Oracle WebLogic Serverの複数の脆弱性(2020年1月のCPU)

critical Nessus プラグイン ID 132961
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションサーバーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle WebLogic Serverのバージョンは、複数の脆弱性による影響を受けます。

- Oracle WebLogic Serverのサードパーティツール(Bouncy Castle Javaライブラリ)コンポーネントの詳細不明な脆弱性。認証されていない攻撃者がHTTPSを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくOracle WebLogic Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。(CVE-2019-1735)

- Oracle WebLogic Serverのコンソールコンポーネントの詳細不明な脆弱性。認証されていない攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebLogic Serverの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。
(CVE-2020-2519)
- Oracle WebLogic Serverのコンソールコンポーネントの詳細不明な脆弱性。認証されていない攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebLogic Serverがアクセスできるいくつかのデータが、権限なしで更新、挿入、削除される可能性があります。
(CVE-2020-2544)
- アプリケーションコンテナ(Oracle WebLogic ServerのJavaEEコンポーネント)の詳細不明な脆弱性。
認証されていない攻撃者がT3を介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性への攻撃が成功した場合、Oracle WebLogic Serverの乗っ取りが発生する可能性があります。
(CVE-2020-2546)
- Oracle WebLogic Serverのコンソールコンポーネントの詳細不明な脆弱性。権限の高い攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要です。また、脆弱性が存在するのはOracle WebLogic Serverですが、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebLogic Serverがアクセスできる一部のデータに権限なしでアクセスし、更新、挿入、削除したり、さらにOracle WebLogic Serverがアクセスできるデータのサブセットに権限なしで読み取りアクセスしたりする可能性があります。(CVE-2020-2547)
- Oracle WebLogic ServerのWLS Coreコンポーネントの詳細不明な脆弱性。権限の高い攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。
攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要です。また、脆弱性が存在するのはOracle WebLogic Serverですが、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebLogic Serverがアクセスできる一部のデータに権限なしでアクセスし、更新、挿入、削除したり、さらにOracle WebLogic Serverがアクセスできるデータのサブセットに権限なしで読み取りアクセスしたりする可能性があります。
(CVE-2020-2548)
- Oracle WebLogic ServerのWLS Coreコンポーネントの詳細不明な脆弱性。権限の高い攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性への攻撃が成功した場合、Oracle WebLogic Serverの乗っ取りが発生する可能性があります。
(CVE-2020-2549)
- Oracle WebLogic ServerのWLS Coreコンポーネントの詳細不明な脆弱性。権限が高い攻撃者が、Oracle WebLogic Serverが実行されているインフラストラクチャにログオンし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータへの認証されていないアクセスが可能になったり、Oracle WebLogicサーバーがアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスできるようになったりします。
(CVE-2020-2550)
- Oracle WebLogic ServerのWLS Coreコンポーネントの詳細不明な脆弱性。認証されていない攻撃者がIIOPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性への攻撃が成功した場合、Oracle WebLogic Serverの乗っ取りが発生する可能性があります。
(CVE-2020-2551)
- Oracle WebLogic ServerのWLS Coreコンポーネントの詳細不明な脆弱性。権限の高い攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。攻撃を成功させるには攻撃者以外の人間の関与が必要です。また、脆弱性が存在するのはOracle WebLogic Serverですが、攻撃が他の製品に大きな影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebLogic Serverがアクセスできる一部のデータに権限なしでアクセスし、更新、挿入、削除したり、さらにOracle WebLogic Serverがアクセスできるデータのサブセットに権限なしで読み取りアクセスしたりする可能性があります。(CVE-2020-2552)
- Oracle Weblogic ServerのWeb Container(JavaServer Faces)コンポーネントの詳細不明な脆弱性。
認証されていない攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、この脆弱性を悪用してOracle WebLogic Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータへの認証されていないアクセスが可能になったり、Oracle WebLogicサーバーがアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスできるようになったりします。(CVE-2020-6950)

ソリューション

2020年1月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

追加のパッチ指示または軽減オプションについては、Oracleにお問い合わせください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?383db271

http://www.nessus.org/u?bed9f2cb

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 132961

ファイル名: oracle_weblogic_server_cpu_jan_2020.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/1/16

更新日: 2020/7/3

依存関係: oracle_weblogic_server_installed.nbin, os_fingerprint.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-2551

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware, cpe:/a:oracle:weblogic_server

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle WebLogic Server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/14

脆弱性公開日: 2020/1/14

参照情報

CVE: CVE-2019-17359, CVE-2020-2519, CVE-2020-2544, CVE-2020-2546, CVE-2020-2547, CVE-2020-2548, CVE-2020-2549, CVE-2020-2550, CVE-2020-2551, CVE-2020-2552, CVE-2020-6950