセットを検証して任意アクセスを回避します(bsc#1051510)。

- media:flexcop-usb:エラー状態で-EIOが返されるようにします(git修正)。

- media:imon:imon_touch_eventでの無効なデリファレンス(bsc#1051510)。

- media:isif:NULLポインターデリファレンスのバグを修正します(bsc#1051510)。

- media:pci:ivtv:ivtv_yuv_init()内のsleep-in-atomic-contextのバグを修正します(bsc#1051510)。

- media:pxa_camera:pdev->dev.of_nodeのチェックを修正します(bsc#1051510)。

- media:radio:wl1273:解放時の割り込みマスキングを修正します(git修正)。

- media:ti-vpe:vpe:動きベクトルvpdmaストライドを修正します(git修正)。

- media:usbvision:開く、閉じる、および切断間の競合を修正します(bsc#1051510)。

- media:vim2m:中止の問題を修正します(git修正)。

- media:vivid:vid_cap_streamingとvid_out_streamingをtrueに設定します(bsc#1051510)。

- mei:modaliasドキュメンテーションを修正します(git修正)。

- mei:samples:amt_host_if_call()内の符号属性のバグを修正します(bsc#1051510)。

- mfd:intel-lpss:Gemini Lake用のデフォルトのI2Cデバイスプロパティを追加します(bsc#1051510)。

- mfd:max8997:irq-wakeupを無条件で有効にします(bsc#1051510)。

- mfd:mc13xxx-core:ADC値の読み取り時のPMICシャットダウンを修正します(bsc#1051510)。

- mfd:palmas:tps65917に適切なpowerholdマスクを割り当てます(git修正)。

- mfd:ti_am335x_tscadc:子が起動可能な場合は、ADCインターフェイスをオンのままにします(bsc#1051510)。

- mISDN:ctrl_teimanager内のスイッチ制御変数のタイプを修正します(bsc#1051510)。

- mlx5:拡張IPoIBを無効にするためのパラメーターを追加します(bsc#1142095)

- mlx5:拡張IPoIBを無効にするためのパラメーターを追加します(bsc#1142095)不正にバックポートされたパッチを修正します

- mlxsw:spectrum_flower:ユーザーが複数のミラーアクションを指定した場合に失敗します(bsc#1112374)。

- mmc:コア:wl1251 sdio quirkを修正します(git修正)。

- mmc:host:omap_hsmmc:wl1251の特殊な初期化用のコードを追加して、pandora_wl1251_init_cardを排除します(git修正)。

- mmc:mediatek:msdc_cmd_is_readyが失敗した場合に新しいリクエストを受信できない問題を修正します(bsc#1051510)。

- mm/compaction.c:新しいゾーンをスキャンする前に、total_(migrate,free)_scannedをクリアします(git fixes(mm/compaction))。

- mmc:sdhci-esdhc-imx:ERR004536の修正を修正します(git修正)。

- mmc:sdhci-of-at91:quirk2の上書きを修正します(git修正)。

- mmc:sdio:wl1251ベンダーidを修正します(git修正)。

- mm/debug.c:PageAnon()はPageKsm()ページに当てはまります(git fixes(mm/debug))。

- mm、thp:touch_p[mu]d()でページテーブルを無条件にダーティにしません(git fixes(mm/gup))。

- mt7601u:mt7601u_wait_bbp_ready内のbbpバージョンチェックを修正します(bsc#1051510)。

- mt76x0:ハードウェア機能を初期化します。

- mtd:nand:mtk:ecc irqに関する間違ったレジスター設定順序を修正します。

- mtd:spear_smi:書き込みバーストモードを修正します(bsc#1051510)。

- mtd:spi-nor:spi_nor_read()内のサイレント切り捨てを修正します(bsc#1051510)。

- mwifex:中断状態のrx_cmd skbを解放します(bsc#1111666)。

-mwifiex:中断状態のURBを送信しません(bsc#1111666)。

-mwifiex:NL80211_TX_POWER_LIMITEDを修正します(bsc#1051510)。

- nbd:メモリリークを阻止します(bsc#1158638)。

- net:__skb_wait_for_more_packets()に
READ_ONCE()注釈を追加します(networking-stable-19_11_05)。

- net:skb_queue_empty_lockless()を追加します(networking-stable-19_11_05)。

- net:sk->sk_incoming_cpuへのアクセスに注釈を付けます(networking-stable-19_11_05)。

- net:sk->sk_napi_idへのロックレスアクセスに注釈を付けます(networking-stable-19_11_05)。

- net:tc_ctl_action()内の無限ループの可能性を回避します(networking-stable-19_10_24)。

- net:bcmgenet:GeneT v1/2/3のRGMII_MODE_EN値を修正します(networking-stable-19_10_24)。

- net:bcmgenet:エネルギー検出時に40nm EPHYをリセットします(networking-stable-19_11_05)。

- net:bcmgenet:内部PHYに対してのみphydev->dev_flagsをセットします(networking-stable-19_10_24)。

- net:dsa:b53:既存のミラー化されたポートマスクをクリアしません(networking-stable-19_11_05)。

- net:dsa:bcm_sf2:8以外のポートのIMPセットアップを修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:dsa:スイッチツリーリストを修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:ethernet:ftgmac100:SWチェックサムに伴うDMAコヒーレンシ問題を修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:メモリ再要求からのsk_page_frag()の再帰を修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:hisilicon:高スループットを処理する際のpingの遅延を修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:hns3:ロック期間中にGFPフラグを変更します(bsc#1104353 )。

- net:hns3:ロック期間中にGFPフラグを変更します(bsc#1104353 FATE#326415 )。

- net:hns3:debugfsで未サポートのコマンドを問い合わせません(bsc#1104353)。

- net:hns3:debugfsで未サポートのコマンドを問い合わせません(bsc#1104353 FATE#326415)。

- net:hns3:hclge_mac_update_stats()内のGFPフラグエラーを修正します(bsc#1126390)。

- net:hns3:一部のリセットハンドシェイク問題を修正します(bsc#1104353)。

- net:hns3:一部のリセットハンドシェイク問題を修正します(bsc#1104353 FATE#326415)。

- net:hns3:不要なMAC TNL割り込みを阻止します(bsc#1104353 bsc#1134983)。

- net:hns3:不要なMAC TNL割り込みを阻止します(bsc#1104353 FATE#326415 bsc#1134983)。

- net:hns:NAPIパスのデッドロックを発生させる異常なnetpollロックを修正します(bsc#1104353)。

- net:hns:NAPIパスのデッドロックを発生させる異常なnetpollロックを修正します(bsc#1104353 FATE#326415)。

- net/ibmvnic:H_EOIからのH_FUNCTIONの戻りを無視し、XIVEモードを容認します(bsc#1089644、ltc#166495、ltc#165544、git修正)。

- net/mlx4_core:VFごとにカウンターの保証量を動的に設定します(networking-stable-19_11_05)。

- net/mlx5e:最大fdbフローのeswitchデバッグ出力を修正します(bsc#1103990 )。

- net/mlx5e:最大fdbフローのeswitchデバッグ出力を修正します(bsc#1103990 FATE#326006 )。

- net/mlx5e:ethtool自己テスト:リンク速度を修正します(bsc#1103990 )。

- net/mlx5e:ethtool自己テスト:リンク速度を修正します(bsc#1103990 FATE#326006 )。

- net/mlx5e:NAPIバジェットが低い場合の圧縮されたCQEの処理を修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net/mlx5e:LRO機能がドロップされたか許可されない場合に警告を出力します(bsc#1103990)。

- net/mlx5e:LRO機能がドロップされたか許可されない場合に警告を出力します(bsc#1103990 FATE#326006)。

- net/mlx5:FWTrace、スタック使用率を下げます(bsc#1103990)。

- net/mlx5:FWTrace、スタック使用率を下げます(bsc#1103990 FATE#326006)。

- netns:rtnl_net_notifyid()内のGFPフラグを修正します(networking-stable-19_11_05)。

- net:phy:bcm7xxx:40nm EPHY用のsoft_resetを定義します(bsc#1119113)。

- net:phy:bcm7xxx:40nm EPHY用のsoft_resetを定義します(bsc#1119113 FATE#326472)。

- net:phylink:フロー制御の解決を修正します(bsc#1119113)。

- net:phylink:フロー制御の解決を修正します(bsc#1119113 FATE#326472)。

- net:sched:cbs:ポートレートの計算時のゼロ除算を回避します(bsc#1109837)。

- net/sched:cbs:cbsインスタンスがリストに追加されない問題を修正します(bsc#1109837)。

- net/sched:cbs:cbs_set_port_rateでデフォルトのリンク速度を10 Mbpsに設定します(bsc#1109837)。

- net:sched:tcf_action_destroy()内のクラッシュの可能性を修正します(bsc#1109837)。

- net:sched:並べ替えの問題を修正します(bsc#1109837)。

- net/smc:ノンブロッキング接続の場合のフォールバックを回避します(git修正)。

- net/smc:SMC_CLOSED状態でtx_workをスケジュールしません(git修正)。

- net/smc:フォールバックSMCソケットのクローズを修正します(git修正)。

- net/smc:smc_init内のエラーパスを修正します(git修正)。

- net/smc:イーサネットインターフェイス参照カウントを修正します(git修正)。

- net/smc:ノンブロッキングconnect()のfastopenを修正します(git修正)。

- net/smc:ノンブロッキングconnect()の参照カウントを修正します(git修正)。

- net/smc:ノンブロッキングconnect() -part 2の参照カウントを修正します(git修正)。

- net/smc:VLAN idを使用したSMCDリンクグループの作成を修正します(git修正)。

- net/smc:smc_listen_work()内のSMC-Rのvlan_idを維持します(git修正)。

- net/smc:inet_sock_diag内のリジナルソケットファミリー(git修正)。

- net:sock_map、sockハッシュケースで欠落しているulpチェックを修正します(bsc#1109837)。

- net:stmmac:中断/再開フローでptp_ref_clkを無効化/有効化します(networking-stable-19_10_24)。

- net:ビジーポーリングコンテキストでskb_queue_empty_lockless()を使用します(networking-stable-19_11_05)。

- net:poll()ハンドラーでskb_queue_empty_lockless()を使用します(networking-stable-19_11_05)。

- net:wireless:ti:ローカルのVENDOR_IDとDEVICE_IDの定義を削除します(git修正)。

- net:wireless:ti:wl1251は新しいSDIO_VENDOR_ID_TI_WL1251定義を使用します(git修正)。

- net:ethtool_get_wolでの構造体ethtool_wolinfoのゼロ化(networking-stable-19_11_05)。

- nfc:netlink:二重のデバイス参照ドロップを修正します(git修正)。

- NFC:nxp-nci:I2C通信エラー後のNULLポインターデリファレンスを修正します(git修正)。

- nfc:port100:コマンドの失敗を正確に処理します(git修正)。

- nfp:flower:nfp_flow_spawn_vnic_reprs内のメモリリークを修正します(bsc#1109837)。

- nfp:flower:nfp_flower_spawn_phy_reprs内のメモリリークを阻止します(bsc#1109837)。

- nl80211:GET_KEY返信属性を修正します(bsc#1051510)。

- nvme-tcp:SUCCESSフラグ付きのC2HDataをサポートします(bsc#1157386)。

- ocfs2:ocfs2_wqがnullであることによるパニックを修正します(bsc#1158644)。

- ocfs2:「PTR_ERR」警告に0が渡される問題を修正します(bsc#1158649)。

- openvswitch:フローコマンドメッセージサイズを修正します(git修正)。

- padata:padata_reorderでsmp_mbを使用して、孤立したpadataジョブを回避します(git修正)。

- PCI/ACPI:ASPM無効化に関するエラーメッセージを修正します(bsc#1051510)。

- PCI:Cavium ACS quirkをThunderX2とThunderX3に適用します(bsc#1051510)。

- PCI:dwc:find_next_bit()の使用を修正します(bsc#1051510)。

- PCI:Intel ACS quirk UPDCRレジスターアドレスを修正します(bsc#1051510)。

- PCI/MSI:再開時の間違ったMSI-Xマスキングを修正します(bsc#1051510)。

- PCI:pciehp:中断時に割り込みを2回無効にしないようにします(bsc#1111666)。

- PCI/PM:レガシー電源管理の場合もPCIe PMEステータスをクリアします(bsc#1111666)。

- PCI/PME:削除時のメモリ解放後使用の可能性を修正します(git修正)。

- PCI/PTM:粒度メッセージから間違った「d」を削除します(bsc#1051510)。

- PCI:rcar:初期化シーケンスに欠落しているMACCTLRレジスター設定を修正します(bsc#1051510)。

- PCI:sysfs:削除属性に対してlockdepを無視します(git修正)。

- PCI:tegra:緩和された順序付けをTegra20とTegra30に対してのみ有効にします(git修正)。

- perf/x86/amd:タイムスタンプを使用するようにNMIレイテンシ緩和を変更/修正します(bsc#1142924)。

- phy:phy-twl4030-usb:拒否されたランタイムアクセスを修正します(git修正)。

- pinctl:ti:iodelay:pinctrl_count_index_with_args呼び出しでのエラーチェックを修正します(git修正)。

- pinctrl:at91:複数のgpiochipで同じirqchipを使用しません(git修正)。

- pinctrl:cherryview:IRQチップを動的に割り当てます(git修正)。

- pinctrl:lewisburg:v1.1v6に基づいてピンリストを更新します(bsc#1051510)。

- pinctrl:lpc18xx:PIN_CONFIG_GPIO_PIN_INTにdefineディレクティブを使用します(bsc#1051510)。

- pinctrl:qcom:spmi-gpio:gpio-hog関連のブート問題を修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:samsung:初期化コードでのデバイスノード参照カウントの漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:samsung:S3C24xxウェイクアップコントローラー初期化でのデバイスノード参照カウントの漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:samsung:S3C64xxウェイクアップコントローラー初期化でのデバイスノード参照カウントの漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:sunxi:「sunxi_pinctrl_build_state()」内のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- pinctrl:zynq:PIN_CONFIG_IO_STANDARDにdefineディレクティブを使用します(bsc#1051510)。

- PM / devfreq:available_governors_show内のNULLガバナーをチェックします(git修正)。

- PM / devfreq:exynos-bus:クロック有効化シーケンスを修正します(bsc#1051510)。

- PM / devfreq:trans_stat_showでdevfreqをロックします(git修正)。

- PM / devfreq:passive:コンパイラの警告を修正します(bsc#1051510)。

- PM / devfreq:passive:非devm通知子を使用します(bsc#1051510)。

- PM/hibernate:ハイバネーションの前にmd5ダイジェストの生成が成功したかどうかをチェックします(bsc#1051510)。

- powerpc/64:メルトダウンレポートをBook3S 64固有にします(bsc#1091041)。

- powerpc/book3s64/hash:プライマリハッシュがいっぱいの場合は、固定マッピングにセカンダリハッシュを使用します(bsc#1157778 ltc#182520)。

- powerpc/bpf:末尾呼び出しの実装を修正します(bsc#1157698)。

- powerpc/pseries:dlpar_offline_cpu内のチェックパッチ警告を解決します(bsc#1156700 ltc#182459)。

- powerpc/pseries:固定マッピング用のハッシュページテーブル挿入に失敗しないようにします(bsc#1157778 ltc#182520)。

- powerpc/pseries:HPTE_V_BOLTEDをオープンコード化しません(bsc#1157778 ltc#182520)。

- powerpc/pseries:失敗したDLPAR cpu addを安全にロールバックします(bsc#1156700 ltc#182459)。

- powerpc/security/book3s64:sysfsでL1TFステータスを報告します(bsc#1091041)。

- powerpc/security:RFI Flushが無効のときの間違ったメッセージを修正します(bsc#1131107)。

- powerpc/xive:マシンクラッシュハンドラーでページフォールト問題を阻止します(bsc#1156882 ltc#182435)。

- power:reset:at91-poweroff:at91_shdwcが割り当てられている場合は続行しません(bsc#1051510)。

- power:supply:ab8500_fg:初期化されていない変数の警告を出力しません(bsc#1051510)。

- power:supply:twl4030_charger:線形充電でのeoc割り込みを無効にします(bsc#1051510)。

- power:supply:twl4030_charger:範囲外の充電電流を修正します(bsc#1051510)。

- ppdev:PPGETTIME/PPSETTIME ioctlsを修正します(bsc#1051510)。

- printk:console_printkをエクスポートします(bsc#1071995)。

- printk:console_printkをエクスポートします(bsc#1071995 fate#323487)。

- pwm:bcm-iproc:使用中のドライバーモジュールのアンロードを阻止します(git修正)。

- pwm:lpss:実際に設定を変更する場合にのみ、更新ビットをセットします(bsc#1051510)。

- qxl:中断中のNULLポインタークラッシュを修正します(bsc#1111666)。

- r8152:Lenovo ThinkPad USB-C Dock Gen 2用のデバイスIDを追加します(networking-stable-19_11_05)。

- RDMA/bnxt_re:gen p5デバイス上のdmaバッファへのstatプッシュを修正します(bsc#1157115)

- RDMA/efa:送信前に管理者コマンドバッファをクリアします(git修正)パッチはすでにAmazonドライバーリポジトリ経由で選択されていましたが、Git-commitタグでマークされていませんでした

- RDMA/hns:符号なしlong変数「end」と0未満の比較を修正します(bsc#1104427 bsc#1137236)。

- RDMA/hns:符号なしlong変数「end」と0未満の比較を修正します(bsc#1104427 FATE#326416 bsc#1137236)。

- RDMA/hns:qp_access_flagsの間違った割り当てを修正します(bsc#1104427 )。

- RDMA/hns:qp_access_flagsの間違った割り当てを修正します(bsc#1104427 FATE#326416 )。

- regulator:ab8500:AB8505 USBレギュレーターを削除します(bsc#1051510)。

- regulator:ab8500:列挙型ab8505_regulator_idからSYSCLKREQを削除します(bsc#1051510)。

- remoteproc:sysfsインターフェイス内のNULLファームウェアをチェックします(git修正)。

- 回帰を引き起こすと報告されているパッチを削除します(bsc#1155689 ltc#182047)。

- reset:of_reset_simple_xlate kerneldocコメントを修正します(bsc#1051510)。

- reset:__of_reset_control_get()内の
メモリ解放後使用の可能性を修正します(bsc#1051510)。

- reset:reset_control_get_exclusive kerneldocコメントを修正します(bsc#1051510)。

- 「drm/etnaviv:iommuv2のダンプを修正します(bsc#1113722)」を取り消します。これにより、コミット71e3a1b8d8cf73f711f3e4100aa51f68e631f94fが取り消されます。ATM x86上でバックポートされたパッチがビルドされません。

- rpm/kernel-binary.spec.in:COMPRESS_VMLINUXを追加します(bnc#1155921)vmlinuxに使用する圧縮をCOMPRESS_VMLINUXに判断させます。デフォルトで(履歴上)、その圧縮はgzです。

- rpm/kernel-source.spec.in:kernel-develの依存状態を修正します(bsc#1154043)

- rt2800:間違った重複条件を削除します(git修正)。

- rtl8187:strncpy()の宛先長がsixe引数と一致した場合に生成される警告を修正します(bsc#1051510)。

- rtlwifi:btcoex:Wi-Fi専用インターフェイスに適切な列挙型を使用します(bsc#1111666)。

- rtlwifi:rtl_regd_init内の不要なNULLチェックを削除します(bsc#1051510)。

- rtlwifi:rtl8192de:誤解を招くREG_MCUFWDL情報を修正します(bsc#1051510)。

- rtlwifi:rtl8192de:RXバッファアドレスを取得するための欠落しているコードを修正します(bsc#1051510)。

- rtlwifi:rtl8192de:欠落しているイネーブル割り込みフラグを修正します(bsc#1051510)。

- s390/bpf:lcgr命令のエンコーディングを修正します(bsc#1051510)。

- s390/bpf:末尾呼び出しに32ビットインデックスを使用します(bsc#1051510)。

- s390/cio:NULLポインターに対するstrlenの呼び出しを回避します(bsc#1051510)。

- s390/cio:親のないサブチャネルを擬似チェックから除外します(bsc#1051510)。

- s390/cio:PVのないvirtio-ccw DMAを修正します(git修正)。

- s390/cmm:cmm_timeout_handler()内の情報漏洩を修正します(bsc#1051510)。

- s390:stfleゼロパディングを修正します(bsc#1051510)。

- s390/idle:cpuアイドル時間の計算を修正します(bsc#1051510)。

- s390/mm:サポートされていない場合に、_PAGE_NOEXECビットを正しくクリアします(bsc#1051510)。

- s390/process:解放されたスタックの潜在的な読み取りを回避します(bsc#1051510)。

- s390/qdio:tiqdio_add_input_queues()でdsciを操作しません(bsc#1051510)。

- s390/qdio:tiqdioリストのエントリを(再)初期化します(bsc#1051510)。

- s390/qeth:IOエラー時に正しいerrnoを返します(bsc#1051510)。

- s390/setup:EDAT-1のないマシンのブートクラッシュを修正します(bsc#1051510 bsc#1140948)。

- s390/setup:早期警告メッセージを修正します(bsc#1051510 bsc#1140948)。

- s390/topology:kobjが作成される前のイベントの発生を回避します(bsc#1051510)。

- s390:vsie:有効なCRYCBD.31を使用して、CRYCBDの妥当性をチェックします(git修正)。

- s390/zcrypt:解放時のメモリリークを修正します(git修正)。

- scsi:lpfc:複数のアダプターダンプの有効化を追加します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:CPUオフライン/オンラインイベントの登録を追加します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:AMDアーキテクチャ上のデフォルトIRQモデルを変更します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:FAWNNエラーメッセージを明確にします(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_get_sgl_per_hdwq()によってトリガーされるカーネル警告を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_enable_intr()によってトリガーされるカーネル警告を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:vfree/vmalloc用のlpfc_debugfs.cのビルドエラーを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:サービスパラメーターでのBBクレジット回復の構成を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:fix:Coverity:lpfc_cmpl_els_rsp():NULLポインターデリファレンス(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:fix:Coverity:lpfc_get_scsi_buf_s3():NULLポインターデリファレンス(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:ポートオフラインフローでの重複したunreg_rpiエラーを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:動的なfwログ有効化チェックを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_cleanup_poll_list()のインライン化を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:リモートポートバウンス中のlpfc_nvme_info_showでのカーネルクラッシュを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_cpumask_of_node_init()を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:mempool_destroyが必要とされない前のNULLチェックを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:ターゲットログアウト/ログインによるnvme_register内のOopsを修正します(bsc#1151900)。

- scsi:lpfc:MAGIC_NUMER_xxx内の誤記を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:RSCN処理中の予期せぬエラーメッセージを修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:モジュールパラメーターlpfc_use_adiscを優先します(bsc#1153628)。

- scsi:lpfc:モジュールパラメーターlpfc_use_adiscを優先します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:存在しないcpuのcpu_mapを初期化します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_attr:NULLポインターとしてプレーン整数が使用される問題を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_nvmet:NULLポインターとしてプレーン整数が使用される問題を修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_debugfs_ras_log_dataを静的にします(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:SCSI-MQによる高メモリの事前割り当てを緩和します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfc_fcp_mq_threshold変数の構成最大値を増やします(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:nvmeの最大キューをhdvqカウントに合わせて修正します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:FC-NVMe-2 SLERの変更に同期して、SLERを使用したConfを要求します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfcをバージョン12.6.0.1に更新します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:lpfcをバージョン12.6.0.2に更新します(bsc#1154601)。

- scsi:lpfc:割り当てにhdwqが割り当てられたcpuを使用します(bsc#1157160)。

- scsi:qla2xxx:LOGOペイロードのデバッグダンプとELS IOCBを追加します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:ターゲットモードでPLOGIを許可します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:PLOGI前の検出状態を変更します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:N2Nターゲットのローカルループを構成します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:qlt_async_eventを2回呼び出さないようにします(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:無条件で再ログインを延期しません(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:del_workの余分なINIT_WORKをドロップします(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:PLOGIペイロードとELS IOCBダンプ長を修正します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:MSI用のqla2x00_request_irqs()を修正します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:同期ファブリックスキャンで失われたものとしてマークされないrportを修正します(bsc#1138039)。

- scsi:qla2xxx:tcm_qla2xxx_free_mcmd内のNULLポインターを無視します(bsc#1157424、bsc#1157908)。
bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:N2N PLOGI後のPORT UPDATEを無視します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:フラッシュする前にfree_workを初期化します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:N2N PLOGI後にNotify ACKを送信します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:qla2xxx:GPN_FT障害後にポートを登録解除します(bsc#1138039)。

- scsi:qla2xxx:オンラインCPUに正しい数のベクトルを使用します(bsc#1137223)。

- scsi:qla2xxx:ターゲットモードで明示的なロゴを使用します(bsc#1157424、bsc#1157908、bsc#1117169、bsc#1151548)。

- scsi:zfcp:間違ったトレースを引き起こす送信パス内のリクエストオブジェクトメモリ解放後使用を修正します(bsc#1051510)。

- sctp:sctp_prot .no_autobindをtrueに変更します(networking-stable-19_10_24)。

- sctp:SCTP回帰を修正します(bsc#1158082)(networking-stable-19_10_24 bsc#1158082)。

- selftests:net:useport_dualstack:初期化されていないパラメーターを修正します(networking-stable-19_11_05)。

- serial:mxs-auart:無限ループの可能性を修正します(bsc#1051510)。

- serial:samsung:再開時のUARTリセット手順のボークロックを有効にします(bsc#1051510)。

- serial:uartps:中断機能を修正します(bsc#1051510)。

- シグナル:__send_signalで
TRACE_SIGNAL_LOSE_INFOを正しく設定します(bsc#1157463)。

- slcan:エラーパス内のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- slip:slip_openエラーパス内のメモリリークを修正します(bsc#1051510)。

- slip:slip_open内のメモリ解放後使用読み取りを修正します(bsc#1051510)。

- smb3:「サーバーで開く」perfカウンター内の漏洩を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- smb3:大量読み取りの署名検証を修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- smb3:open_shroot内のアンマウントハングを修正します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- smb3:削除された共有(および再作成された共有)の処理を改善します(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- smb3:netnameネゴシエートコンテキストの間違ったサイズ(bsc#1144333、bsc#1154355)。

- soc:imx:gpc:PDN遅延を修正します(bsc#1051510)。

- soc:qcom:wcnss_ctrl:文字列オーバーフローを回避します(bsc#1051510)。

- series.confをソートします。

- spi:atmel:CSハイのサポートを修正します(bsc#1051510)。

- spi:atmel:最後ではないxferで設定されたcs_changeの処理を修正します(bsc#1051510)。

- spi:fsl-lpspi:デフォルトでFIFOアンダーラン/オーバーランを阻止します(bsc#1051510)。

- spi:mediatek:転送時にspi_transferを変更しません(bsc#1051510)。

- spi:mediatek:fifo転送中は正しいmata->xfer_lenを使用します(bsc#1051510)。

- spi:pic32:dmaengine_prep_slave_rgで適切な列挙型を使用します(bsc#1051510)。

- spi:rockchip:dma_slave_configを正しく初期化します(bsc#1051510)。

- spi:spidev:OFツリー警告のロジックを修正します(bsc#1051510)。

- supported.conf:

- synclink_gt():compat_ioctl()を修正します(bsc#1051510)。

- tcp_nv:tcpnv_acked内の整数オーバーフローの可能性を修正します(bsc#1051510)。

- thunderbolt:lockdep循環ロッキング依存状態の警告を修正します(git修正)。

- tipc:指定されたデータを越えたバイトのコピーを回避します(bsc#1051510)。

- tipc:tipc_nl_compat_bearer_enable内のベアラー名の長さが正しいかをチェックします(bsc#1051510)。

- tipc:tipc_nl_compat_link_set内のリンク名の長さが正しいかをチェックします(bsc#1051510)。

- tipc:tipc_nl_compat_bearer_disable内のmsg->reqデータ長をチェックします(bsc#1051510)。

- tipc:compat:引数のないtipcコマンドを許可します(bsc#1051510)。

- tipc:tipc_enable_bearer()エラーパス内のtipc_mon_delete() oopsを修正します(bsc#1051510)。

- tipc:tipc_wait_for_cond()の間違ったタイムアウト入力を修正します(bsc#1051510)。

- tipc:cmdヘッダー関数から返されたエラーを処理します(bsc#1051510)。

- tipc:トンネルdevをNULLとしてudp_tunnel(6)_xmit_skbに渡します(bsc#1051510)。

- tipc:tipc clang警告(bsc#1051510)。

- tools:bpftool:do_event_pipe()内のp_err()の引数を修正します(bsc#1109837)。

- tools/power/x86/intel-speed-select:isst_set_tdp_level_msr()内の読み取りオーバーフローを修正します(bsc#1111666)。

- tpm:コマンドattribsタブ割り当て後のチェックを追加します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:fsl_lpuart:dma_map_sgからのsgカウントを使用します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:imx:dma_map_sgからのsgカウントを使用します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:msm_serial:フロー制御を修正します(bsc#1051510)。

- tty:シリアル:pch_uart:dma_unmap_sgの使用を修正します(bsc#1051510)。

- tun:gro_normal_list()内のdata-raceを修正します(bsc#1111666)。

- UAS:コミット3ae62a42090f(「UAS:scatter/gatherセグメントのアライメントを修正します」)を取り消します。

- ubifs:c->min_log_bytesを正しく初期化します(bsc#1158641)。

- ubifs:shrink_liability内のページ数を制限します(bsc#1158643)。

- udp:skb_queue_empty_lockless()を使用します(networking-stable-19_11_05)。

- patches.suse/を更新しますipv6-defrag-drop-non-last-frags-smaller-than-min-mtu.patch( bsc#1141054を追加)。

- patches.suse/RDMA-Fix-goto-target-to-release-the-allocated-memory.patchを更新します(bsc#1050244 FATE#322915 bsc#1157171 CVE-2019-19077)。

- USB:chaoskey:タイムアウトのエラーケースを修正します(git修正)。

- usb:chipidea:otgイベントハンドラーを修正します(bsc#1051510)。

- usb:chipidea:imx:USBサブシステムがすでに起動している場合にOTG過電流を有効にします(bsc#1051510)。

- usb:dwc3:gadget:epコマンドを送信する前にENBLSLPMをチェックします(bsc#1051510)。

- usb:gadget:udc:fotg210-udc:fotg210_get_status()内のsleep-in-atomic-contextのバグを修正します(bsc#1051510)。

- usb:gadget:uvc:configfs:漏洩した構成項目への参照をドロップします(bsc#1051510)。

- usb:gadget:uvc:configfs:ヘッダーのリンク後の形式変更を阻止します(bsc#1051510)。

- usb:gadget:uvc:動画USBリクエストのキューイングを取り除きます(bsc#1051510)。

- usb:gadget:uvc:バルクモードではビデオストリーミングエンドポイントのみを停止します(bsc#1051510)。

- USBIP:SGL_ALLOCの構成依存状態を追加します(git修正)。

- usbip:vhci tx内の未割り当てメモリの解放を修正します(git修正)。

- usbip:vhci_urb_enqueue() URB NULL転送バッファエラーパスを修正します(git修正)。

- usbip:SGサポートをvhci-hcdとスタブドライバーに実装します(git修正)。

- usbip:tools:read_attr_usbip_statusの関数内のfd漏洩を修正します(git修正)。

- USB:misc:appledisplay:バックライトupdate_statusリターンコードを修正します(bsc#1051510)。

- usb-serial:cp201x:Mark-10デジタルフォースゲージをサポートします(bsc#1051510)。

- USB:シリアル:mos7720:リモートウェイクアップを修正します(git修正)。

- USB:シリアル:mos7840:Moxa UPort 2210をサポートするためのUSB IDを追加します(bsc#1051510)。

- USB:シリアル:mos7840:リモートウェイクアップを修正します(git修正)。

- USB:シリアル:オプション:eSIMのサポートと一緒にDW5821eのサポートを追加します(bsc#1051510)。

- USB:シリアル:オプション:Foxconn T77W968 LTEモジュールのサポートを追加します(bsc#1051510)。

- usb:xhci-mtk:間隔が0のときのISOCエラーを修正します(bsc#1051510)。

- vfio-ccw:orb.cmd.c64の設定時の誤解を招くコメントを修正します(bsc#1051510)。

- vfio:ccw:未サポートのIDAチェックをプッシュダウンします(bsc#1156471 LTC#182362)。

- vfio-ccw:pa_iova_pfnのメモリ割り当てが失敗した場合にpa_nrを0に設定します(bsc#1051510)。

- video/hdmi:AVIバーのアンパックを修正します(git修正)。

- virtio_console:必要な場合にのみ、add_port()でinbufsを割り当てます(git修正)。

- virtio_ring:DMAマッピングの失敗時のリターンコードを修正します(git修正)。

- virtio/s390:airq_areasでの競合を修正します(bsc#1051510)。

- vmxnet3:rxcsumが無効になっている場合はlroをオフにします(bsc#1157499)。

- vsock/virtio:シャットダウン中のsock refcntの保留を修正します(git修正)。

- ウォッチドッグ:meson:間違った残り時間の値を修正します(bsc#1051510)。

- wil6210:STAにループバックされるRxマルチキャストパケットをドロップします(bsc#1111666)。

- wil6210:debugfsのメモリアクセスアライメントを修正します(bsc#1111666)。

- wil6210:rx_buff_mgmt debugfsの無効なメモリアクセスを修正します(bsc#1111666)。

- wil6210:L2 RXステータスの処理を修正します(bsc#1111666)。

- wil6210:wmi_call内のロックを修正します(bsc#1111666)。

- wil6210:Talyn-MBのRGF_CAF_ICRアドレスを修正します(bsc#1111666)。

- wil6210:eDMAに対するtxリング0の使用を阻止します(bsc#1111666)。

- wil6210:Talyn-MBデバイス専用のedma変数を設定します(bsc#1111666)。

- x86/alternatives:int3_emulate_call()のセルフテストを追加します(bsc#1153811)。

- x86/alternatives:int3_emulate_call()のセルフテストスタックの破損を修正します(bsc#1153811)。

- x86/mm/pkeys:Documentation/x86/protection-keys.txt内の誤字を修正します(bsc#1078248)。

- x86/mm/pkeys:Documentation/x86/protection-keys.txt内の誤字を修正します(FATE#322447、bsc#1078248)。

- x86/pkeys:可用性に関するドキュメンテーションを更新します(bsc#1078248)。

- x86/pkeys:可用性に関するドキュメンテーションを更新します(FATE#322447、bsc#1078248)。

- x86/resctrl:lockdep警告の可能性を修正します(bsc#1114279)。

- x86/resctrl:mondataの読み取り時のNULLポインターデリファレンスを阻止します(bsc#1114279)。

- x86/speculation/taa:IBRS_ALL CPU上のTAA_MSG_SMTの出力を修正します(bsc#1158068)。

- xfrm:saセレクターの検証を修正します(bsc#1156609)。

- xfrm:xfrm selプレフィックス長の検証を修正します(git修正)。

- xfs:Q_XQUOTARM呼び出しのフラグをサニティチェックします(bsc#1158652)。

- xsk:Rx専用ソケットの登録を修正します(bsc#1109837)。

- xsk:UMEMヘッドルームアライメントを緩和します(bsc#1109837)。

ソリューション

影響を受けるLinuxカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1051510

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1071995

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1078248

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1089644

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1091041

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1103990

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1103991

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1104353

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1104427

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1104745

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1108043

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1109837

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1111666

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1112178

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1112374

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1113722

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1113956

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1113994

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1114279

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1117169

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1118661

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1119113

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1120853

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1126390

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1127354

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1127371

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1129770

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1131107

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134983

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137223

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1137236

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1138039

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1140948

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1141054

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142095

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142635

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1142924

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1144333

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1146519

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1146544

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1149448

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1151067

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1151548

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1151900

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1153628

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1153811

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1154043

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1154058

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1154355

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1154601

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155689

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155897

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155921

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156258

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156466

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156471

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156494

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156609

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156700

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156729

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156882

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156928

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157032

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157038

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157042

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157044

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157045

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157046

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157049

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157070

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157115

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157143

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157145

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157158

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157160

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157162

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157171

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157173

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157178

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157180

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157182

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157183

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157184

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157191

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157193

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157197

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157298

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157304

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157307

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157324

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157333

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157386

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157424

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157463

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157499

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157678

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157698

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157778

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1157908

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158049

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158063

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158064

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158065

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158066

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158067

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158068

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158071

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158082

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158381

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158394

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158398

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158407

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158410

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158413

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158417

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158427

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158445

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158637

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158638

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158639

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158640

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158641

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158643

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158644

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158645

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158646

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158647

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158649

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158651

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158652

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 132032

ファイル名: openSUSE-2019-2675.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/12/13

更新日: 2019/12/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-docs-html, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-macros, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-qa, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/12

脆弱性公開日: 2019/8/19

参照情報

CVE: CVE-2019-14895, CVE-2019-14901, CVE-2019-15211, CVE-2019-15213, CVE-2019-15916, CVE-2019-18660, CVE-2019-18683, CVE-2019-18809, CVE-2019-19046, CVE-2019-19049, CVE-2019-19052, CVE-2019-19056, CVE-2019-19057, CVE-2019-19058, CVE-2019-19060, CVE-2019-19062, CVE-2019-19063, CVE-2019-19065, CVE-2019-19067, CVE-2019-19068, CVE-2019-19073, CVE-2019-19074, CVE-2019-19075, CVE-2019-19077, CVE-2019-19078, CVE-2019-19080, CVE-2019-19081, CVE-2019-19082, CVE-2019-19083, CVE-2019-19227, CVE-2019-19524, CVE-2019-19525, CVE-2019-19528, CVE-2019-19529, CVE-2019-19530, CVE-2019-19531, CVE-2019-19534, CVE-2019-19536, CVE-2019-19543