ProFTPDの「mod_copy」の任意のファイルコピーの脆弱性(リモート)

critical Nessus プラグイン ID 132749

概要

匿名のユーザーが任意のファイルをコピーする可能性があります。

説明

リモートホストでProFTPDが実行されています。<Limit READ>設定および<Limit WRITE>設定を想定どおりに尊重しないmod_copyモジュールで、脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がmod_copyモジュールの機能を使用することでこれを悪用し、匿名ログインとmod_copyが有効になっておりFTPディレクトリがWebサーバーからアクセス可能な場合に、FTPディレクトリの任意のファイルをコピーする可能性があります。PHPコードを含むがPHP拡張機能は使用しないFTPディレクトリにファイルがある場合、攻撃者はこのファイルを拡張PHP機能のあるファイルにコピーしてコードを実行する可能性があります。

ソリューション

ProFTPDの最新バージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a323713d

http://bugs.proftpd.org/show_bug.cgi?id=4372

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 132749

ファイル名: proftpd_mod_copy.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2020/1/9

更新日: 2020/1/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-12815

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:proftpd:proftpd

必要な KB アイテム: ftp/proftpd

除外される KB アイテム: global_settings/supplied_logins_only

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2019/7/17

脆弱性公開日: 2019/7/19

参照情報

CVE: CVE-2019-12815

BID: 109339