Amazon Linux 2:thunderbird(ALAS-2020-1386)

high Nessus プラグイン ID 133149
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

プレーンテキストシリアライザーは、処理できる要素の数として固定サイズの配列を使用していました。しかし、固定サイズの配列がオーバーフローしてメモリ破損や悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.3、Firefox ESR < 68.3、Firefox < 71です。(CVE-2019-17005)- 特定の状況で、デバイスの向きの確認中にResist Fingerprinting設定を確認するとき、競合状態によってメモリ解放後使用(use-after-free)と悪用可能なクラッシュが引き起こされた可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.3、Firefox ESR < 68.3、Firefox < 71です。CVE-2019-17010)- ネストされたワーカーを使用しているとき、ワーカーの破棄中にメモリ解放後使用(use-after-free)が発生する可能性があります。これにより、悪用可能なクラッシュが引き起こされる可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.3、Firefox ESR < 68.3、Firefox < 71です。(CVE-2019-17008)- Mozilla開発者は、Firefox 70とESR 68.2に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることによりこれらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.3、Firefox ESR < 68.3、Firefox < 71です。(CVE-2019-17012)- 特定の状況で、アンチトラッキングのコードにあるDocShellのドキュメントを取得するとき、競合状態によってメモリ解放後使用(use-after-free)と悪用可能なクラッシュが引き起こされた可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 68.3、Firefox ESR < 68.3、Firefox < 71です。(CVE-2019-17011)

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1386.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 133149

ファイル名: al2_ALAS-2020-1386.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/1/22

更新日: 2020/5/29

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/17

脆弱性公開日: 2020/1/8

参照情報

CVE: CVE-2019-17005, CVE-2019-17008, CVE-2019-17010, CVE-2019-17011, CVE-2019-17012

ALAS: 2020-1386