VMware Harbor 1.7.x, 1.8.x < 1.8.6/1.9.x < 1.9.3

medium Nessus プラグイン ID 132856
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートホストにインストールされているクラウドネイティブのレジストリは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているVMware Harborのバージョンは、1.7.x、1.8.6より前の1.8.x、1.9.3より前の1.9.xです。したがって、次を含む複数の脆弱性の影響をうけます。- 認証された通常のユーザーがAPI呼び出しを行って特定のユーザーのメールアドレスを変更することで管理者のアカウント権限を取得する可能性のある権限昇格の脆弱性。攻撃者がそのメールアドレスのパスワードをリセットして、管理者のアカウントへのアクセス権を取得する可能性があります。この脆弱性は、影響を受けるHarbor APIが、メールアドレスを変更するためのAPIリクエストに適切な権限と範囲を強制しないことが原因です。(CVE-2019-19023)- Harbor Webインターフェイスがクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)に対する保護メカニズムを実装していないことによるCSRFの脆弱性。認証されていないリモートの攻撃者が、用意されたサードパーティのWebサイトに認証されたユーザーを誘導することでこれを悪用し、現在認証されている犠牲者のコンテキストで任意のアクションのプラットフォームを実行する可能性があります。(CVE-2019-19025)- SQLインジェクション(SQLi)の脆弱性。Project-Admin権限を持つリモートの認証されたユーザーが、特別に細工されたSQLペイロードを送信することでこれを悪用し、基盤となるデータベースから秘密情報を読み取ったり、権限昇格を実行したりする可能性があります。(CVE-2019-19029)注意:Nessusはこれらの問題のテストを行っておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

VMware Harborバージョン1.8.6または1.9.3以降に更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a9e14e46

http://www.nessus.org/u?b9d62b62

http://www.nessus.org/u?9815c178

http://www.nessus.org/u?1a9ee701

http://www.nessus.org/u?7c3e5deb

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 132856

ファイル名: vmware_harbor_1_9_3.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/1/14

更新日: 2020/3/24

依存関係: cncf_harbor_web_detect.nbin, cncf_harbor_local_detect.nbin

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 5.9

CVSS スコアのソース: CVE-2019-19025

CVSS v2.0

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:goharbor:harbor

必要な KB アイテム: installed_sw/Harbor

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/18

脆弱性公開日: 2019/12/3

参照情報

CVE: CVE-2019-3990, CVE-2019-19023, CVE-2019-19025, CVE-2019-19026, CVE-2019-19029