PHP 7.3.x < 7.3.13/7.4.x < 7.4.1の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 132769

概要

リモートのWebサーバーで実行されているPHPのバージョンは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートのWebサーバーで実行されているPHPのバージョンは7.3.13より前の7.3.xまたは7.4.1より前の7.4.xです。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- 埋め込まれた\0バイト文字を不適切に処理し、それらをそのバイトで終了するものとして扱うため、任意のファイル読み取りの脆弱性がlink()およびDirectoryIteratorクラスにあります。攻撃者がこれを悪用して、コードがアクセスを許可されているパスをチェックするアプリケーションの情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2019-11044 CVE-2019-11045)- 入力の検証エラーが原因で、領域外読み取りエラーがbcmathの拡張機能にあります。認証されていないリモートの攻撃者が、OSによって数値として識別されるがASCII数値ではない文字を含む文字列を供給することにより、これを悪用する可能性があります。これによって、一部のメモリの場所の情報が漏えいされる可能性があります。(CVE-2019-11046)- 画像からのEXIF情報の解析に、領域外読み取りエラーがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、割り当てられたバッファを越えた読み込みを引き起こすデータを供給する可能性があります。(CVE-2019-11047 CVE-2019-11050)- 特定のメモリの場所が二重解放されるため、mail()にサービス拒否(DoS)の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がカスタムヘッダーを供給することでこの問題を悪用し、アプリケーションにセグメンテーション違反をさせて応答を停止させる可能性があります。

ソリューション

PHPバージョン7.3.13または7.4.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://php.net/ChangeLog-7.php#7.3.13

http://php.net/ChangeLog-7.php#7.4.1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 132769

ファイル名: php_7_4_1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2020/1/10

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化, 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11049

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:php:php

必要な KB アイテム: www/PHP, installed_sw/PHP, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/12/18

脆弱性公開日: 2019/12/18

参照情報

CVE: CVE-2019-11044, CVE-2019-11045, CVE-2019-11046, CVE-2019-11047, CVE-2019-11049, CVE-2019-11050