Cisco Firepower Threat DefenseソフトウェアのDoS(cisco-sa-20181003-asa-syslog-dos)

medium Nessus プラグイン ID 133089

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません

説明

自己報告されたバージョンによると、Cisco Firepower Threat Defense(FTD)ソフトウェアのTCP syslogモジュールでは、認証されていないリモートの攻撃者が、影響を受けるデバイスの1550バイトのバッファを枯渇させ、サービス拒否(DoS)状態を引き起こす可能性があります。この脆弱性は、内部関数の境界チェックが欠落しているために発生します。攻撃者が、影響を受けるデバイスとその構成済みのTCP syslogサーバーの間に中間者の位置を確立し、syslogサーバーから影響を受けるデバイスに送信されるセグメントのTCPヘッダーを悪意を持って変更することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者が、影響を受けるデバイスのバッファを枯渇させて、すべてのTCPベースの機能を停止させ、DoS状態を引き起こす可能性があります。影響を受けるTCPベースの機能には、AnyConnect SSL VPN、Clientless SSL VPNのほかに、Secure Shell(SSH)、Telnet、HTTPSなどの管理接続が含まれます。詳細については、付属のCisco BIDおよびCisco Security Advisoryを参照してください

ソリューション

CiscoバグID CSCvh73829に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?6fd359b3

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvh73829

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 133089

ファイル名: cisco-sa-20181003-asa-syslog-dos-ftd.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2020/1/20

更新日: 2020/1/21

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-15399

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:cisco:firepower_threat_defense

必要な KB アイテム: installed_sw/Cisco Firepower Threat Defense, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/3

脆弱性公開日: 2018/10/3

参照情報

CVE: CVE-2018-15399

CISCO-BUG-ID: CSCvh73829

CISCO-SA: cisco-sa-20181003-asa-syslog-dos

IAVA: 2019-A-0271